2016年01月05日

書き初め

今年もお稽古に精進したいと思います。書と一緒にある世界観が、私にインスピレーションを与えてくれます。


DSC09832.JPG
あしびきの 山谷越えて 野づかさに 今は鳴くらむ 鶯のこえ(もう春だから、うぐいすは山や谷を越えて、野の小高いところで鳴くようになった)


濁りのない清淡な気持ちを歌い上げた山部赤人の句。今年はたまたま早春のようなお正月でしたし、清々しい景色が新春っぽいなと思います。旧暦では2月初め頃がお正月だったので「新春」と言ってもさほど違和感もなかったのでしょうね。

これは私にはかなりレベルが高い書ですが、書き初めなのでちょっと頑張って挑戦。その気骨だけは褒めらました


「字はいくつかの線が集まって出来ている。一本調子で書くのではなく、線一本一本強弱つける等考えて書く。線を丁寧に引くこと。そうすれば味のある字になる。字は形を追わず。」

「筆の行きたい方向に手を動かすように。筆を動かそうとするから手に変な力が入るのです。」


稽古をつけてくださった師匠の言葉がなんか深い・・・。これは書にだけ当てはまることではありませぬ。


明日から仕事です。


officialsite-logo-banner.jpg


posted by マブリツ at 17:29 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。