2015年04月30日

事故の多い交差点

一昨日、事務所にいる時、突然金属が落ちたようなスゴイ音がしてめっちゃビックリ。「あー、またやった。」すぐ近くの交差点で交通事故です。もぉ、ホントにね、心臓に悪いです。


その交差点は、細い道の方が一旦停止しなければいけません。それでも出会い頭の衝突が多いのです。私が見たものだけで昨年は3件。今年は1件目。近所に住む者としては、危険な交差点とわかっているので、いつも気をつけています。あまりにも事故が多いので、ディアガーデンに来られる方のためにも、今日は注意喚起の意味で書きたいと思います。


この通りには、同じような交差点はたくさんあるのに、ここだけ特別事故が多いようです。アパートが、交差点の歩道よりに建っていて、更に自動販売機もあるのでお互いの車が見えにくい。おまけに歩道には高さ1m弱の生垣もありますから、見えにくいことこの上ない。でもパッと見、ありがちな風景なので、誰も危険だと気づかないのかもしれません。

DSC08127.jpg
何か見にくいのよね。矢印のところから車がヒョイと出てきます。このこの交差点渡ったところに公園があるので、子供もここから出てきます。画像奥からくる車ともよく接触している。


危険な要素は思いつくだけでまだまだあるのですが、ここで説明しても仕方がないので省略。昨年最悪の事故は、一方の車が横転してしまい、救急車2台と消防車1台が来て、もちろんパトカーも来るし、えらい大騒ぎでした。幸い軽傷のようで、ほっとしましたが、事務所の窓からよく見えるので、気になっちゃて! 仕事になんないですよ。


道路境界線付近にこんなに色々あったら、やはり考えものですね。特に道路植栽、この場合はアダになってる気がして仕方がありません。本来は歩行者を守るためだとか、道路緑化のため、防塵防音対策のためにあるものです。


エクステリア工事でも、道路境界には大抵塀を設けるため、高さや構造(透過性のあるフェンスにするなど)に気をつけなければなりません。建物完了検査後に工事をする場合、ええんか?と思う事例が度々あります。そのあたり、私はいつも疑問を感じていて、自分ではやりたくないし、だめなんですよと言っています(自分に保険かけてるヤツです)。


道路からの視線を遮りたい、防犯のためにも塀を高くしたい、そんな気持ちはよくわかります。でも、そうして建てたもののせいで、誰かが怪我をしたり、嫌な思いをするんだとしたら?いい気はしませんね。そのような場合は、道路境界から一定距離を引いて建てるべきで、それは建物を設計するときに考えておくべきことです。

やはりエクステリアは街並み貢献も大事な要素ですから、「半公共スペース」くらいに思っていてちょうどいいのかもしれません。


しかし、こんなに事故が多いのに、何の改善もされないのはどうしたことでしょう。改善どころか悪化していて、道路に書いてある「止まれ」の文字が消えかかっています。

DSC08129.JPG
まぁ、わからなくもないが、という感じ。道路挟んで反対側の方がもっと消えてる・・・。


誰がアクション起こすべきなんでしょう?私か?以前、自治会長さんには言ったことがあるのですが。警察は何度も事故検証に立ち会っているから、その交差点が如何に危険なのかはわかってるはずなんです。「危険!事故多し」という看板を立てるとかミラー付けるとかできないんしょうか?通学路だから余計に心配なのです。


気が気ではないのは、私だけかな。ディアガーデンに来られるときは、どうかこの交差点にお気を付けください。私もお客様に言うの忘れないようにしよう。


officialsite-logo-banner.jpg


タグ:設計
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 08:39 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

五感に触れるものを変える

何かの節目で「これまでの暮らしを変えたい」「新しい自分を見つけたい」と思うことがあります。そこまで大げさじゃなくても、ちょっと気分を変えたい位なときってありませんか?

私達は五感というセンサーをつかって、あらゆる場面を体感し生きています。だから、五感に触れるものを変えることで、簡単に新しい暮らしを手に入れることができます。


引っ越すことは、ものすごい暮らしの変化です。これは見える景色(=視覚)が変わり、空気感も変わるから、匂い(=嗅覚)や光・風(=触覚)も変わるかもしれません。静かな田舎から都会に移れば聞こえる音(=聴覚)も随分と違うでしょう。地産品も変わって、例えば新鮮なお魚が手に入りやすくなったら、献立も変わるでしょう(=味覚)。こうして具体的に書くと、なるほど意識していないけれど、変化って五感で感じることによって、生じているのだなぁと思います。


そうは言っても、度々引越しはできないので、何か身の回りで五感に触れるものを少し変えてみるというのが手っ取り早い方法。一番効果があるのは嗅覚に関するものだとか。潜在意識は香りに強く影響されているそうです。


私の場合は、アロマディフューザーを変えようかなと思っています。秋から冬は暖かなバニラの香りだったので、爽やかな柑橘系の香りに変えようかな。森の香りは定番なのですが、夏にはお香も焚きます。


DSCN2031.JPG
リビングのアロマディフューザーを変えたいな。


事務所も視覚的に見慣れてしまったので、そろそろ少しづつではありますが、チェンジです。狭いのでレイアウトはいじれないけれど。どう変えようかなと考えること自体、新しい仕事スタイルへの期待感でワクワクしますね。


憧れの刺激を求めることで、いいイメージやいいインスピレーションが得られると思います。理想は、その積み重ねで憧れの毎日を送ること。どんどん求めましょう


officialsite-logo-banner.jpg



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 09:26 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

春に新しくなるもの、業界編

このところ晴天続き。いよいよ潅水作業が本格化します。梅雨までは案外乾燥する日が多いし、植え付けたばかりの植物も多いころですから、雨が降らないのなら2、3日に一度はやったほうがいいでしょうね。

しかし、一度庭に出てしまえば、色々と目に付くことがいっぱいで、あっという間に30分は経過してしまいます。もう虫がついてるし、タイルも結構汚れてる、こぼれ種からあちこち芽が出てる、雑草もひょいひょい顔をのぞかせています。木々達は吹き出した何万枚もの葉それぞれに水を上げているようで、その生き生きした様子ったら、もう!! たまりません。

春の初め、植物たちは、知らぬ間にかかった「よーい、スタート!」の合図で一目散に駆け出して、私はいつも置いてけぼり。そのスピードに追いつけなくて、「待って、待って−ーっ!」と叫んでる。


これからの日々、朝こんなふうに庭を一巡りして、ようやく仕事にかかれます。そうそう、昨日ですが、春に新しくなるもののひとつ、メーカーさんのカタログ一式届けていただきました。商社の営業の方、ニューフェイスを連れてらして。その初々しい様子が眩しすぎます。ディアガーデン担当の営業さん、童顔なのでまだあどけないなぁと思っていましたが、ニューフェイスの方と並ぶと不思議なもので(失礼!)頼もしく見えてきます。


DSC08123.JPG
ひとまず今現在新しくなったカタログだけですが、ドーンとふた箱。お、重い・・・。これが一年後結構ボロボロになるのよね。


これらのカタログ、時間のあるときに目を通して、情報収集。春は材料関係の展示会も多いので、時間を見つけてできるだけ見るようにしたいな。色々な素材が毎年出ますしね。実際提案できる素材なのか?という把握も兼ねて、こんな時間も大切です。


植物や石関係もそうですが、エクステリア部材も実際自分で見て確かめないと、心からおすすめできないものです。植物ならなるべく自分で育ててよかったものを中心におすすめしています。


またいい素材があればブログでも紹介しますね。


officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 10:55 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

大好き、アマドコロ

ディスプレイガーデンで、今グングン来ている植物、アマドコロです。斑入りのものを育てています。日本の山に生えている植物=自生植物なので、雨がかかる場所なら勝手にどんどん育ってくれますし、増えます(すごい繁殖力です)。

ものすごく丈夫な植物ですが、見た目はふんわり繊細で、とくに斑入りのものは花壇で他の植物を引き立てる優秀な植物だと思います。大好きです。地味だけれどオススメです。


アマドコロ0427.jpg
今ちょうど花ざかり。地味ですが。しかし、増えたな〜(*´ω`*)


よくナルコユリとも呼んでいます。今の今まで同じように思っていましたが、この2種、厳密には違うようです。同じユリ科アマドコロ属ではありますが、簡単にまとめると違いは次のよう。



  1. ナルコユリ→茎がまるい。アマドコロ→茎がかくばっている
  2. ナルコユリの花の上部(花柄の付け根)には、突起がある
  3. アマドコロの花期は4月〜5月、ナルコユリは5月〜6月




前庭06-4.jpg
昨年の様子。こんなふうに混ざり合って素敵。


前庭06.jpg
ふんわりかぶさる感じ。浮遊感があるんです。


私がよく行く苗屋さんの方が「あるお客様が、ディアガーデンで見ていいなと思って、アマドコロ注文なさったんですよ。」って教えてくださいました。この花壇は道路からよく見えるので、まさにディスプレイの役割を果たしたという。アマドコロを好きになってもらえて嬉しいです。




前庭10-04.jpg
11月になると黄葉する様子もいいです。その後枯れますが、球根のような根が冬越ししてまだ春ふんわり。


アマドコロの花言葉、調べてみたらこれまた素敵でした。

「心の痛みのわかる人」 「元気を出して」


心の痛みをわかる人は、きっと同じように苦しんだことがある人。苦しい時、本当に辛いけれど、その辛さはきっと誰かに寄り添える力になると思っています。苦しさも無駄じゃない。そこから這い上がってきた人は、誰かの役に立てる人。そんな人の目はとても静かで慈愛に満ちてます。


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 09:21 | 滋賀 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

口福のとき

ここのところ事務所で図面やパースをかいていることが多いマブチです。根気がいる作業、息も浅くなるので何となく胸が苦しいし腰は痛いし肩はバキバキ。これも一種の肉体労働やなぁと感じています。


そんな一日の合間、楽しみなのはやっぱりスイーツですかねぇ・・・( ´艸`) 運動しないのに、甘いものいけませんよね。でも脳が欲しているからという変な言い訳を自分にして・・・食べています!


背徳の楽しみっていうんですか?そそられますね。道徳に背くってことですよ。スイーツ食べることは、道徳に背きませんけれど、ダメだとわかっているのに食べちゃう感じが、背徳っぽいので。


この2週間の間に食べたスイーツの一部、写真に残してました。


DSC01698.JPG
メーカーさんからの差し入れです。3つも!ありがとうございます。ケーキスタンド買ったみたものの、なかなかケーキを飾れませんでしたが、ようやく。


DSC08113.JPG
塩チーズケーキに白ワイン。シャトレーゼのおすすめだったので。ワインは生ワインといって店で樽から直接買えるようになってます。興味本位で買ってみました。このケーキ、いちじく?やナッツも入っていて美味しいよ。確かにワインに合うような。


DSC08121.jpg
出先で。梅田グランフロントのカフェにて。大好きなタルト。


この他にまだ更に、大好物のキルフェボンのタルトや京都土産のごまのシュークリーム、昨日は夫の出張土産のロールケーキとか食べてて!!!

残りを今日食べるし! (゚д゚lll)マダタベルカ! 

こうして冷静に書き並べると、食べ過ぎですね。どうしちゃったんだろう・・・、私。こんなにケーキがある週は今までなかったです。あるから食べちゃう、ガマンできなーい。


・・・病んでる?笑



officialsite-logo-banner.jpg


続きを読む
タグ:スイーツ
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 11:23 | 滋賀 | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。