2014年04月13日

桜の見納め-紅しだれコンサートin平安神宮


週末は、夜桜見物に出かけました。前回のブログで、愛犬と近所でのお花見散歩の様子を書きましたが、引き続き今日も桜ネタ。もうそろそろ関西では散り始めているので、これで見納めかなぁと思います。


平安神宮で毎年催されるイベント「紅しだれコンサート」。音楽を聞きながら、ライトアップされた紅しだれ桜を堪能します。あまりに美しい時を過ごせるので、すっかりはまってしまって、もう何年も通っています。


夫が、最近手に入れたデジタル一眼レフカメラで、楽しそうに撮ってましたので、その画像を紹介します。趣味とまでは、いかないまでも、撮るのは好きみたい。まだ花見をしていないという方や、平安神宮の桜は見たことないなーという方に楽しんでいただけたらと思います。



3.jpg
応天門をくぐって最初に見る景色。ここで既に世俗を離れて極楽に足を踏み入れたような気分になります。


1.jpg
夕暮れからどんどん変化する空の色、緋色の軒先もまた美し。


2.jpg
何もかも覆い尽くすかのように桜が一面に咲いて。言葉にならないとはこんな景色をいうのでしょうか。


5.jpg
今宵は朧月夜。なんとも風流な月でした。灯のせいか、空は群青に輝いて。


6.jpg
紅しだれ桜、一つ一つの花はこんなに可憐なのに、集まると幽玄の美。


7.jpg
園内にあるいつくもの池に映り込む桜。天井も足元も桜に包まれるためか、不思議な感覚に襲われます。


4.jpg
大池のほとりに佇む東神苑の貴賓館。ここがコンサートのステージです。(演奏中はもっと華やかに照らされていたのですが、撮影禁止)この日は、女性弦楽カルテットが、「荒城の月」を始め日本人に馴染みのある曲を演奏。広い園内、どこにいても、聞こえます。



園内にいるときは、まさに夢見心地。極楽ってこんな景色じゃないかしらと思います。もう、怖いくらいに美しい。もしも、一人でここにいたなら、きっとこの世でないと感じるであろう雰囲気です。(周りには人がいっぱいいるので、まだ平静でいられる)


桜はなぜこんなに美しいの?

夢の世界からこの世に舞い戻ったマブチ的超現実思考。日本人の桜好みが、かように多く塊で植え、大きく咲くよう育て、更に魅せ方にこだわる。儚さを知り尽くしているからこそ、見る方も何をおいても見ようとします。桜だけでなく植物は皆、其々美しいのですが、それを感じる者がいないと、美は知られざるものになってしまう。故に桜は美しい。



officialsite-logo-banner.jpg




タグ:お気に入り
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:22 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

ラル子15歳になる

うちの愛犬、コーギーのラルフ(只今の愛称ラル子)が、本日11日、15歳の誕生日を迎えました。もうすっかりおじいちゃんなんですが、益々かわいいラル子です。


いい天気だし、桜が満開なので、ラル子と花見をしようと思い立ち、近所の桜スポットへ行ってみました。徒歩15分くらいの三角公園が、うちの周りでは一番たくさん咲いているんですが、今のラル子では往復が辛い。


歩けなくはないかもしれないけれど、終いの方は超スローペースになってしまい、いつ帰れるのかさっぱり検討もつかないのです。昨年の話ですが、往復20分くらいで帰ってこられるだろうという距離が、1時間くらいかかったこともあって。その時の体調や気温にもよる様ですが、さすがに気の毒で。まー仕事の合間ということもあって、5分圏内限定です。


IMG_20140410_105607379.jpg
出町の大きな公園。ここは、(恐らく)リタイアされた方々がボランティアで朝に清掃してくださるので、いつも清潔な雰囲気です。入口付近の桜が見頃です。幼稚園児が遊んでいました。


IMG_20140409_172753978.jpg
こちらは本当にご近所の桜です。電気設備屋さんの桜なので、夜にはライトアップもしてくれます。ラル子、桜見てるかなーと思いきや、視線は全く別のところ。


IMG_20140409_17354741.jpg
せっかくだから、記念写真撮ろうとしてるのに、チョロチョロと動き回って。まー、相変わらず落ち着きません。


IMG_20140409_173450130.jpg
ホントにじっとしてられないのね・・・(>_<)


IMG_20140409_173518408.jpg
何十枚も撮って、これがベストです・・・(´Д`)


ひとつわかったこと。もう15年も、一緒に桜を見続けて、今さらですが。


ラル子は全く桜に興味がなーーーい! カケラもなーーーい!


それでも、あと何回ラル子と桜が見られるんだろうと思うと、なんだかしんみりしちゃう。桜だけじゃない、これからやつが見ている同じ景色を見、同じ風を感じて、できるだけ一緒にいようと思います。


officialsite-logo-banner.jpg
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:22 | 滋賀 | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

ガーデニング講座初日終わりました〜。

昨年から米原公民館のスタッフの皆様と準備を進めてきました「コミュニケーション ガーデニング講座」、本日第1回目が無事終わりました。スタッフの皆様のご努力のお陰をもちまして、お客様にも喜んでいただけた様子。今はちょっとホッとしています。


ガーデニングは、誰もが気軽に楽しめるもの。お金を払っていただいて、わざわざお越しいただくのですから、植物の生態に基づいたガーデニングを理論的に学んでいただきたい。がガーデンデザイナーとして日頃使っているテクニックや、ちょっとしたアイディアもご紹介。更に植物がとっているコミュニケーション法を例に上げながら、私たち人間の世界でも、真似できそうな事柄もお話しました。


というわけで、今日も2時間あまりびっちり喋り倒してきました。


今日使ったお花は、春らしい黄色いお花。可愛らしくて、見てるだけでウキウキするような組み合わせにしたつもりです。フォルムの違ったもの同士、お互いが引き立て合っている感じ、解っていただけるかしら?以下、今日のお客様の作品を3つご紹介いたします。


IMG_20140410_151011343.jpg
これから梅雨を迎えるころまで、どんどん咲きます。鉢は落ち着いたシックなものを公民館のスタッフさんたちと相談して選びました。


IMG_20140410_150850772.jpg
フォルムの違う植物を組み合わせるデザインについてお話しました。今日は楕円形の鉢を使いましたが、この方は正面をこの部分に持ってこられ植え込まれました。なるほど〜、素敵なレイアウトです。


IMG_20140410_150834989.jpg
同じ素材でも配置を変えたり、敢えて株分けしてみたりと、参加者の皆様思い思いに工夫されてます。


コミュニケーション ガーデニング講座、毎月、自分に一番近い方々を想ってひと鉢を作っていきます。その方を大切に想うように、お手入れしたり、話しかけたり。「この鉢はあなたよ。」と言って家にあれば、その鉢きっかけの新しいコミュニケーションも生まれるのでは?みんな一人ひとり、この地球上で変わりのいない本当に尊い存在です。初回は、そんな大切なご自分のためのひと鉢でした。可愛い自分のための花、元気に咲いてたら、きっと明るい気分になれます。


来月はゴールデンウィーク明け、5月8日(木)13時30分〜を予定しています。たくさんのご参加お待ちしています。


※申し込み、お問い合わせ先はコチラ
米原公民館(月曜日休館)
電話:0749-52-2240
e-mail:city.maibara-k@mountin.ocn.ne.jp

officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:04 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | イベント・セミナー・ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

新入生、新社会人の皆様、おめでとうございます。


入園式、入学式、入社式の時期です。桜舞い散る中で、いかにも初々しい感じの人をお見かけします。強制的に新しくなっていく様々な事柄に、ドキドキワクワクする感じと、大地が芽吹く感じ?なんというか、ウズウズしている感じが、すごく似てると思います。日本で、この時期にそういう行事があるってこと、妙に納得してしまいます。


ギボウシの芽出し.jpg
ディスプレイガーデンのギボウシの芽。この地面をつんざくように、ニョキッと出てくる感じが好き。そんでもって、この芽がふわりと葉を広げる様子も好き。


上の画像の芽、春の終わりにもなると、こうなる↓(ちょっと違う庭の画像ですが、同じ種類のギボウシです。画面下半分に見えている大きな葉っぱの植物がそう。


IMG_20130609_155246571.jpg
こんな葉っぱになるなんて!芽の状態からは想像できません。まー大体、芽っていうものは、大きくなるとまったく変わるものだけれど。

 
ワタクシごとですが、かわいいかわいい姪っ子たち(なぜか兄弟の子はみんな女の子なんです)の何人かは、この春新入生。この娘たち、ちょっと前まで赤ちゃんだったのになー。成長、速すぎです。おかしいなー、私なんかひとつも年取ってないのに〜(←オイオイ)

冗談はさておき、社会人になってもう何十年。(数えると怖くなる)4月といえば、花見と花粉症くらいしか思いつかないないマブチです。初々しさの欠片もありませんが、せめて春の大地の息吹を感じて、改めて気持ちのリセットを。


今取り組んでいること、お仕事をいただいている状況に感謝しつつ、新鮮な気持ちで、丁寧にやっていきたい。ディアガーデンを立ち上げたときは、変な話、アルバイトしてでも、絶対続けるぞ、とりあえず10年は頑張る!という覚悟でした。私には夫もいて、本当に頑張ってくれているので、そこまでしなくても・・・という状況なんですが、仕事では頼るわけにはいきません。お陰様で12年目を迎え、今のところ続けていられるのは、人のご縁、お導きがあったからです。つくづくそう思います。


何もかも人によってもたらされる。とはいえ、どんな人とお付き合いするのか、それは自己責任で選んでいく必要があると思います。私の場合は人として尊敬できる人です。


新入生、新社会人の方がもし、読んでくださっているとしたら、この言葉を贈りたい。

どうかひとつひとつのご縁を大切に。どんなご縁でも学ぶことはできます。ひょっとして今いるところが自分にとっては不本意であっても、目の前のことを一生懸命して、いつか自分の好きなことを見つけてください。そして、好きなことを世の中のために役立ててください。お金になるかどうかはまた次元の違う話です。(たくさんの人の役に立てば、自ずとついてくる物なのでしょう)自分が幸せになることができると思います。きっと愛する人ができて、自分の周りが笑顔で溢れます。

私もここを目指しています。


officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 17:43 | 滋賀 | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

自分、好きですか?大切にしてますか?


とうとう迫ってきました、コミュニケーション ガーデニング講座。10日の木曜日です。


毎回コミュニケーションという大きなテーマの中で、ガーデニングを楽しみます。初回は、なんと「自分」がテーマ。自分のためのひと鉢をつくります。みなさま、ご自分のこと、大切にしていますか?自分を大切にできなくて、周りに優しくできますか!ってことで、初回に持ってきました。


自分が嫌いだと、「どうせ私なんかダメだもん」とか「しょせん僕ごときが、何を言っても仕方がない」なんて想いに囚われて、周りと距離を置き、どんどん関心がもてなくなってしまいます。悲しいことですが、自殺を考える方は、みんな自分が嫌いで、周りに申し訳ないと思っているそうです。そんなことないのにね。だって、その人に価値があるから生きているんじゃない。生きているから価値があるんだものね。そんなメッセージを植物になぞらえて、お伝えしたいと思っています。植物は、本当に強いからね。


アネモネオレンジ.jpg
苗選びの際に、いろいろ目移り。こんなラナンキュラス初めて見た!

私も自分が情けなく思うことは多々あるけれど、でも、自分まーまー好きです。だって、少しでもいい人間になりたいと一生懸命生きてるもん。

オステオスペルマム.jpg
オステオスペルマム(舌噛みそうな名前)は、毎年いろんな花色が出ます。これ渋ーい。


宝石みたいな春の花をつかって、かけがえのない自分をますます元気にしてくれるような、そんなひと鉢作ります。きっと作ってる時間もキラキラです。


オレアリア.jpg
花だけでは様になりませんし、花がないとき見栄えがしません。カラーリーフは重要なアイテムです。


さてー、実はこれから作業がまだいろいろと残っています。あー、最近締め切りに追われてきてるマブチです。ヤバイ(汗)、けど皆様に楽しんでいただけるように頑張ります。



officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 17:56 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | イベント・セミナー・ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。