2014年10月17日

山の恵みをいただいて


今日は久しぶりに山歩きをしてきました。私は「ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会」という会のメンバーで、その仲間と年数回山歩きをしています。この会は、ただ楽しく山に登るだけでなく、山道の整備や地域の皆様へ向けて健康づくりのサポート活動もするので、近江八幡市公認のボランティア団体でもあるんです。


広場2.jpg
琵琶湖の真ん中に浮かんでいる沖島にあるケンケン山へ。30分ほどタラタラと登ったら頂上広場です。このゆるい感じの山歩きが私には合ってる。ここ、メンバーで除草作業やって、こんなに広くきれいになったんですよ〜。琵琶湖や比良の山並みが眺められて、いい気持ち!!



木々1.jpg
見上げれば、秋の日差しに透けた葉っぱの緑に心洗われます。


いつも仕事で植物とは随分触れ合っている私ですが、山で出会う植物はまた違った趣きがあります。当たり前ですが、自由奔放で野性味あふれていて、やっぱりパワーが違う。植物だけでなく、足元から空から、吹く風から、たくさんのエネルギーをもらえます。


蜘蛛の巣.jpg
蜘蛛の巣も巨大で糸の粘りもスゴイ。その造形美に見とれてしまいます。山では蜘蛛はアーティスト。



山歩きしながら、メンバーと植物談義に花が咲きます。みなさん、流石に詳しい方ばかりで教わることが多いです。造園でよく使う木でも、自然に大きくなっている姿や、他の植物とどう混ざり合って生えているのかを観ます。山の中で見たものを情報というより、感覚として体にインプット。それが造園のデザインや現場で生きてくるのではないかと、自分に期待しています。


山の中では「むかご」があちこちに。「むかご」とは、山芋の地上部分にできる直径1センチくらいの大きさの球芽のことで、栄養価の高い食べ物です。田舎育ちのマブチですが、じつはまだ食べたことがありません。取り尽くさない程度に少し頂いてきました。そのうち「むかごご飯」を炊くつもりです。


DSCN1923.JPG
矢印の先にある黒っぽい丸が「むかご」。葉っぱはハート型です。


今週は週末に山に行くことを楽しみに、ずっと事務所に籠って図面作成していました。このところアウトプットばかりなので、この山歩きを機に、アートを見たり読書をしたり、人に会ったりして、また新しいものたくさんインプットしていきたいな。


officialsite-logo-banner.jpg


タグ:食べ物
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 21:00 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

一年ぶり ヘルスツーリズムin沖島


昨日は、久しぶりのヘルスツーリズム。役員を務めさせていただいている「ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会」でのフィールド活動日でした。


この会は、主に琵琶湖周辺の低山、自然豊かな地域を求め、心身共に癒され、健康の回復・維持・保持するヘルスツーリズムのツールを使い、森の環境を整備する活動を通して、会員相互の親睦と健康増進を図ることを目的で設立されました。昨年には近江八幡市より、ボランティア団体として正式に認められました。

 
活動の中心拠点は、市内沖島。近江八幡市から沖合1.5kmに浮かぶ周囲6.8kmほどの小さな島です。淡水湖の浮かぶ島では日本で唯一「人が生活している島」。ここの山は、安全で汚染が少なく、森林セラピーを行うのにぴったりな条件が揃っているのです。

 
DSCN0219.JPG
沖島から、漁港を望む。沖島には車が走っていません。自家用車ならぬ自家用船&漁船がいっぱい。琵琶湖は関西の暮らしを支える水瓶、マザーレイクと呼ばれています。対岸は近江八幡市の長命寺山や八幡山が見えています。いいお天気で、湖面が本当にきれいです。


DSCN0214.JPG
沖島の山は、里山様の雑木林で、明るくて動物がいない安全な山です。ヤマツツジがあちこちで咲いていました。当会では少しずつ山道の整備をしていて、もちろん島民の方々や他の団体の方々のご努力のお陰もあって、少しずつ歩きやすくなってきました。


登山といっても、30分程で頂上についてしまうので、普段運動不足の私でも登れてしまいます。もともと「頂上を目指さない山歩き」が当会のモットーなので、おしゃべりしながら、時には歌を歌いながら、植物を愛で、のーんびり森林を楽しむのです。

今年からは、市の補助を受けてアミラーゼ測定器なるものを導入しました。唾液の成分を測定してストレス度チェックを行っています。合わせて血圧や脈拍なども活動の前後に測って、ご自分の体の状態を知ってもらうことにしています。数値に一喜一憂するのではなく、状況に応じて自分の身体がどう変化するのかを把握するためです。でも、普段こんなことしないので、測定時間もすっごく楽しい。因みに私のアミラーゼ測定値、活動前142→活動後60でした。ストレスが結構減ってる?


CIMG3065.JPG
測定の様子。専用チップを使用します。


山の空気は本当に清々しい。普段息を止めて集中することが多いので、ここぞとばかりに深呼吸。寝不足でかなり疲れていましたが、浄化されたい一心で参加しました。ボランティアで山道整備するのも、森林浴するのも、(森林セラピーとして)お話を聞くのも、本当に貴重な体験で、心と身体に効いてる感じがします。

DSCN0203.JPG
頂上にある大木。この木の足下でランチしました。木漏れ日が心地いい。木々のざわめき、鳥の遊ぶ声以外は何も聞こえない。穏やかな時間です。


DSCN0199-1.jpg
浄化されていくワタシ〜。この時の感覚を画像で表現してみました。(ちょっと加工して遊んでみました 笑)

今日も疲れない山歩きテクのお陰で、筋肉痛ゼロです。本当に不思議なんですけど、コツがあるんですよ。身体に関する話もたくさん聞けます。


パワーチャージできたので、またお仕事頑張ります。



ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会の主催するイベントにはどなたでも参加できます。会に関する詳細やお知らせ、活動予定などはFacebookで公開していますので、是非ご覧下さい。(「ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会」で検索)

お問い合わせはメールでも出来ます。→htrokishima@yahoo.co.jp

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」してくださると嬉しいな。ご賛同いただける方のご入会や寄付なども随時受け付けております。また、当会とコラボして何かしたいなーという団体や取材など、お気軽にお声かけください。よろしくお願いいたします。


 
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 14:05 | 滋賀 | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

疲労回復効果バツグン

疲れた時や気分転換したい時の対処法は人それぞれだと思いますが、私の場合はやっぱり緑に触れることです。「なんだ、結局仕事と一緒じゃん?!」とつっこまれそうですね。好きなことを仕事にしたのでそうなってしまうのです。でもいくら好きな仕事とはいえ、事務所を続けていくためには、苦手な分野もこなさなきゃいけない。好きなことでも結構根気がいる細かい作業もあり、力仕事もありです。


2年前、ふとしたきっかけで入った森林浴の世界。滋賀県主催のヘルスツーリズムガイド講座というので、結構真面目に森林浴効果について勉強しました。造園という人工的に作られた緑とは違う「自然そのもの」をもっと知りたかったし、それが自分のデザインや造形技術にいい影響を与えてくれると思ったからです。それに、単純に森林浴って気持ち良さそうだなぁっていう思いもあって。


講座終了後、主催していた県からは次のアクションがなく(ホントに中途半端なんだからー)、その講座に通っていたメンバーが自主的に何人か集まり、「ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会」を結成。私もその中のひとりとして、年に数回、近江八幡市にある沖島を中心に周辺低山をめぐりながら、一般参加者の方と共に、森林浴させてもらってます。一生懸命登るのではなく、いろいろな森林セラピーエクササイズをしながら、わいわい登るのです。これが私の気分転換法のひとつ。


今年も第1回目として先週行ってきました~。

CIMG3081.JPG
よくやる森林セラピーエクササイズ「木との対話」。自分の好きな木につむじを当てて一体感を楽しんだり、抱きついて心の中で話しかけたりします。木は人と違って文句を言わないので、いくらでも受け入れてくれるんですよ。自分の庭の木でもできます。木にもたれてぼんやり空を眺めたり、揺れる木の葉音を聞いてるだけでいいんです。


CIMG3076.JPG
この日は風が強かったので、木がザワザワ揺れてました。風除けになってくれるので、森の中はすごく暖かかったです。非日常的な感覚が新鮮。



CIMG3071.JPG
四季折々の花が咲きみだれてます。この日は山ツツジや八重桜なども見頃でした。


以前京都新聞に寄稿されていた関西福祉科学大教授倉恒弘彦氏の解説をご紹介。

「人は肌に触れるそよ風や、鳥や虫の声を快適に感じ、静寂な環境に身をおくことで精神的な安定がえられます。また、森林の緑には目の疲れをいやす効果があるほか、木が放出するフィトンチッドという物質には殺菌効果やリラックス効果があります。」



CIMG3077.JPG
頂上広場に丸太でサークルベンチをつくりました。山のちょっとした整備をボランティアでしています。毎回少しづつしている整備は沖島の人にも評価されはじめてるみたいです。しんどくなるまで作業しませんが、きれいになると達成感を感じますね。


沖島はヘビやサル、クマ、鹿といった動物がいないから安心だし、半時間程度で登れちゃうので軽い運動にぴったり。仕事ではない緑に包まれて一日過ごし、リセットされた気分です。自分の負の気を吐きだして、森の空気をいっぱい吸ってきました。疲れをためない登り方をするので、次の日も不思議なんですが脚の筋肉痛はゼロです。


あともうひとつの気分転換法は、ベタですが、おいしいものを食べること。家族や親しい友人と気兼ねない会話をしながらの食事は、本当に楽しいですよね。

おいしいものがお得に食べられたら、なおハッピー。近くのホテルで500円ポッキリのワンコインランチやってました。ホテルいわく、こんなイベントはもうできないというほどのランチです。


CIMG3031.JPG
マグロづくしランチ。この数時間前に解体したばかりの新鮮マグロが使われています。トロトロでしたー。ずけの舌にねっとり絡む食感、さすがホテルの料理って感じ。500円だからと手抜きはなかったです。あーまた食べたい。


森林浴とおいしい食べ物、この二つが私の疲れをとってくれます。効果抜群、またお仕事がんばれそうです。


ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会は誰でも参加できます。次回は5月17日(金)。facebookページもできましたので、アカウントをお持ちの方はそちらから参加希望メッセージを送ってください。私に連絡いただいてもOKです。

ホテルのワンコインランチは明日23日(火)が最終日です。明日は確か近江牛だったような。興味のある方は検索してみて。


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 10:40 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

ヘルスツーリズムin賤ケ岳 レポート

本日、ヘルスツーリズムin賤ヶ岳、晴天に恵まれ、予定通り行われました。
参加下さった皆様ありがとうございました&お疲れさまでした。

CIMG2085.JPG
私達の活動拠点である沖島の山と違って、山道も広く整備されて登りやすかった。途中、賤ヶ岳の合戦ゆかりの
場所も見学。当時はこんなに木がなかったようですが、甲冑を身につけてこの登り、とても想像できません。
標高421.9m!の賤ヶ岳。私は結構バテてました。日頃の鍛錬の差が出ますねー(>_<)



CIMG2112.JPG
賤ヶ岳は、杉やヒノキの植樹林やブナの原生林など混じっています。
ブナは、山に水を蓄える木。なにより見た目も明るい。このような原生林がある滋賀県、いいでしょ。


今回は遠征なので、いつもの山の整備はなしで、純粋にハイキング&森林浴を
楽しんできました。

私達が普通のハイカーと違うところは、準備運動にはじまり、山の知識や登るときの
体の使い方、呼吸方法、森林療法プログラムなどを盛り込みながら、休み休み登る
ところにあります。教えていただくコーディネーターの斎藤氏の話は、本当に興味深く
聞いててためになります。なにより楽しい!

例えば、急な斜面を登るときは、踵をちゃんと地面につけることを意識して登る。
滑りにくくなります。また、呼吸は2回吸って大きく1回吐くようにすると、肺により新鮮
な空気を取り込みやすくなって、疲れにくい。などなど、ちょっとした体の使い方を
教えていただきました。


CIMG2095.JPG
山頂に到着!!!余呉湖の鏡のような湖面、今日は快晴の空を映して、本当にきれいでした。


山頂についたら、意外にも人、人、ひと!今日は近くの中学生達が課外授業で訪れ
ていたのでした。一緒に記念撮影もしたんですよ(*^_^*)
しかし、外で食べるお弁当はおいしいものです。


CIMG2104.JPG
山頂からの琵琶湖の眺め。湖北地方はまた透明感があって眺めも格別。県外出身者の私にとって、琵琶湖は
何度見ても見飽きない存在。いつも感動してしまいます。上の方にあるのは竹生島?


本日の森林療法プログラムは、
「自分の気に入った木に身を任せてリラックスする」でした。
まず、頭を木につけて空を見上げたり、木に抱きついたりした状態で、
木に語りかけたり、木のエネルギーを自分の体(特に不調を感じる部分)に、そそぎ
こむようにイメージします。

CIMG2109.JPG
自分より大きな存在に身を預ける。木と一体になるイメージ。

日頃しないことをすること自体が新鮮。大きな木の包容力を感じます。
私は、思いっきり抱きついていました。
木の肌が暖かくて、いい香りがして癒されます。
もっともっとゆっくり抱きついていたかったな〜。
森林療法を通して、自分の体は自分の意思で作られるということを実感していきます。


ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会では、こんな風にして沖島や琵琶湖周辺の里山を
舞台に、毎回様々な森林療法を実践しながら学んでいます。ボランティアで基地と
なる山もきれいにします。

これからの予定ですが、11,12月の第3金曜日に沖島に行こうと話しています。
参加希望者、会員、会に賛助していただける方、大大大募集中です!
詳しい内容は、このブログにてお知らせしますので、ご興味のある方はチェックして
くださいね。



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 21:40 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

ヘルスツーリズムin賤ケ岳 最終連絡

今週金曜日(26日)に予定しております、ヘルスツーリズムin賤ケ岳
お天気も良さそうなので、予定通り行います。

主催は、私も参加している「ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会」。
森林浴をしながらついでに山道をボランティアで整備し、自分も山もきれいにしようと
いう趣旨で、春と秋、琵琶湖に浮かぶ沖島をメインフィールドとして活動しています。


CIMG0879.JPG
沖島のケンケン山にて。山頂からの琵琶湖の眺めはいつ見てもサイコー!


今回は、いつものフィールドを飛び出し、湖北長浜市にある賤ケ岳へ行きます。
馴染みのないところですので、整備などの作業はなしで、純粋に森林浴を
楽しみます。

ご興味のある方、参加してみませんか?
適度に体を動かし、森林浴でストレス発散。気持ちいいですよ。
当日の飛び入り参加も大歓迎です!

集合場所、時間、詳しい内容は、コチラ


※山頂は寒いかもしれませんので、各自服装は万全に。
 (でも登山中は暑く感じるかも。脱ぎ着しやすいものがいいです。)

※当日私はJR近江八幡駅改札前に8時50分ごろまでいます。
 
 (8時55分発米原行きの電車に乗ります)

※参考
 奥びわ湖観光協会のウェブサイト
 「奥びわ湖観光 ハイキング 賤ヶ岳」のページ ↓
 
  http://www.okubiwako.jp/mountain/shizugatake.htm


賤ヶ岳、初めて登るんです。とっても楽しみです。



officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 12:28 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。