2016年01月17日

早めに寒肥

この冬まだ雪が積もっていない!ここ近江八幡市に住み始めて13年になりますが、初めてのことじゃないでしょうか?!私は雪が苦手だからいいんですけど、暖冬なんだなぁと実感しております。

こういう状況なら、植物も早く目覚めるかもしれません。寒肥(かんごえ、かんぴ)を早くやらないと!

寒肥とは、冬の休眠期に肥料を与えること。時間をかけて分解されるので、春先に土に栄養が行き渡り、新芽や花芽の増量に繋がります。有機肥料がオススメで、手近なところでは油粕。ホームセンターで普通に売られています。


寒肥.jpg
根の先端を狙って深さ30cm程の穴を掘り、肥料(画像では丸いのが肥料です)をイン。何事もなかったかのように埋める。これだけですわ。


高木の場合は30cm以上掘り、木の大きさに併せて数箇所施します。低木の場合はそんなに掘らなくてもOKです。

こういうときの私のとっておき道具、グリグリ棒と呼んでいますが長さ60cm程の鉄の棒です。グリグリ回すように突き刺していくと、丁度いい頃合の穴が空きます。自分の家を建築中だったとき、現場に落ちていました。たぶん仮設で土留板を留めていた棒じゃないかと思いますが、処分し忘れたのでしょうか? 何故か残っていました。この形をみて、これは土をグリグリするとき使える!とひらめいたのです。


guriguri.jpg
あまり力を使わずに深さ30cmほどの小さな穴が空けられる!グリグリ棒、めっちゃ重宝しています。


なかなかこういう棒は手に入らないかもしれません。普段からこういうのあったらいいなーと心に留めていると、出会えるというか、ひらめく確率大ですので、参考までにご紹介しました。ない場合は地道にスコップかシャベルで掘ってください。根が切れても今の時期ならダメージはほとんどありません。


外仕事は億劫ですが、暖かい日を狙って寒肥、やってみてください。春が楽しみになりますよ


officialsite-logo-banner.jpg




posted by マブリツ at 15:13 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。