2016年02月11日

小枝のリース

建国記念日の今日、ここ近江八幡市は気持ちよく晴れています。まさに日本晴れ。晴れ渡る空というのはこんな空かと思う程の青さです。こんな日は庭を一巡り。木の芽、花芽が膨らみつつあります。クリスマスローズはもうすぐ咲くかな。


ディスプレイガーデンに植えているエゴのからみ枝を剪定しました。その切り枝で久しぶりにアフターガーデニング。小枝がたくさん採れましたので、玄関ドア用のリースを作りました。昨年の11月頃から先月まで何かしら飾りがあったドア。ないとちょっと寂しいような気がしてね。



koeda-wreath3.jpg



イメージは鳥の巣。鳥たちほど芸術性はないけれど、ヒトらしく?私らしくモダンなリースになりました。ナチュラルすぎるとゴミのように見えるし、可愛いのは好みではありません。ここはキレイめに整然と作りました。枝の色は元は淡いベージュで、そのままでも素敵ですが、飾る場所に合わないのでスプレーで塗装しました。シルバー好きだしね。木のドアだったら塗装しなかったと思います


koeda-wreath4.jpg
鳥の巣らしく羽のオーナメントをかざってみました。あまり色々付けると小枝が生かされないのでシンプルにね。


こうかな、ああかなと迷いつつの手仕事、本当に楽しいです。自分で育てているからか、切り枝さえも全部捨てることはできなくて。やっぱ、愛ですかねぇ。庭に出れば材料がたくさんありますので、うまく生かせたらっていつも考えています。



koeda-wreath5.jpg
冬の間は飾っておこうと思います。


作っていて感じたこと。小枝といえども集まると勢いがあるな。芽吹き前の力をぐっと蓄えている感じが伝わってきます。リースの丸い形には「永遠の愛・力」の他に「生命の循環」という意味合いがありますからね。同じ方向に枝を並べることでそれが更に感じられるのかも。


作り方はクリスマスリースと同じ。切り枝を一定の長さにし数十本をひと組として、リース台にワイヤーで結わえていくだけです。お好みで大きさや色を変えれば雰囲気も随分と変わることでしょう。今は冬季剪定の適期です。剪定枝でこんな遊びいかがでしょうか?



続きを読む web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 11:45 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 庭を楽しむ暮らし/アフターガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

ことし初・積雪

とうとう雪が積もりました。朝起きるとあたり一面銀世界。ディスプレイガーデンのテラスも雪化粧されています。


snow0120-1.jpg
朝の様子。テーブルの雪を見ると10cm位積もってるのかな。まだまだ止みそうにないので更に積もりそう。


事務所の窓から雪の降りしきる様子を見ては、「あーぁ、こんなに積もっちゃって・・・。」と、大人気無いのですが、とっても怖くて堪らない「あーぁ「あーぁばっかり言ってます。


大人気無いついでに。これまた今年初のスノーマン。


snowman2016.jpg



可愛いっっ!!!

(私にこんなに可愛い部分があろうとは。)


テラスの雪景色をよく見るとですね、こんなところにもスノーマンが・・・!しかもめっちゃいっぱい。


snowman2016-s.jpg
フェンスの上にずらりと鎮座(笑)これが見られるのもタイミングで、もっと積もると重みで崩れてしまうのです。


いつもと違う庭を楽しんでいます。一夜にしてこんなに雰囲気を変えてくれるのは、雪ぐらいでしょうか。

雪は怖いけど美しくて、不便になるけど童心にかえれて、たまにはいいものです。でも、やっぱり現実問題(大人)としては、「いらんよなー。」っていうのが本心です。


どうか事故が起こりませんように。


officialsite-logo-banner.jpg
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 12:04 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 庭を楽しむ暮らし/アフターガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

クリスマスの準備、そろそろ

クリスマスまであとひと月。毎年この時期になると、ディアガーデンでお庭を作ってくださったお客様をお招きして、ワークショップを開催しています。ご愛顧にいつも感謝です お庭の話や近況などワイワイお喋りしながら、クリスマスのドアリースを作るのが恒例です。久しぶりにお会いする方、遠方からもいらしてくださって、本当に楽しいひと時になっています。


今年は、いつもとちょっと趣向を変えてテーブルセンターピースを作ることにしました。キャンドルの周りにディスプレイガーデンで育てているレイランディの葉っぱや森で拾った色々な実を飾ってナチュラルシックなアレンジにしようと計画しています。昨日お客様に招待状(はがき)をお送りしましたので、今日明日には届くと思います。ご参加お待ちしています。


私の提案するクラフトは基本的に、お庭や自然の恵みを材料にしています。植物は植える楽しみ、育てる楽しみ、眺め体感する楽しみ、収穫する楽しみがありますよね。更にアフターガーデニングといって、庭で採れた植物を使って何かを作る楽しみ、最後に作品をお部屋に飾ったり食べたりと身近で愛でる楽しみもあるのです。折角お庭を作っていただいたのですから、お客様にも最大限に楽しんでいただきたい。だからまずはワークショップで体験してきっかけになればと思いはじめました。


私はリースやセンターピースはもちろん、ツリーもアフターガーデニングで作っちゃいます。ウチの場合は、ツリーの葉っぱがすぐそばの窓の外にもあって、ひと続きに見えてるの。部屋の中に外のものを持ち込むと非日常的な雰囲気になって、とてもドラマチックです。クリスマスツリーって、そういうものですものね。


tree2.jpg
リビングに置いたクリスマスツリー、プラスチックじゃありません。昨年はちょっと大きく作りすぎました。今年はもう少しこじんまり作ろう。


そういうの「インサイド・アウト、アウトサイド・イン」という考え方です。屋内(インサイド)にあるものを屋外(アウト)へ。それとは逆に、屋外にある環境(アウトサイド)にあるものを屋内(イン)へ取り入れた暮らしのことです。限られた空間により広がりを、というテクニック。椅子を外に出して寛いだり、天窓から月を眺めたり、素敵じゃない?


先月の吉谷桂子先生のセミナーでもおっしゃってました。更に深いテクニックも教えていただいて、インテリアとガーデンの関係性をもっと考えてデザインする必要、ますます感じています。


ちょっと話が逸れましたね。(いつものことか? 笑) クリスマスの準備もろもろ、来週くらいから始めようと思います。


officialsite-logo-banner.jpg


続きを読む web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:16 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 庭を楽しむ暮らし/アフターガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

初秋の花たち

テーブルフラワーを秋っぽくアレンジしました。重陽の室礼で生けた残りのスプレーマムをメインにひとつ作りました。スプレーマムは近所のスーパーでひと束280円のもの。いつもそういうの買って、ガーデンの草花を足して生けボリュームUPさせています。安上がりで自然なアレンジができて一石二鳥です。



アレンジ09-13.jpg
買ってきたスプレーマムに、ガーデンのセトクレセアとミントの花、シマススキを足しました。


ミントの花、菊と意外と合いますね。発見です。ハーブの花はどれもさりげないので合わせやすいです。セトクレセアの濃い紫は影の色。こういう渋い色を入れるとちょっと大人っぽい雰囲気になり好きなのです。


お客様が来るから花を飾るのではなく、ただ自分や家族のために飾っています。毎日近くできれいな植物を見ていたいから飾っています。それに部屋に植物があると、不思議なのですが、イキイキした雰囲気になります。なんでしょうか?あの感じ。植物のオーラ?よくわかりませんが、あるのとないのとでは全然違うと思っています。

飾ってみようかなと思われる方、玄関やダイニングテーブルから始めましょうか。出かけるときや帰ってきたとき、花を見ると思わずニッコリ。自然に微笑むのって、なかなかないですよ。赤ちゃんやペットを見たときの微笑みに近い感じです。そのときの貴方のお顔はとても優しくなってるはずです。

ダイニングテーブルに花があると、とにかく片付きます。テーブルの上がごちゃごちゃしていたら、花が映えませんから。何故かテーブルの上が片付かないという方、一度やってみて。お皿を並べるから小さくて低いアレンジでいいと思います。


シュウメイギク09013.jpg
ディスプレイガーデンでは秋明菊が花を咲かせています。夏の終わりになると、深緑の切り込みある葉っぱから、急に茎がするする出てきてこんなに清楚な花を咲かせてくれます。庭に立体感でるのでおすすめ。丈夫で繁殖力めっちゃ強いです。花色ピンクもあるけれど私は白が好き。



ヤブラン09013.jpg
ヤブランの紫の穂、少し前より数が増えてますます綺麗です。


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 10:54 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | 庭を楽しむ暮らし/アフターガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

秋色アジサイのドライフラワー

六月にアジサイ専門のお花屋さんで買った秋色アジサイ。(→詳しくはコチラ)お店の方に言われたように、しばらく家の中で育てていましたら、花がだんだんカサカサしてきました。そういえば、色も青緑がかってきたような気がします。



azur06.jpg
買ってすぐの秋色アジサイ。お店の方に聞いても品種がわかりませんでした。お洒落な紫色に惹かれました。


お店で、青色のアジサイはドライにするのが難しいと聞きました。今までディスプレイガーデンの青い秋色アジサイで挑戦して、チリチリになったのも仕方がないことだったのか、なんて納得。でもこのアジサイなら上手く出来そうな気がします。ガクは厚みがありますし、うまい具合に水分も抜けてきていますので。


方法はいつもの通りです。花がカサついてきたら茎から切り取り、2cm程水を張った花瓶に刺しておくだけ。水が蒸発しても足さずにそのまましておくと、ドライフラワーの完成です。結構上手くできました。青色が割と残っています。


ドライアジサイ.jpg
ひとつの花が直径5cm程もあります。青の他、グレーっぽいのや茶色っぽい緑など多彩です。


ドライフラワーを飾るときは、このようにガラスの器に入れると、清潔感が出ておすすめ。お生花と違って、ドライはマッドなイメージがありますので、ガラスの艶をプラスするとうまくアレンジ出来ると思います。


ドライフラワーですが、お生花同様しばらく飾ったら仕舞います。水をやらないでいいからといって、ずっと飾りっぱなしでは、色褪せも早く、埃がついて汚く見えてします。もう茶色一色なのに、ずっとずっと飾っているのを見たことがあって、失礼ながらゴミにしか見えませんでした。ドライフラワーを飾るのは要注意だと思ったものです。


アジサイのドライフラワーは毎年作れますから、もういいかなと思うものはサッサと処分しています。アナベルもありますしね。来年この秋色アジサイがうまく咲けば、大きなリースも作れるかもしれません。大事に育てて、またご報告しますね。


officialsite-logo-banner.jpg


続きを読む web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 19:47 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 庭を楽しむ暮らし/アフターガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。