2014年08月11日

スーパームーン


8月10日の夜から11日の明け方にかけての満月、ご覧になれましたか?私が住んでる近畿は、台風直撃でずっと荒れた天気だったのですが、なんとか通過してくれて、見ることができました。


なんで満月ごときに騒いでいるのかと言うと、スーパームーンだったからです。スーパーと付くぐらいですから、特別です。普通の満月より大きく見える月のことをいいます。


20140811-1.jpg
雲の切れ間から、スーパームーン。言われてみると大きいような?明るさはスーパーって感じです。


月の軌道は少しだけ楕円形に歪んでいます。そのため地球から月までの距離は一定にはなりません。近いところで約35.6万q、遠いところで約40.6万qと、わずかな差が生じます。この距離の差が目で見る月の大きさに反映され、地球に最も近づく月は、遠くにある月より、直径で約1.14倍大きく見えます。面積にすると1.3倍ほど。つまり、約30%も大きく明るく輝いて見えるのです。これが「スーパームーン」と呼ばれる満月という訳。


月を見るのが好きで、晴れた夜には季節を問わずお月見をしています。夜も更けるころ、テラスに出ると、ちょうど真正面にお月様がぽっかり浮かんでいるのです。特に満月には自然と目がいってしまいます。


先月の満月も大きく美しいものでした。愛犬ラルフと過ごす最期の夜、明日はいよいよ荼毘にという夜でしたので、悲しいくらいの美しさだなぁ、なんて思ったりして。


私の場合は、何故か満月の日に出会いや別れがあります。どちらかというと別れの方が多いかな。だから、また巡ってきた満月の夜は、その別れを思い出してしんみりしてしまいます。銀色の光をずっと眺めていると、自分が今どの時代にいるのかすら、曖昧に思えてきて、不思議な心地になる時があります。私は前世でもきっと、月を特別愛していたに違いありません。


満月の日は、身体が何でもよく吸収するらしいです。食べたら確実に身につくので注意。出血の量は増え、人の心はさざめき、出産が増える・・・などなどまことしやかな謂れがあります。それに加え、満月の夜は、植物全体が活気をおびてきますので、集めた薬草はより強い効果を発揮します。明るいから摘みやすいというメリットもあります。花の場合は昼間です。


月に関するアレコレ、興味があって勉強中。そのうち魔女になれるかも?


officialsite-logo-banner.jpg





posted by マブリツ at 07:30 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。