2012年10月26日

ヘルスツーリズムin賤ケ岳 レポート

本日、ヘルスツーリズムin賤ヶ岳、晴天に恵まれ、予定通り行われました。
参加下さった皆様ありがとうございました&お疲れさまでした。

CIMG2085.JPG
私達の活動拠点である沖島の山と違って、山道も広く整備されて登りやすかった。途中、賤ヶ岳の合戦ゆかりの
場所も見学。当時はこんなに木がなかったようですが、甲冑を身につけてこの登り、とても想像できません。
標高421.9m!の賤ヶ岳。私は結構バテてました。日頃の鍛錬の差が出ますねー(>_<)



CIMG2112.JPG
賤ヶ岳は、杉やヒノキの植樹林やブナの原生林など混じっています。
ブナは、山に水を蓄える木。なにより見た目も明るい。このような原生林がある滋賀県、いいでしょ。


今回は遠征なので、いつもの山の整備はなしで、純粋にハイキング&森林浴を
楽しんできました。

私達が普通のハイカーと違うところは、準備運動にはじまり、山の知識や登るときの
体の使い方、呼吸方法、森林療法プログラムなどを盛り込みながら、休み休み登る
ところにあります。教えていただくコーディネーターの斎藤氏の話は、本当に興味深く
聞いててためになります。なにより楽しい!

例えば、急な斜面を登るときは、踵をちゃんと地面につけることを意識して登る。
滑りにくくなります。また、呼吸は2回吸って大きく1回吐くようにすると、肺により新鮮
な空気を取り込みやすくなって、疲れにくい。などなど、ちょっとした体の使い方を
教えていただきました。


CIMG2095.JPG
山頂に到着!!!余呉湖の鏡のような湖面、今日は快晴の空を映して、本当にきれいでした。


山頂についたら、意外にも人、人、ひと!今日は近くの中学生達が課外授業で訪れ
ていたのでした。一緒に記念撮影もしたんですよ(*^_^*)
しかし、外で食べるお弁当はおいしいものです。


CIMG2104.JPG
山頂からの琵琶湖の眺め。湖北地方はまた透明感があって眺めも格別。県外出身者の私にとって、琵琶湖は
何度見ても見飽きない存在。いつも感動してしまいます。上の方にあるのは竹生島?


本日の森林療法プログラムは、
「自分の気に入った木に身を任せてリラックスする」でした。
まず、頭を木につけて空を見上げたり、木に抱きついたりした状態で、
木に語りかけたり、木のエネルギーを自分の体(特に不調を感じる部分)に、そそぎ
こむようにイメージします。

CIMG2109.JPG
自分より大きな存在に身を預ける。木と一体になるイメージ。

日頃しないことをすること自体が新鮮。大きな木の包容力を感じます。
私は、思いっきり抱きついていました。
木の肌が暖かくて、いい香りがして癒されます。
もっともっとゆっくり抱きついていたかったな〜。
森林療法を通して、自分の体は自分の意思で作られるということを実感していきます。


ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会では、こんな風にして沖島や琵琶湖周辺の里山を
舞台に、毎回様々な森林療法を実践しながら学んでいます。ボランティアで基地と
なる山もきれいにします。

これからの予定ですが、11,12月の第3金曜日に沖島に行こうと話しています。
参加希望者、会員、会に賛助していただける方、大大大募集中です!
詳しい内容は、このブログにてお知らせしますので、ご興味のある方はチェックして
くださいね。





posted by マブリツ at 21:40 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。