2016年01月19日

雪に対する心づもり

昨日は各地大雪。交通機関の乱れ等でご苦労なさった方も多いことと思います。お勤めの方々は休むわけにもいかず、本当に参りますね。


ここ近江八幡市でも、昨夜遅くには雪おこしの風っぽいのが吹き荒れていました。いよいよかもと覚悟していましが、朝起きると降っていません。例年なら降って当然の時期なので、心づもりはものすごくあるのに、降らないと肩透かしをくらったようで気が抜けます。でも寒さはこれからが本番ですから、引き続き警戒しなければね。


雪が積もる地域にいると、自然と心構えができるようになります。雪のないところで育った私は異常に恐れを抱いていて、地元の人からすると「この程度の雪で大げさだよ〜。」と言われる時がありますが(汗)

庭の植物は耐寒性のあるものが基本ですし、枝折れが心配なものは養生するか剪定してあります。冬はリセット時期と割り切っているので、特に心配になるような植物はもともと植えていません。あとは防風でいろんなモノが飛んでいかないように気をつけています。


CIMG2373.JPG
ディスプレイガーデン。道路に面する花壇には、冬でも緑があるように植えていますが、耐寒性があり少々雪に埋もれても大丈夫な植物ばかり。見えているのは、オキザリス、サントリナ、アセビ、ベニシダ。


予報を細かく見て、車に乗らないでいいように予定を組みます。(自営の特典だよね^^;)食料品も買いだめしたり、ちょっとしたお籠り体制。愛車は四駆でスタッドレスタイヤも装着済みですが、自分の運転技術に全く自信がないので乗りません。もしも外出するときは、グリップの効くラバーブーツを履き込んでいきます。


CIMG0044.JPG
ふだん施工作業用に履いているイルセ・ヤコブセンのブーツ、北欧ブランドだけあって雪道でもバツグンの安定感です。防水・耐寒機能に優れていて、なによりお洒落でコーデのポイントなります。


ごくごく当たり前のことばかりですが、実家に住んでいた頃はこれすら出来ていなかったので、稀にたった5cm積もっただけでエライ騒ぎでした。何事も経験と学びですね。


officialsite-logo-banner.jpg




posted by マブリツ at 10:30 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。