2016年02月01日

冬木立

今の時期、すっかり葉を落とした木々のことを「冬木立」と呼びます。ひと枝ひと枝が天に向かって伸びる様やその複雑な造形の美しさに心打たれます。


庭にあっては、どうしてもその大きさが制限されがちなので、野にあるような伸びやかさに憧れを抱いてしまいます。私達が手入れをする際に気をつけることの一つは、できるだけ自然に柔らかな感じに仕上げることです。

同じ大きさにするにしても、鋏を入れる場所によってシルエットが全く変わります。私などは頭で分かっていても、実際にやると思い切って切れないのです。こればっかりは実地や数をこなしてこそ身につく技術だなとつくづく感じます。木の価値、庭の価値が全然違ってきますから、職人さんによる手入れはやはり値段だけのことはありますよ。


先日車で走っていたら、吸い込まれそうな冬木立の景色に出会い、思わず車を留めて見入ってしまいました。ガラス越しに撮ったのでイマイチですが(↓)。降りて撮れば良かったなぁ。寒かったから不精してしまいました。


IMG_0825.JPG
冬木立の向こうに三日月が現れ、冴え冴えとした冬の夕暮れ。


冬木立は冬の季語です。この風景(上の画像)を見たときの心境にぴったりな俳句を見つけました。


冬こだち 月に隣を わすれたり (蕪村)

周りを忘れるほどの美しい光景、思わず見入ってしまったときって、息をするのも忘れてる。自分の体すら感じず、感覚と景色だけが存在しているかのような瞬間がありますね。冬木立と月を見て、私もこのような気持ちになりました。


今日から二月。もうすぐ立春です。寒いには寒いけれど一月とは違った空気感。背中丸めてないで!顔を上げて存分に感じましょうぞ


officialsite-logo-banner.jpg


続きを読む
タグ:時事関連
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 10:14 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

剪定バサミの修理

私は職人さんではないので、剪定作業は専らディスプレイガーデンの手入れとか、仕入れた木の枯れ枝やからみ枝を切ったり、低木や草花の刈り込みをしたりする程度です。なので道具類も職人さんには及ばないのですが、鋏や鋸、脚立などは常備してあります。


中でも一番よく使う鋏のネジが、いつの間にか取れちゃってて。新しく買うのは惜しいので、部品取り寄せてもらいました。



DSC_9903.JPG
マイ岡恒ちゃん。手入れ時はボルトを外して分解してから研ぎます。組立るときに締め方が緩かったみたいで、使っているうちにナットが取れてどっかいっちゃいました。←気づけよ〜(T ^ T)

DSC_9901.JPG
矢印のところ、ナットがない!いくら探しても(ヾノ・∀・`)ナイナイ。 それでも切ってるとグラグラになってくるの。


仕入れ先はちょっと離れていて邪魔くさいので、近所のホームセンターに聞くと、あっさりお取り寄せできました。送料もかからず234円(税込)。

DSC_9900.JPG
分解ついでに研いで、刃裏についたヤニを取ったり、油塗ったりしました。めっちゃきれいになったよ♪ 並べてみたらなんとなくラルフ(まえ飼っていたコーギー犬)に見える〜。←遊ぶなー(´д`)



DSC_9902.JPG
今回は気合入れて!渾身の力を込めて締めてみました。また使えるようになってよかった。


鋏も凝りだすと奥深い世界が待っていると思います。「弘法筆を選ばず」かもしれませんが、きっとやる気になる道具って職人さんそれぞれにあるんだろうな。私の故郷兵庫でも、三木市や小野市は金物の町としてよく知られており「おの義刃物」さんとか、実家からわりと近いのです。


職人さん目指している訳ではないのですが、なんでも形から入るタイプなもので、自分に合う鋏を探してます。お気に入りの一本、教えてください!私は普通の女性よりは力が強いし、男性並に手が大きいからたぶん使いこなせるとは思うの。


officialsite-logo-banner.jpg

続きを読む web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 20:08 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

観葉植物のおすすめ。寒さに強いもの弱いもの

冬に楽しめるいちおし植物といえば、やっぱり観葉植物。お部屋の中に緑がたくさんあれば、ぱっと明るくなりますし温室みたい?と錯覚なのでしょうが、印象としてあたたかく感じます。家中に植物の生気が満ちてくるようです。


インテリアグリーン.jpg
リビングの一角。手前がモンステラ、奥がシンゴニュウム。


私もたくさん育てています。種類はそんなにないのですが、株分けや差し芽をするのでどんどん増えていきます。今まで色々育てて、残ったものは「ストレリチア・レギネ」「モンステラ」「アレカヤシ」。この三つは本当に育てやすいですよ。


特にモンステラは意外と寒さに強いのでオススメ。暖房のない廊下や階段の踊り場なんかでも元気にしています。それになんといっても繁殖力がすごい。上に伸びていくのですが、既に気根が出ているので、その下あたりで切って植えれば、あっという間に根付いてしまうのです。


株が古い方が葉の切れ込みが出来やすく、差し芽を植え付けた新しい株は、当分まあるいハート型の葉です。ちょっとモンステラに見えないのですが、それもまた良しとしています。瑞々しい艶々の葉っぱとダイナミックな姿が本当にきれいですよ。たまに葉先に雫がついていることがあって「葉水はやっていないし、部屋が湿気てるわけでもないのに?」とびっくりするのですが、水が足りている(余ってる)ので出しているのだと思います。


インテリアグリーン2.jpg
キッチンカウンターにも。お正月のお花を片付けてグリーンの寄せ鉢を飾りました。昨年買った「カランコエ」2鉢と「シンゴニュウム」。松ぼっくりでプラ鉢を隠しています。


育てやすいけれど、寒さに弱いものもあります。例えば画像にある「シンゴニュウム」。葉が薄いため寒さに弱く、外に出せば葉焼けするという、まさにインテリアグリーンとして育てるしかないでしょ的植物。小さいけれどコーナーを明るくしてくれるので好きです。とにかく水切れさえしなければOKで、うちではモンステラ同様増える傾向にあります。



シンゴニュウム1.jpg
茎からはいつも根が出ようとしていて、切って水に活けているとすぐワシャワシャと伸び始めます。頃合いをみて鉢に植えようと思います。


モンステラとシンゴニュウム、どちらもサトイモ科の植物。同じ科では他に、定番の「ポトス」、赤いハートでお馴染みの「アンスリューム」やモンステラの葉より小さいけれど切れ込みがたくさんある「フィロデンドロン」、如何にもジャングルにありそうでカッコイイ「アマゾニカ」などがあります。


カッコ良く飾るコツは、鉢や鉢カバーをインテリアにあわせること。ここは妥協せずに探しましょう。迷ったらモノトーン系で。いくら好きでもやたらと置いたり、窓辺を占領する程並べたりするのは、清潔感に欠けると思います。ジャングルにならないように「ここぞ」という場所に飾る方がカッコイイ。

背の高いものはソファの背後に飾るといいですよ。座った時頭上に葉が茂っていたら外にいるみたいで素敵だと思います。私も欲しいのですが、重いだろうから手入れするとき腰を痛めそうで躊躇しています。以前2m程のものを育てていたことがあって、ちょっとしんどかったのよねぇ。でもやっぱり欲しいなぁ。

冬は切花も長持ちするのでフラワーアレンジメントも間にうまく取り入れて、一足早くお部屋に春を呼び込みましょう。


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:36 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

雪に対する心づもり

昨日は各地大雪。交通機関の乱れ等でご苦労なさった方も多いことと思います。お勤めの方々は休むわけにもいかず、本当に参りますね。


ここ近江八幡市でも、昨夜遅くには雪おこしの風っぽいのが吹き荒れていました。いよいよかもと覚悟していましが、朝起きると降っていません。例年なら降って当然の時期なので、心づもりはものすごくあるのに、降らないと肩透かしをくらったようで気が抜けます。でも寒さはこれからが本番ですから、引き続き警戒しなければね。


雪が積もる地域にいると、自然と心構えができるようになります。雪のないところで育った私は異常に恐れを抱いていて、地元の人からすると「この程度の雪で大げさだよ〜。」と言われる時がありますが(汗)

庭の植物は耐寒性のあるものが基本ですし、枝折れが心配なものは養生するか剪定してあります。冬はリセット時期と割り切っているので、特に心配になるような植物はもともと植えていません。あとは防風でいろんなモノが飛んでいかないように気をつけています。


CIMG2373.JPG
ディスプレイガーデン。道路に面する花壇には、冬でも緑があるように植えていますが、耐寒性があり少々雪に埋もれても大丈夫な植物ばかり。見えているのは、オキザリス、サントリナ、アセビ、ベニシダ。


予報を細かく見て、車に乗らないでいいように予定を組みます。(自営の特典だよね^^;)食料品も買いだめしたり、ちょっとしたお籠り体制。愛車は四駆でスタッドレスタイヤも装着済みですが、自分の運転技術に全く自信がないので乗りません。もしも外出するときは、グリップの効くラバーブーツを履き込んでいきます。


CIMG0044.JPG
ふだん施工作業用に履いているイルセ・ヤコブセンのブーツ、北欧ブランドだけあって雪道でもバツグンの安定感です。防水・耐寒機能に優れていて、なによりお洒落でコーデのポイントなります。


ごくごく当たり前のことばかりですが、実家に住んでいた頃はこれすら出来ていなかったので、稀にたった5cm積もっただけでエライ騒ぎでした。何事も経験と学びですね。


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 10:30 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

早めに寒肥

この冬まだ雪が積もっていない!ここ近江八幡市に住み始めて13年になりますが、初めてのことじゃないでしょうか?!私は雪が苦手だからいいんですけど、暖冬なんだなぁと実感しております。

こういう状況なら、植物も早く目覚めるかもしれません。寒肥(かんごえ、かんぴ)を早くやらないと!

寒肥とは、冬の休眠期に肥料を与えること。時間をかけて分解されるので、春先に土に栄養が行き渡り、新芽や花芽の増量に繋がります。有機肥料がオススメで、手近なところでは油粕。ホームセンターで普通に売られています。


寒肥.jpg
根の先端を狙って深さ30cm程の穴を掘り、肥料(画像では丸いのが肥料です)をイン。何事もなかったかのように埋める。これだけですわ。


高木の場合は30cm以上掘り、木の大きさに併せて数箇所施します。低木の場合はそんなに掘らなくてもOKです。

こういうときの私のとっておき道具、グリグリ棒と呼んでいますが長さ60cm程の鉄の棒です。グリグリ回すように突き刺していくと、丁度いい頃合の穴が空きます。自分の家を建築中だったとき、現場に落ちていました。たぶん仮設で土留板を留めていた棒じゃないかと思いますが、処分し忘れたのでしょうか? 何故か残っていました。この形をみて、これは土をグリグリするとき使える!とひらめいたのです。


guriguri.jpg
あまり力を使わずに深さ30cmほどの小さな穴が空けられる!グリグリ棒、めっちゃ重宝しています。


なかなかこういう棒は手に入らないかもしれません。普段からこういうのあったらいいなーと心に留めていると、出会えるというか、ひらめく確率大ですので、参考までにご紹介しました。ない場合は地道にスコップかシャベルで掘ってください。根が切れても今の時期ならダメージはほとんどありません。


外仕事は億劫ですが、暖かい日を狙って寒肥、やってみてください。春が楽しみになりますよ


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 15:13 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。