2014年12月07日

お子ちゃまとのクラフトタイム

日曜日、近所の女の子が遊びに来てくれました。昨年リースづくりを体験して、それが良かったみたいで、今年も作りたいと言ってくれました。物づくりの楽しさを覚えていてくれて嬉しいなぁ。


リースに飾る松ぼっくり。その種のお話をして、ちょっと実験みたいなことをしたら、すごくウケました。


DSC00118.JPG
松ぼっくりといってもこんなに大きなやつ見せたら大ウケ。掴みはバッチリでした。ペンと比較すると大体わかっていただけるかしら。縦30cm×横18cmくらいあります。以前取引先からいただいたもので事務所にいつも飾っています。種がまだ残っていて真ん中に写っています。これも普通の倍以上はあります。この種を育てるとどうなるんだろうと想像するのも楽しい?!怖い?!


松の種って、羽のようなものがついています。乾燥状態では種と羽は一体化してます。しかし水分を与えると羽と種が分離するのです。離れた場所で繁殖するためには風に乗って飛んでいかなければならないため、種には羽のようなものが必要です。そして、発芽できるような水分のある地面に着地したとき初めて羽を手放すワケです。乾燥した地面では、また風に乗って移動する必要があり羽をつけたまま。何年前の種であっても同じ動作をします。

種はタイムカプセルのよう。発芽のためのプログラムが仕組まれていて、スイッチが入ると初めて作動するのです。2000年以上も前の蓮の種が発芽して育った例もあるくらいですから(大賀ハスと呼ばれてる)、タイムカプセルという表現もまんざらではありません。


こんな内容を簡単に理解してもらうため、濡れティッシュを濡れた地面に見立て松の種をくるんで、しばらく放置します。そして20〜30分後にティッシュを開いてみると、「わぁーホントに種と羽が分かれてるーっ!!」ってびっくり。羽がバラバラになるわけでもなく、まんまの形で種と分離しています。「こんなに小さい種なのに、生きようとして反応してるんやで。ちゃんと感じているんやわ。」って話すと、「へぇー。」って納得したみたいで、それからは松かさの中に残っている種はないか、ずーっと探してて(笑)その様子がなんとも楽しそうなんですよ。やっと5、6個見つけて大事に持って帰りましたが、きっとまた家でこの実験をやるんだろうなと想像しています。フフフ。


いまどきの子供って、どんなことに興味を持ってくれるんだろうかと事前に考えました。うちにはゲームもないし、アナ雪も妖怪ウォッチもないし。それで、結局自分の知ってる植物の話をしてみたら、意外にウケたようで良かった。植物を触ったりアナログな遊びも、たまには新鮮なのかしらね。


DSC00112.JPG
後ろのリース、ほとんど全部この女の子達二人で作ってしまいました。すごくない?おもちゃ箱をひっくり返したような楽しいリースになりました。プライバシー保護のためボカシ入れましたが、いい笑顔ってわかるでしょ?可愛いかった〜。


子供と作るのもいいものですね〜。ちょっとしたことで笑って。どうして女の子が笑うとあんなに場が明るく幸せになるんだろ? 子供の笑顔は本当に宝です。


officialsite-logo-banner.jpg




タグ:手仕事
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 00:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | イベント・セミナー・ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。