2014年04月21日

LIFE!


遅ればせながら「LIFE!」を見てきました。大人の冒険的なストーリーで、元気付けてくれそうだし、映像がすごく良さそうだったので、これは劇場で見ないと、と思って。気づけば、今週いっぱいで終了の予定。ギリ間に合いました。

IMG_20140421_132647860.jpg
久しぶりのシネコン。すぐ近くにあるので、いつでも行けると思ってつい見逃してしまいます。平日だといつもガラガラ。最終週なので、吹き替えONLYだったのが残念(吹き替えの方によっちゃー感動をそがれることもあるのよね)


素敵な映画でした。実直で妄想癖のあるウォルターが、人生を一変する旅に出る物語です。

できないことは、できないと自分が決めるから、絶対できないことになってしまう。いつでも扉を開けることができるけど、それも自分次第なんですね。でも、地道に頑張ることがつまんない人生かというと、それは違う。見ている人は必ずいて、そんな人が案外新しい人生のきっかけをくれたりするんですね。一つ扉を開けると、怒涛のように展開してく感じ、私も仕事を通して感じることがよくあります。どうなっちゃうんだろ?自分って。でももう引けないし、やり遂げるしかないみたいな。規模は全然小さいですけどね(笑)

なんといってもCASTがよかったな。ショーン・ペンが渋い!大自然をかっこよく切り取る映像も、音楽も。スカッとするシーンや(ベン・スティラーの映画なので)笑えるところもたくさんあります。大どんでん返し的なことはあるにはあるけれど、ラストは先読みが過ぎる性格が災いし、泣けず。( ゚∀ ゚)アラー

 
ネタばらしにならない範囲で少しディテールにふれてもいいですか?ウォルターが例によって妄想しながら自転車に乗っていて、まともに標識にぶつかってコケるシーンがあるんですけど、私、これと同じ人見たことあります。通りを挟んでですけど。ぶつかったとき、すごい音がするんですよ。めちゃくちゃ痛そうでした。なんというか、軽く弾き飛ばされる感じです。その人、こっちを見ていたんです。私じゃないですよ、うちのワンコを。幸い怪我もなさそうで良かったのですが可愛すぎるのも罪ですね。よそ見はいけません。

映画の中で出てくるLife社のモットーにグッときましたので、最後にご紹介します。この映画のメッセージは、きっとここに凝縮されていると思うの。実際に体験して感じることの素晴らしさ、辛いことも苦しいことも、嬉しいことも、全部。それこそが人生!

 
“To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, draw closer, to find each other, and to feel. That is the purpose of life.”




タグ:シネマ
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 17:58 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。