2014年04月05日

庭の存在


外回りをデザインさせていただいている仕事柄、様々な建物を拝見する機会に恵まれています。あー素敵だな、こういう間取りができるんだな、なんていつも感激しています。設備は日進月歩で驚く程です。

神様が作ったのもの以外は、自然と言わないとしたら、建物は自然界のなかでは特異な存在でしょう。でも、自然の中にあるので、将来的には自然に取り込まれていくものだと思います。だから、最初から自然にうまく馴染むような仕組みがあると、いい感じに変化していくのではないかしら。

CIMG4655.JPG
人が作った石積みが自然に帰っている感じ。もともと自然素材の石だから、馴染んでいます。この石垣、実は高さ2m弱!! でかっヽ〔゚Д゚〕丿


 
人も神様が作ったもののひとつです。そういう意味で自然の一部。自然の一部なので、人は、風が通って、日が差して、空や緑が見えると気持ちよく感じるんだと思います。ということは、そんな仕掛けを建物のまわりで用意すれば、建物はいい感じで自然に馴染んでくれるし、人も心地よく暮らせる。私は自分の仕事はここにあると思っています。

CIMG4656.JPG
同じ石垣の上部。幅もスゴイです。神様に近い最も場所、ちかくの古い神社にて。


人は生まれた時は自然そのものだけど、人によってどんどん人工化していきます。死ぬ間際まで、電子機器とつながってるなんて、江戸時代の人が想像できたでしょうか?それを悪いと言っているのではありません。私だってそうなるかもしれないし。でも、こうして改めて書くと、どこか違和感を感じるのです。

人はもはや自然の中では生きていけません。テクノロジーと街の喧騒、そしてそのまわりに静かに存在する自然の間で生きています。人工的な日常で、いつでも自然とつながることが出来る、そういう場所が庭です。庭ももちろん人工物なのですが、植物や木、石、水、空、風、などの自然素材を使っているので、自然に戻るスピードが早い、故にほぼ自然といっていいと思います。

いつでも自然を感じる場所があれば、人は暴走しないはず。人よりもっと大きな存在を認めざるを得ないから。目の前のことがちっぽけに感じてくる、そのことが人生の全てではないと、気づくから。そう思います。私の仕事の目指すところです。


officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 17:29 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

女性が元気になる映画


お気に入りのDVDをBGMがわりにして、庭のデザインを考えたりしています。日本のものだと、つい聞き入ってしまうので、海外のものをそのままかけています。そんなときに選ぶのは、映像がキレイで、音楽もいい、庭やインテリアが素敵、それでいて女性が輝いているというもの。

そういうDVDのうちの一枚。もう何度も何度も見てる(聴いてる)ので、ストーリーはわかっていて、それでも、最後ホロリとさせられる大好きな作品があります。ダイアン・レイン主演、オードリー・ウェルズ監督の「トスカーナの休日」。恋も仕事も頑張ってる女性なら、見終わったあときっとハッピーな気分になれる、そんな作品です。

 

トスカーナの休日.jpg
原作はフラシス・メイズの「トスカーナの休日」。以前、ピータ・メイルの「南プロヴァンスの休日」がきっかけで、南仏ブームが起こりましたが、それに通じるような楽しい内容です。

 
夫の裏切りで全てを失った女性が、旅先のトスカーナで衝動買いしてしまった古民家を再生していきます。ユニークな隣人、素晴らしい景色、美味しそうな料理などなど、人生を輝かせてくれる如何にもイタリアという要素がてんこ盛り。それらが、彼女の人生をも再生していくという人生讃歌的物語です。

 
この作品には、元気になれるフレーズがいっぱい出てきます。私が好きなのは、リンゼイ・ダンカン演じる破天荒な?イタリアン・マダムとの会話シーン。その瞬間を一生懸命生きてると、気がつけば望むものが手に入っている。そんなメッセージがあって、気力が萎えそうになっている自分を、また盛り上げてくれるんですよ。それに、結構笑えるシーンも多くて、ダイアンの演技が素晴らしいのは言うまでもないのですが、ものすごーくチャーミングなんです。

 
意地悪な見方をすると、単にお気楽な「娯楽映画」かもしれませんけど、そんな映画も女性には必要な時もあるんです。


ちなみに、この映画、本日(4月4日)13時からNHKBSプレミアムで放送されます。時間のある方は、どうぞ。オススメです。

 

タグ:お気に入り
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 09:42 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

畦で咲く冬知らず

4月になりついに消費税が8%に上がりましたね。ワタクシ、仕事に明け暮れ、駆け込み購入はできませんでした。欲しい物はあるにはあったけれど、品を絞り込めていないため、慌てて買うと後できっと後悔すると思って。皆様はどうされましたか?

 
ここ最近、日毎に周りの景色が変わっています。つい最近も、昼間にちょこっと犬と散歩していましたら、田んぼの畦に「冬知らず」がニッコニコに咲いているのを発見!「冬知らず」とはキンセンカ(カレンデュラともいう)の小型版で、毎年この場所で咲いているのです。一年草なので、種を落として増え続けています。

冬知らず2.jpg
なんて綺麗なの〜。これ、花壇ではありません!田んぼの畦です。オレンジとブルーという補色コーディネートが自然になされていることに注目!ブルーの花はオオイヌフグリ。

冬知らず4s.jpg
我が家の愛犬コーギーのラルフです。もうすぐ15歳。最近は足が弱ってきてて、おしっこも我慢できないので、短い散歩を日に何度も行くようにしています。やっぱり暖かいと外が気持ちよさそうです。

 
この時期、お散歩していると出会う定番の花たち。冬知らずやイヌフグリの他に、菜の花や梅、ジンチョウゲ、ビオラ、パンジー、ムスカリ、クリスマスローズ。サクラやチューリップ、レンギョウにユキヤナギ、レンゲやタンポポの見頃はもうすぐです。

自分の庭がなくても、人様のお庭や田んぼや山などで、十分に花の鑑賞はできるんですよね。でも、こういう風景って、見ようとしなければ、全く見えてこないものです。通勤路でも、下を向いてスマホばかり覗き込んでいたら、こんな風景に気づくはずもありません。なんか勿体無い気がするんですけど。


冬知らず1s.jpg
バシバシ撮っていると、犬が先に行っちゃいそうになって、「ラル子ーーー!」と呼んだら、この表情。


増税に伴ってかどうかわかりませんが、よく行く映画館のレディースデイサービスが廃止されていました(泣)高速の還元制度も変わったり、健康保険料の値上げなどなど、一般消費者には厳しい春です。でも、めげてなんかいられません。この冬知らずのように、強く美しく生きるのです!


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:00 | 滋賀 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。