2014年11月30日

ディアガーデンお客様感謝祭?!ワークショップのご報告-2

昨日に引き続き、本日はお客様の作品を紹介します。

まず、リース作りの材料を見てください。庭や森の恵ばかりです。自然の造形美をじっくり堪能していただきたい、また庭で育てたものがこうして物づくりに活かせるということも知っていただきたくて、私が特に厳選して揃えました。フェイクではない本物素材のリースは高価で、しかもなかなか手に入りにくいものです。それがご自分で楽しみながら作れたらいいと思いませんか?


ベースとなる常緑樹はディアガーデンで生垣として育てているレイランドヒノキを使用します。もともとリースには永遠の命とか神の永遠の愛の象徴として常緑樹を使うことが多いので、私のデザインにも必ず取り入れるようにしています。その他の材料は、クリスマスまで飾っていてもキレイを保てるような素材ばかりです。


材料.jpg
使いやすいように適当な大きさに切りそろえたり、まとめたり、ラメ加工したりと、予め準備しておきました。これでリース1個分。よりどりみどりふんだんに使っていただけるように多めに用意しています。



お客様は見本で作ったリースとこの材料を見た瞬間、テンションが一気に上がるみたいです(笑)。普段見慣れない実などに興味津々のご様子。材料説明から始まり、リースの由来や作り方はもちろん、バリエーション、飾り方などなどお話してから、実際に作っていただきました。


2014年のクリスマスリース、デザインテーマは「ホワイト・クリスマス」で、見本としてひとつ飾っておきました。直径約40cm程ある結構な大きさのリースです。


DSC_0009.JPG
参考見本です。南京ハゼの白い実をたくさんちらし、仕上げにスノースプレイをかけてホワイトクリスマスを表現しています。リボンはあえて細いものを。



皆様、お好みで上手にアレンジされています。全ての作品を撮影しましたが、私の技術不足でピンボケしてしまっている画像もあって、すみません、キレイに撮れている作品のみをUPします。


DSC00047.JPG
シャリンバイの黒い実や緑の葉をベースにたくさん使われて、大人シックな作品。ゴールド系で統一してオーナメントを選ばれています。ツヤを生かしたいということでスノースプレイはなしです。


DSC00042.JPG
唐辛子の赤と渋いチェックのリボンがカジュアルシック。

DSC00034.JPG
サテンのリボンをバラのように作られてポイントにされています。こんなリボン飾りがサッと作れるなんてすごくないですか?


DSC00065.JPG
松ぼっくりやキラキラのオーナメントをふんだんに飾られて、とてもボリューミーな作品。南京ハゼの使い方が立体的で近くで見ると動きのあるリースです。カールしたリボンがお気に入りなんだそう。


今年も素晴らしい出来栄えのリースばかりです。今頃はもう各ご家庭の玄関ドアにかけてあるんだろうな〜。2014年も残すところあとひと月。ますます気忙しい日々となりますが、クリスマスまでリースと共にワクワクしながら過ごしていただきたいです。

明日はワークショップの最後、ティータイムのテーブルを紹介して締めたいと思います。よろしければまた覗いてみてください。


officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:06 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | イベント・セミナー・ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

ディアガーデンお客様感謝祭?!ワークショップのご報告-1

ディアガーデンのお客様をご招待してのクリスマスリースづくりのワークショップ週間、お陰様で無事終了いたしました。まだ数名ご都合で来られていませんが、ひとまずご報告です。

たくさんのお客様にお越しいただいて、楽しい時間を一緒に過ごさせていただきました。お庭のことやご家族の近況、同じ女性としてのちょっとした悩みなど話題は尽きなくて、ご無沙汰してしまっているにも関わらず、気さくにお話していただいて、本当にあっという間でした。

お庭をデザインさせてもらうときご希望を色々と伺います。普段どういうふうに過ごしておられるのか、また将来お庭でどういうふうに過ごされたいかなど、その方の生活についてお話が及んでいきます。何度も打ち合わせを重ねていると、お客様やご家族のお人柄に深く触れることになり、単に仕事の枠を超えたお付き合いが出来るときが多いです。ですから、ご無沙汰してしまっていても、こうして会えるとすぐフレンドリーに接してくださって。私は幸せ者です。


ワークショップでは、内容を考えることから始まり準備段階では色々とありますが、楽しそうに作られているご様子を見るとき、企画して良かったなーって思います。何より嬉しいのは、お客様の笑顔です。作られたものを気に入ってくださって誇らしげに作品を見つめるお顔、それはそれはいい表情をしていらっしゃいます。そのお顔を見ていると、嬉しさがこみ上げてきます。心の中で「Yes!」と小さくガッツポーズです。



製作中.jpg
お話しながらも手を動かしていくうち、いつの間にかいい感じにリースが出来上がっています。単純作業の繰り返しなのに、初めてでも「売れるんちゃう?!」って思うほど立派なリースが完成します。この作り方、我ながらいいと思う!!!


あるお客様がリースを飾られた様子をブログに書いてくださいました。まるでお洒落なお店のエントランスのようで、とっても素敵です。是非ご覧下さい。コチラ→日々の雑記ノート


皆様お気遣いくださって手土産をいただき、本当にありがとうございます。ご自宅で作られた立派なお野菜や手作りケーキ、有名ブランドのチョコ、地元の美味しいスイーツなどなど毎日毎日美味しいものに囲まれて、私はなんて幸せなんだ〜。



DSC00057.JPG
スイスのプレミアムチョコレートブランド「Lindt(リンツ)」のボンボンショコラ(リンドールというのだそう)。この倍はありましたが、ついつい手が伸びてあっという間に半分になって慌てて撮影。自分ではなかなか買えないので嬉しいです。


明日は出来上がった作品をいくつか紹介させてください。そして、あさってはおもてなしをしたクルスマステーブルコーデをUPします。


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 22:41 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | イベント・セミナー・ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

生活感を醸し出すアレの話

普段は静かなディアガーデンの事務所、今週はクリスマスのワークショップをしているので毎日お客様に来ていただいて賑やかです。クラフトづくりを堪能していただいた後は、ダイニングルームに移動してのティータイム。ちょっとした女子会のノリでお喋りに花が咲いています。


皆様に余韻を楽しんでいただきたくて、テーブルセッティングも私なりにクリスマスっぽくしてみました。ナプキンもないくらいカジュアルなスタイル。でも折角のクリスマスなのでキャンドルも灯したりして、セオリーとは違うと思いますが、まぁ雰囲気、雰囲気。


その様子はまた後日UPする予定で、皆様に驚かれるあることをご紹介。今日のお客様にもそのことを話すと「へーッ」って感じで「こういうことブログに書いたらいいのに〜。」って勧めてくださいました。自分では何とも思っていませんが、皆様妙に感心してくださることです。


我が家では食事中に口とか手を拭くときは、ナプキンは使わずにティッシュで済ませています。ティッシュの箱って、普通に置くと生活感が出すぎてしまいますよね。箱に意匠はいらないのにと思うのは私だけ?それでカバーを探すのですが、嵩高くなってしまったり過剰にデザインされていたりして嫌なんです。

見えないところに隠してしまって、でも使うときはサッと取り出せたらなー。テーブルの周りでなんかいい場所ないかなーと探していたら、ありました!テーブルの下です。しかもちょうどキッチリしっかり挟まるところを発見しました。

こんな感じ↓↓↓


DSC00046.JPG
変な画像ですよね(汗)ダイニングテーブルを下から撮りました。ティッシュが2箱収まってます。


このテーブルはエクステンションタイプ。伸長用の天板を支える部材がついていて、そこがちょうどティッシュの箱を支えてくれるのです。何かで貼り付けることもなくただ挟まってるだけなので、取り替える時もストレスなしです。食事中拭きたいときは、机の下に手を伸ばし、軽くひっぱるだけ。隠れているのにすぐ取り出せて気持いい〜。


本当ににくだらないことでスミマセン。でも「ティッシュはここです。」と言うと、皆様なぜか感心して下さるのです。こうした小さな生活感を一つ一つ消していくことが、スッキリと暮らすには大切なことなのかなぁ。どうでもいいものだけれども、適当に処理すると適当な空間になってしまいそうで。どこのご家庭にも使えるワザではありませんが、考え方のヒントになるでしょうか。


因みに他の部屋でもティッシュの箱は引き出しの中に入れてあり、全く見せないようにしています。


officialsite-logo-banner.jpg


タグ:室礼
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 16:25 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

シャリンバイ、見れば見るほどいい感じ

ここのところほぼ毎日クリスマスリース作っているマブチです。

そりゃ11月末ともなれば、気分はプチ師走でイルミネーションなんぞ見れば、あぁクリスマスって思うけれど、普通に仕事しているとまだそんな気分でもありませんよね?それが私の場合は、準備やらなんやらで11月半ばからずっとクリスマスムード全開で。たぶんイヴイヴあたり、世間様が盛り上がっている頃はね、恐らくもう燃え尽きているんじゃないかと想像しています(笑)


リースの材料で、シャリンバイの実を使っていますが、見れば見るほど魅力的。お洒落やわ〜って思います。


冬のアレンジ2.jpg
黒いツヤツヤしたのがシャリンバイの実です。フラワーアレンジメントにもよく使われます。


シャリンバイ、昔ある店舗のお庭にたくさん植えたことがあります。その当時は落葉樹は植えて欲しくないというお店の方のご希望があったので、常緑で花が咲いてそこそこ刈り込みに耐えるものということで丸葉シャリンバイを提案したのです。生垣の足もとに低木系でボリュームを出すという用途もあって。


バラ科なので、花は野ばらに似た白い小さな素朴なもの。ちょっと地味だったかしらね〜って当時自分の中ではビミョウな感じでした。でもこの黒いお洒落な実を見ていると、いやいや、結構アリなんじゃないかと。今の私なら、深緑で肉厚の葉と黒い実を生かすためにシルバーグレーの葉を編みこむように沿わせたい。毎年こまめに形を整えてクリクリにしてやろうかとか、面を出してモダンに仕上げたらどうだろうかとか、色々頭の中でデザインを考えて悦に入っています。


シャリンバイ2.jpg
ほっとくと2m以上にもなるシャリンバイ。葉は荒く面を作ってくれるので、形を整えるとかなりまとまった眺めになります。


アフターガーデニングでリースやアレンジメントにも使えるし、私だけかもしれませんが今イチオシの木です。広いスペース向きで庭の骨格づくりにピッタリな木。いかがでしょうか?


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:01 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

おでん大好き

実家から野菜が届きました。畑で採れたての大根やほうれん草、菊菜などの冬野菜いろいろ。

しばらく実家に帰れないとき、母はよく「スーパーで買ったとしても(値段が)しれてる野菜ばっかりやけど、たくさん採れたから食べて。」と言って送ってくれます。母や弟が作った野菜、無農薬だし心がこもっていてとっても美味しいです。本当にありがたい。父が亡くなってから、弟はガーデニング歴ゼロだったのに田んぼと畑を引き継いで、たった2年ほどでやれるようになったんですよ。我が弟ながらアッパレです。


帰省したときには、畑に行って自分で収穫させてもらいます。あぁ畑っていいなって羨ましく思います。私も小さくていいから畑が欲しい。畑では野菜と切花を一緒に作るんだ〜(←妄想スイッチ入りました)果樹も何本か植えて、傍にはベンチを置こう。そうだ、堆肥を作る場所も欲しいな。小屋もいるな。いっそのこと、そこでディスプレイガーデンも作って・・・って全然小さくないじゃん(笑)


届いた大根で今晩はおでんにしました。たっぷり二日分。



DSC00028.JPG
小鹿田焼きの7寸皿、おでんによく合います。好きな具は大根、ゆで卵、餅巾着、じゃがいもってところ。大根は下茹でしてから煮るとお出汁がしゅんで(染みてという意味です)美味しくなりますよね〜。


明日からはいよいよディアガーデンのお客様をご招待してのワークショップウィークです。年に一度の感謝祭のようなもので、クリスマスリースを一緒に作ります。お陰様でご予約たくさんいただいており、お客様から庭の様子や近況など聞かせていただけると思うと、とても楽しみです。その様子はまた週末にでもご報告しますね。


実家の大地のパワーを美味しくいただいて、心身ともにチャージできましたので、ワークショップ頑張れそうです。


officialsite-logo-banner.jpg



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 22:19 | 滋賀 | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。