2014年06月30日

夏越しの祓に行ってきました。


さて、本日は6月30日、一年のちょうど半分が終わりました。今日は夏越しの祓の日です。


都合付けていけたらなーと気合いをいれて、朝、事務所を出たものの、案の定仕事が押して、なんとか地元に帰ってこれたのは19時過ぎ。もうあたりは薄暗くなり始めていましたが、自宅からほど近い日牟禮(ひむれ)八幡宮にて無事お祓いを済ませることができました。


夏越しの祓2.jpg
日牟禮八幡宮、古くから近江の守護として祀られている八幡様です。18時に大祓式という行事があった様ですが、残念ながら終わっていました。私が最後かとおもいきや、同じような方も数名いらっしゃいました。



越しの祓とは、人が知らず知らずのうちに犯した罪や過ち、心身の穢を祓い清めるための神事で、毎年6月と12月の2回、その月の末日に全国の神社で行われます。祓いの方法は、人形にけがれを移して水に流す方法と、「茅の輪くぐり」というちょっと変わった方法の2つあります。茅の輪くぐりというのは、神社の境内に、直径二、三メートルほどのカヤを巻きつけた輪が置かれ、人々はそれをくぐることによって身の穢を祓うというもの。そうすることで、夏の恐ろしい伝染病や水の災難を防ぐことができると考えられたのです。



夏越の祓え1.jpg
よかったー!茅の輪がまだありました。ここを∞になるように3回くぐって最後は本堂にお参りします。


輪をくぐるたび、茅の青い香りが、体に染み入るようです。輪の前でくぐる都度手を合わせるのですが、3回の間に、すっかり邪気も祓われたような気になります。とっても穢れているマブチですので、神様もさぞ驚かれていることでしょう。最後に本堂で、残り半年、元気に良い仕事ができますように、お役にたてますようにと、お祈りしてまいりました。


このあと、水無月といって、三角のういろうに甘く煮た小豆を散らした和菓子を食べるのですが、境内にある和菓子屋さんは改装中でしまっているし、更に運転して別の和菓子屋さんにいく気力もなく、今年は諦めることに。


このような行事、ダラダラと過ごす日々の節目となって、気を引き締めるのに効果テキメンです。あと半年、気持ちも新たに頑張ろうと思います。



officialsite-logo-banner.jpg







web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:23 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ始めて3周年


いつもブログを読んでくださってありがとうございます。昨日は一日で630pvとたくさんのページを見ていただきました。ブログを始めて3年、毎日ブログを更新するようになって40日程になります。投稿記事数も406になりました。ガーデニイグ&ライフスタイルがテーマのブログで、ディアガーデンの仕事やデザイナー馬渕という人間を手軽に知っていただけたらという思いで書き始めました。


一方、季節感や日本の年中行事、室礼といったことも意識して書いてきました。庭づくりは、常に自然をよく見て学ぶことが大事だと思っていますが、そうすると季節や日本という国、日本人としての自分を感じずにはいられないからです。



CIMG0161.JPG
最初の投稿は、夏の室礼についてでした。写真も小さかったなー。


夕焼け1.jpg
2回目は西の湖ランニング。そんなことしてたのねー笑。琵琶湖の内湖である西の湖の落日の様子です。私のブログでは琵琶湖は何度も何度も登場します。だってきれいなんだもん。


これらのテーマをこれからも引き続き深く掘り下げて行きたいと思います。よろしければお付き合いくださいませね。


今日は6月30日、ちょうど一年の半分が過ぎようとしています。ご存知でしょうか?今日は日本各地で夏越しの祓いという行事が行われます。半年の穢れを祓い、無病息災を祈ります。私もできれば、仕事終わりに行きたいと思っています。間に合うかどうかは仕事の進行しだいなので、いまから気合を入れます。


行けたら様子をUPしますね。



officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 07:48 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

苔の可能性


梅雨の時期、アジサイと並んで生き生きしているのが苔です。苔の種類は2万とも言われていて、造園材料でよく使われる杉苔なら見たことあるという方も多いでしょう。



杉苔.jpg
フワッフワッの杉苔、大好き。日当たりがよく、雨や夜露にあたる場所が適しています。乾燥させすぎると焦げ茶色になって枯れてしまいます。で、違う種類の苔が生えてきたりして。青々と保つのを目指すと疲れます。全体的になんとなく緑だったらOKじゃないでしょうか。



苔は太陽の光と水だけで生きています。地面から栄養分を吸い上げる必要がないので、根はあまり発達しておらず、主に地面や石などに張り付くために存在しています。気をつけて見ていると、結構身近に色々な種類の苔が。雨上がりに散歩をしていると、歩道の隅で、茶色く枯れているようだった彼らが息を吹き返して、生命を謳歌している様に出会えます。



道端の苔.jpg
道端の苔。生きてるぞーって言ってる。「頑張ってるね。」と撫でてあげる。結構きもちいいです。



時々、そんな道端の苔を、連れて帰ってアレンジすることもあります。きれいに洗って草盆栽の根締めに使ったら、見違えました。苔は観葉植物ほど場所もとらず、気も使わずに育てることができますので、おひとついかがでしょう?苔だけというよりも、何かと組み合わせるとインテリアに映えますよ。


草盆栽.jpg
小さな自然が部屋にあると、空間が生き生きしてきます。蒸し暑い季節に、爽やかなアレンジでしょ。



苔玉.jpg
人気の苔玉。この苔はハイゴケといって園芸店で手に入ります。1パック500円くらい。



tokyo-cafe.jpg
これはフェイクの苔だと思います。東京のとあるカフェのインテリア。苔のモコモコした感じが可愛いなーと思って。



苔、造形的に面白いことが色々できそうな植物です。来月のコミュニケーション・ガーデニング講座でも使おうと思っています。「テーブル・ガーデン」がテーマの回なんですが、モダン和風なインテリアグリーン、かなりお洒落なものになりそうです!


 
officialsite-logo-banner.jpg

 
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 11:14 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

家の顔、意識してますか?


雨に洗われて、緑したたるディスプレイガーデン。今日は水遣りをしなくてもしっかり濡れているので、ざっと掃除をします。

湿気があるため、汚れも緩んでいますので拭き掃除中心です。玄関まわり、特に扉や表札、ポスト、インターホンはいつも綺麗にと心がけています。ここはお客様や届け物をしてくださる方々が、必ず目にし触れる場所です。埃の溜まったインターホンを押すなんて、自分だったら嫌じゃないですか?同時に蜘蛛の巣がないか点検しましょうね。蜘蛛の巣はガーデンにあると、芸術作品に見えるのですが、玄関にあっては印象がダウン。陰気で汚れた印象になってしまいます。



前庭06-1.jpg
毎日でなくても気がついた時に拭く程度でよいのでは。光り物は光らせておくのが綺麗に見えるコツでしょうか?



玄関は家の顔と申します。それは、家族以外、第三者の視線を意識して出た言葉だと思います。でも、我が家を訪ねて来られたお客様や道行く人の目線で考えると、いきなり玄関にたどり着く訳ではありません。公道から徐々に近づいてくるのであって、その時は家全体を見て「○○さんのお宅だ。」と認識されます。ですので、玄関というより前庭含めた建物の正面外観全体が「顔」なのだと思います。



前庭06-6.jpg
ウェルカムの気持ちを表しているつもりのディアガーデンのファサード。何もありませんが、季節の生き生きした植物だけはたくさんあります。一応前の歩道も自分ちという意識で縁石周辺までは掃除します。



自分の顔は、それなりにお化粧して整えるのに、家の顔がおざなりとはいけません。要所要所を他人目線で見るだけで意識が変わってきます。

働いておられる方々にとって、朝夕の慌ただしさったら半端ないですよね。ですから、毎日じゃなくても出来る時に10分位で十分だと思います。順番にできるところをササッとやっちゃいましょう。例えば水遣りのついでに花ガラ摘みとゴミ拾いの日もあれば、水遣りしない日は拭き掃除、ゴミの日は掃き掃除をしてゴミと一緒に捨てちゃう。こんな感じでも綺麗の印象は保てるのではないかと思います。


前庭06-2.jpg
オレンジ色がアクセントカラーになってる花壇ですので、時には服(これはスカート)も併せてみたりして。掃除している姿も美しく?が理想ですよね。



ディアガーデンの前庭、車や自転車で通り過ぎる方がほとんどです。ですので、近づいてみないとわからないディテールを紹介しますね。よく見ると「アレ?」という部分を作るとガーデンはどんどん面白くなってきます。



前庭06-4.jpg
斑入りの葉っぱの間からノコギリソウが覗いています。オレンジのアクセントカラーにちょっとニュアンスをつけてる。植物の色々なフォルムが楽しいです。



前庭06-3.jpg
オレンジの影色、銅葉の植物もいろいろあります。手前はアルストロメリア「インディアンサマー」奥にニョキッとあるのが夏の花カンナ。真紅の花が咲く予定。



前庭06-5.jpg
ヤブコウジも雨に濡れてツヤッツヤ。よく見ると可愛らしい花がいっぱい咲いてます。これが冬になると真っ赤な実になるんです。



きれいに掃除すると、植物も益々よく見えるように思います。モチロン自分もスッキリ&さっぱりして、気分良くなります。いつ訪ねてこられても慌てることのない気持ちの余裕、それがその人の雰囲気にも影響するのではないでしょうか?


officialsite-logo-banner.jpg



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 11:11 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

梅仕事2014


先日ご近所の方に青梅をいただきました。今年の梅仕事、何にするかなってちょっとだけ悩んだ末、砂糖漬けと醤油漬けを作ることにしました。これまで梅酒や、梅干し、梅ジャム、梅シロップ、梅肉エキス、と色々作ってきましたが、そういえば調味料的なものやデザート的なものは作って無かったなーと思って。しかもこれらは、仕事とは呼べないくらい仕込むのもカンタンなんです。


梅仕事を始めて5年。仕事にかまけて、年々手間のかからない方に流れて行ってる気がしてます。夫の実家には梅の木があって、今は亡き母が、昔ながらの酸っぱい梅干しをたくさん仕込んでいたっけ。物凄ーく手間のかかる梅肉エキス、民間薬なのですが、ごく当たり前に作っていて、夫も子供の頃お腹の調子が悪いときなどに舐めさせてもらったらしい。梅の木や紫蘇を栽培することから始まり、自然からいただいたものを無駄にしないよう知恵働かせ手をかけ、多種多様な保存食を生み、食の力で家族の健康を守る。本当の梅仕事とはこういうものを言うのでしょう。愛なくしては出来ようもない女の仕事です。


ume1.jpg
きれいに洗ったのちアクを抜くため2〜4時間水に浸します。ちょっと熟れてきたみたい。なんとも美味しそうな色です。



青梅の醤油漬けは、醤油に漬け込むだけで超カンタンです。レシピによると、梅風味の醤油は、「冷奴やお刺身等夏の食卓に重宝する。実はご飯のおかずやお酒の肴に。」と書いてあり、砂糖漬けの方は、「爽やかな夏のデザート。漬け汁は水で割るとジュースになります。」だって。これを読んだら、そそられちゃって。1kg強あるので、半分づつ仕込みました。


ume2.jpg
煮沸消毒した瓶に梅の実と調味料をいれるだけで、あっという間に仕込み完了。あと気をつけるのは、実の表面を乾燥させないようにすることと、時々振って全体をなじませることくらい。体にもよくて美味しいなんて、最高ですね。


醤油漬けは20日後に、砂糖漬けは2週間程して砂糖が溶けたら食べられます。楽しみだな〜。どちらも冷蔵で半年〜1年はもつそうです。(たぶんすぐなくなりそうですが)


梅をいただいた方にもお味見していただこうと思っています。気に入ってくださるかしら?


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 07:35 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。