2014年08月31日

アンティークジェダイ


私は、小さいことでもすぐ驚いたり感心したりするタチなのですが、ここ最近これ程驚いたことはありません。個人的なことで、他人が見るとどうでもいい話なんですけどね。


昨日、夫がネットで注文したらしい荷物が届きました。よくあることで、あまり興味もなく、嬉しそうに箱を開けてる姿だけ見ていました。で、箱の中から出てきたのが、ナント食器!しかもそれが、アンティークのジェダイだったんです。食器なんてまるで興味ないはずの彼がなんでまた??? 嬉しいけれど、びっくりしたー!



ジェダイマグ.jpg
60年代のジェダイのマグカップ。私の分も買ってくれました。ヽ(´▽`)/ワーイ


ジェダイといえば、私の中ではマーサなんです。マーサって、ご存知アメリカの億万長者でカリスマ主婦のマーサ・スチュワート氏のことです。彼女の番組を20代のころからずっと見ていて、キッチンのセットによくジェダイがズラーッと並んでいたのを覚えています。時々特集も組まれていましたし、独特の翡翠色を背景に、マーサが美味しそうな料理を色々紹介してくれてました。あのぽってりとしたデザインが、如何にも古き良き時代のアメリカって感じで、とても印象に残っています。


あまり詳しくは知りませんが、ジェダイというのはファイヤーキングという食器の種類名で、説明書によると、アメリカのアンカーホッキング社が1940年代〜1980年代まで製造していた耐熱ガラス食器のことだそうです。他にもホワイト、アイボリー、ターコイズ色があるそうで、好みが分かれるところです。ミルクガラスって言われているように、何とも優しい色めばかりなんですよ。


夫は雑誌でこのマグを見て、一目惚れしたみたいです。「きれいだと思って。」としか言わないんですけどね。コーヒーを入れると、透けて見えるのが面白いです。よほど気に入ったのか、今朝は朝ごはん作ってくれて、ジェダイのマグにコーヒー入れてくれました。


ジェダイモーニン.jpg
ジェダイのマグが主役の朝食です。私は花だけ用意して、後は全部夫がやってくれました。ヽ(´▽`)/ワーイ。美味しかったです。


いいぞ、いいぞ、夫よ。この調子でもっとやってくれたまえ!彼は元々やれば出来る人なんです。普段は仕事がハード過ぎるので、主に私がやってるんですけど、料理とか洗濯など家事全般頼めば、あまり嫌な顔もせずやってくれる、本当に手のかからない人です。


あぁ、人に作ってもらうとなんでこうも美味しいんでしょ。このまま褒めて伸ばそうと企んでいるマブチです。食器に興味を持ってくれたなんて、嬉しい驚きです。ジェダイきっかけで、二人で楽しめることが増えるといいな。





web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 12:24 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

信頼について思うこと


先週、盲導犬が刺されたニュースが報道されましたね。盲導犬は、人間を信用させて人間の為に仕事をする様に特別に育てられた犬。あんな仕打ちをうけても吠えもせず仕事を続けていたなんて、胸が痛くなります。なんてひどいことをするんだろう。刺した人の心の闇はどれほど深いのかと、悲しくなります。犬は体の傷は治っても心の傷は生涯残るでしょう。人間を信頼してくれた犬の尊い気持ちはどうなるんでしょう?


信頼するとか、信頼されるとかいう関係は、何にも増して尊いものだと思います。お互いがその関係に当然のように答え合うことで、深く愛を確かめ合うことができますもの。


CIMG0003_2.jpg
あなたがいてよかった♡


家族は母親が出した食べ物を無条件に信頼して食べます。信じきって一生懸命食べる子供の顔は、母親の心をきっと満たします。時々思い出す飼い犬の、私に対するあの親愛に満ちた眼差し。当然愛されると信じきって足元にまとわりついてきた、あのくすぐったい程の甘い甘い愛情は、私を相当満たしていました。自分という人間の存在価値が、そこにあるようで嬉しくなってしまうのです。


その飼い犬を亡くしたとき、母の手料理を食べながら一緒にビールを飲んで、思い出話をしていた時の話です。たぶんこれから先、もう犬は飼わないと思うと言うと、「そう言うと思ったわ。あんたのことやから、ラルフに変わる犬はいーひん(いないという意味)し、ラルフ以上の犬もいーひんと思っとるんやろ?」ってフツーに言ってくれたとき、「なんでわかるん?!」と驚いてしまいました。本当に一字一句違わずそう思っていたので、びっくりして。母は当たり前やんって顔してましたが、お母さん、私のことホンマにわかってくれてると感じて、信頼と親愛の気持ちが益々深まりました。以心伝心というんでしょうか。


母の話ついでで余談ですが、不思議なことがいろいろあります。突然虫歯でもないのに、歯が痛くて痛くてしょうがなくなった時がありました。それまで歯医者にはほとんど行かなかったのに、耐え切れず駆け込んだくらいです。後で聞いたのですが、同じ日に母が歯を抜いたらしいのです。痛くなったのは、ほぼ同じ場所というのもビックリでした。またある時、突然頭の中で、私の名前を呼ぶ声がして、それが母の声でした。夜中お湯につかっていた時で、今でもその感覚をはっきり覚えています。またまた後で聞いたら、その時は別に何もなかったので、何だったんだろうで終わったのですが。そんなこともあって、やはり母とは何か特別なものでつながっているという気がします。



信頼する気持ちは、ひとつでも多く持ちたいです。家族以外でも、たくさん。安易に信用するのもどうかと思うけれど、まず自分が信頼しないと親愛な関係までは、繋がらないのではないかしら。自分だけで完結できるものは何一つないと思うから。



officialsite-logo-banner.jpg



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 19:01 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

綺麗色の服


空がもう秋を感じさせます。秋雨が一気に季節を進めたようですね。一年で一番好きなシーズンのはじまりです。昼間はまだまだ暑いのですが、ファッションはもう夏物ではないような。色だけでも秋色の方がピッタリな気分。


前庭08-03.jpg
ディスプレイガーデンでは秋の花、秋明菊がもう咲きました。昨年は9月12日が最初の開花日でしたのに。半月も早いなんて!


ファッションのトレンドカラー、2014年秋冬は、久しぶりにピンクがきてるし、憧れのロイヤルブルーも選ばれているみたい。アースカラーも好きなのですが、年齢的に肌がくすんで見えてしまうようで、以前ほど惹かれません。モノトーンは定番ですからいつの時代も素敵ですが、とりわけ色物で言うと、地味色よりも、綺麗な色の方が、好きになってきました。


それに実際、綺麗な色を着てみて思ったのですが、俄然元気が出ます。気分良くなるので、何事も前向きに捉えられるし、楽しく過ごせるんですよ。差し色としてどんどん取り入れています。T.P.Oもありますが、服って、やっぱり着てウキウキしなきゃ、楽しくなきゃね。



前庭08-04.jpg
日差しが少なかった今年の夏。それでもジニアは何とか咲いています。今が一番見頃かもしれません。オレンジって夏にも秋にも似合う色です。



綺麗な色を着ても、「派手」ではなく「エレガント」に見えるというのが理想ですね。そこにはやっぱり人間的魅力+知性が必要かな。BSプレミアムで放送していた「The GOOD WIFE」の主人公アリシアのファッションが、世代的に見てちょうどいいお手本でした。(リーガル・サスペンスドラマで、シーズン4が昨日最終回。5はいつ放送になるのかなぁ。待ち遠しいです)


人情があって仕事も出来るアリシア。弁護士だから、いつもスーツかワンピースなんですが、モダンなデザインで綺麗な色の服が多く、とってもエレガント。アリシアより年上で上司のダイアンは、更にゴージャスな雰囲気がプラスされていて、いつも重たそーなアクセサリーをつけているんです。ストーリーも毎回ドキドキなんですが、二人のファッションを見るのも楽しみなドラマでした。


年を重ねると、どんどん身体は衰えて丸みも帯びてきて、合う服も少なくなるでしょうが、だからと言って、地味になる必要ないと思います。綺麗な色から元気をもらって生きていきたい、そしてできれば生涯仕事をして、外に出ていたいです。やっぱり家に閉じこもっていては、お洒落するにも張り合いがないですからね。願わくばその仕事で、少しでもいいから何かのお役にたてればと思います。



officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 19:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

隣街でコウノトリ発見(私じゃないけど)


今日図面の納品で、引取りに来ていただいた方から聞いた話なのですが、その方、ツガイのコウノトリを見たとおっしゃるんです!


わざわざデジカメを持ってきてくれて、画像も見せていただいて、びっくり。本当にコウノトリでした。ディアガーデンのある近江八幡市の隣、東近江市の川で見かけられたそうです。コウノトリといえば、国の特別天然記念物。私の故郷兵庫県にコウノトリの郷公園というのがありまして、人工飼育と繁殖、保護を行っていて、どうやらそこで放鳥された2羽らしいです。


ウェブサイトを見ますと、東近江市で確認されたという情報がちゃんと掲載されていました。(→コチラ)サイトによると、2羽の名前はJ0022、J0072というらしいです。履歴をみると、結構滋賀県に飛んできているんですよ!湖北にはコハクチョウやオオワシも飛んでくるし、滋賀県って、野生動物にとって住みやすいところなのかも。

葦原と西の湖.jpg
滋賀県は琵琶湖を中心に湿地も多く、そこはたくさんの野生生物の栖となっています。いいところです。この画像は西の湖にヨシが群生している景色です。ヨシは水質改善の役目があり、すだれや夏障子などの材料にもなっているんですよ。


いいなー、私も一度でいいから見てみたい。(でも、その瞬間が来ても、気づかなさそうですが。気づかない自信、結構アリます 汗)コウノトリは、全体的には鶴と似ていますが、もう少し小さくて、でも翼を広げると2m程もあるそうです。飛んでいる様は、さぞ美しいことでしょう。できることなら、飛んでいるところを見てみたい・・・。(飛んでいると、普段ボーッとしている私でもさすがに気づくと思うんです)


平成26年4月現在で、野外の生息羽数は約70羽に達し、そのうち野外生まれは50羽を越えたということです。その中の2羽が来てくれたんですね。滋賀県の川が綺麗な証拠ですよ。コウノトリはドジョウやフナ、カエルなどを食べるそうです。コウノトリが生きられる環境は、汚染されていない自然豊かな環境で、私達にとっても、いい環境ということですものね。

そういえば、19世紀イギリスで活躍した偉大なデザイナー、ウイリアム・モリスは「一流のガーデナーは野鳥に想いを馳せるべし。」と言っています。ガーデナーは自然をお手本にしながら、庭づくりをしていますし、庭は小さな自然でもあります。野鳥が来る庭は、安全であり食物連鎖の一助となり得ている可能性があるのです。野鳥を想うということは、そういう意味だと思うのです。


私にコウノトリの話をしてくださった方、「なんかええことあるやろか?」って子供みたいに言っておられました。滅多に見られるものではないので、絶対いいことありそうですよね。昔、仕事帰りに寄ってくれ、黒ラブの赤ちゃんを抱っこさせてくれた方、とても可愛らしい方なんです。(随分目上の方ですが、すみません。純粋という意味で)「ええことあったわ。」と嬉しげに報告してくれるお顔を見たいな。



officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 20:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

造園工事奮闘中


このところの大雨で、工事中の現場のぬかるみ様といったら、もう!大変です。地盤が粘土質なので、水はけが悪いこともあってドロドロです(苦笑)。毎日2回の豪雨に泣かされています。豪雨って大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にバケツをひっくり返したというのはこれかと思う位降るんですよ。


ぬかるんだ所にうっかり足を入れると、埋まりそうな程で、気をつけていないと足を取られてしまうくらいです。土砂災害の現場では、どれ程ご苦労されていることでしょう。救出活動が進むことを切に祈ります。


DSCN1355.JPG
グチョグチョでも掘らないと!で、掘った後に豪雨でしょ。雨が止んだら大きな水たまりが出来て、更にグチョグチョ(苦笑)


8月のほとんどが雨だったような気がします。ここに来てやはりというか、ナスやきゅうりといった夏野菜の値段が上がってきてます。処暑が過ぎ、雷雨ということは、普通で考えると季節の変わり目。秋の空気に入れ替わる頃合でしょうか。工事中はとかくお天気うかがいばかりです。天気予報を見るのが仕事の一部になります。晴れ間は日に5時間あるかないかので、そこを狙ってコンクリ仕事や植栽仕事をしています。私は、ただでさえ工程が遅れがちなので、それを止めないようスムーズに回せるように動くのみです。



アラカシ植樹.jpg
6m位もあるアラカシを植えているところ。時期的な問題、地盤の状況、電線など、諸々考慮して植えている最中。木の負担を減らすため随分剪定して、幹にもテープ巻いて。今日の13時頃の様子。こんなに晴れていても2時間後には豪雨だったんですよ。



今日は段取り上、先発で大きな木を1本植えました。まだ始まったばかりで、これからどんどん植えていく訳ですが、それまではとにかくベースづくりという地味な作業をキチンとやります。



officialsite-logo-banner.jpg


タグ:庭の施工
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 19:33 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | 施工現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。