2014年03月27日

幸せになる方法


今日は植栽工事で、終日外で作業。早朝に家を出て、材料屋さんに寄り、現場へと向う道すがら。少し身体が重く、果たして今日は一日もつかなぁなんて、自分としては珍しくちょっと弱気で車を走らせておりました。


何げにつけていたFM-RADIO。聞こえてくお話で、感動しちゃって。なんと朝っぱらから涙を流してしまいました。それは沖縄出身のあるアーティストのおばあ様が、亡くなる直前、その方に話してくれた内容でした。


「幸せになる方法」

それには、まず自分の好きなことを見つけて、そのことで自分のまわりのたくさんの人を喜こばせるといい。そうすれば、振り返った時に大勢の人がいる。好きで夢中になってやれることが、実はその人の役割。好きならずっと継続することができて、やがてそれは「才能」に変わり、「才能」を世の中のために使う時、それがその人の本来の「役割」に変わる。 だから、自分の本当に好きなことを見つけることが大事で、幸せになる方法なのだとか、そんな内容。


ホントそうだなーって。今日はこんな気持ちで植物を植えようと思いました。


今日のお客様は、お世話になっている建築家さんのお母様。お元気でお花も大好きな方ですが、もともとあったケヤキが庭いっぱいに根を張っているため、土を掘ろうとすると邪魔をされ、年齢的に力もなく、思うように植えられなくなっておられました。目隠しの木も枯れて、歯抜け状態。そこで、木を補充したり、花壇にはびこる根を一部除き土壌改良して、ポクポクフワフワに変え、春〜夏の終わりまで楽しめる宿根草をたくさん植えました。はびこった雑草や落ち葉もきれいにしました。


この土なら、次ご自分で何か植える時も、ストレスなく植えていただけます。これをして差し上げたかったんです。


私、朝方は身体が重いなーって感じていたのに、植物や土を触っていると、不思議とどんどん元気になっていきました。途中お客様も庭に出てこられ、私たちの作業を見ておられるお顔がとてもいいご表情です。「すっきりしたわー。」と笑顔でおっしゃってくださると、なんだか嬉しくって楽しくって。


夕方予定通り仕上がると、「これから花が咲く様子が楽しみ。」「ありがとう!」とおっしゃってくださって、益々嬉しさがこみ上げてきます。お客様も、建築家さんも、私も、手伝ってくれた方も、みんな笑顔です。あー幸せだーと感じました。


私、なんていい役割をもらったのだろう。これだからやめられない。手も髪もゴワゴワで爪の先は土が詰まっていたけれど、どうでもいいわ、そんなものって感じで。今度は意気揚々と車を走らせ家路につきました、とさ。


(このお庭、またお花が咲きそろった頃、お客様のお許しが出たら、ブログにUPしたいと思います。)



officialsite-logo-banner.jpg





タグ:庭の施工
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 11:00 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

そろそろ庭仕事

ディアガーデンでも、春夏花壇に充実に向けて、動き出しました。作業しやすい気候になってきて、ようやくやる気になりました。仕事と仕事の隙間時間に、少しづつやっていきます。


CIMG1166.JPG
今年もジンチョウゲが咲きました。テラスに優雅な香りが漂ってます。庭仕事の疲れも癒されます。


ディスプレイガーデンは、実験的要素が強く、毎年植栽デザインを変えているので、低木や宿根草に関しては、頻繁に植替えをしています。最初植えてからずっと同じ場所にいるものは少ないです。植え替えるときは、「折角落ち着いて根を張ってたのに、ホントにごめんね、ごめんね。もう動かさないから許してねー。」と言いつつ掘り返しているのですが、翌年また同じことを言ってたりします。


植物には、私の気持ちが通じると思っているので、植えたり移動したり、剪定したりするときは、事前に一声かけるようにしています。「明日、バッサリ枝を払うよ。さっぱりしようね、風通しよくなるからねー。」とか、「もうちょっとしたら、あの辺りに移動だから、よろしく。」とか。仕入れた苗には「明日、○○さんちに植えるからね。可愛がってもらおうねー。」なんて。そうすると、抜くときなんか案外すっと抜けたりして、作業がやりやすい気がしています。私の思い込みでしょうか。


どこでもこんなふうに作業中は一人でブツブツ言っていて、危ない人みたいですが、どうかひかないで下さい。ちゃんと話し相手はいるんですよ。ものすごーく聞き上手な相手です。


昨日は、一部の木を剪定したり、ヒューケラやクリスマスローズなど、諸々宿根草を小ぎれいにしたり、植替えたりしてました。こんなにがんばるつもりはなかったのですが、一旦庭に出てしまうと、あれこれ気になってくるものです。

そうそう、雑草もちょうど芽を出し始めたころです。今なら土の表面をさっとなぞる程度で抜けます。この時期、処理しておくと後々ラクですので、是非やってみてください。


テラスにあるローズマリー、成長が早いので、時期を問わず気がついた時に剪定しています。ちょっと切るだけで、切り枝が山のようになるので、捨てる前に、アフターガーデニング。今日はリースにしました。


ローズマリーのリース.jpg
ローズマリーの切り枝でパパッと作ったリースです。玄関ドアにかけてます。リースはクリスマスの時だけのものではありません。


新芽の黄緑とブルーの花がアクセント。もともとの枝が暴れているので、面白いリースになりました。30cmのベースに、飾りも何も加えず作ったので、あっという間にできてしまいます。作っている間は、ローズマリーのいい香りに包まれて、ちょっとしたアロマテラピー。



4月半ばには昨年の冬に植えたビオラが見頃を迎えるはず。宿根草も動き出しているし、木の芽も膨らんで、キテル、キテル!このウズウズした雰囲気たまらない。大地のパワー、皆様のお庭でも感じてください!


officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 10:25 | 滋賀 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

春花壇のフォロー


昨年ディアガーデンでお庭をリフォームさせていただたいたお客様から、「今春からの庭づくりについて、相談したいので見に来てください。」とお電話をいただきました。


四季を一巡してみて、よかった植物、ちょっとはびこり過ぎて困った植物、消えてしまった植物、これなんだったかなーとわからなくなってしまった植物、色々出てきます。宿根草の多くは、今の時期、最初と全く姿が違った姿をしてます。お庭が広いと、それはもうちょっとしたパニックに!

わかりますよ〜。そんなときは、設計して作った私に遠慮なくご相談ください。


今日も、図鑑と新しくオススメする植物のリスト、それと剪定鋏などの軽作業セットを持ってご訪問しました。庭で植物の状態を見せていただきながら、細かくお答えしていきます。時には実際に私がやってみて、覚えていただいたりします。久しぶりにお会いするので、近況話にも花が咲きます。


3-1アメリカンブルー.jpg
アメリカン・ブルー、昨年の春に植えて夏の終わりにはこんなに素敵に育っていました!石とも雰囲気ピッタリあってます。お客様もとても気に入ってくださって、デザインした私も超嬉しくって。もちろん今年も一杯咲かせられるよう、古い枝を剪定して整えてきました。「今年も楽しみですね〜。」ってお互いワクワクです。

2-1.jpg
ミューレンゲベルギア「カピラス」。夏から秋に出る赤みを帯びた穂が、スモーク状に揺れて美しい!お客様いわく「これ、本当にきれいやった。これいいわ〜。」と大絶賛していただきました。冬に稲刈りするみたく根元からザクッと刈り取るのが正解。



私は、わりとレアな植物を混ぜて、ちょいサプライズ的なデザインをします。お客様が知らない植物をおすすめして、(私はモチロンどうなるか想定していますが)育ったとき、感動してもらえたら、すっごく嬉しい!お客様に、ご近所の方やお友達に自慢げに話してもらいたいなー、なんて思っています。


これから新しく庭づくりをされる方へ。
庭ができて数週間〜ひと月後くらいに、最初のピークがきます。できれば、その状態を画像や簡単なスケッチで残しておくと、いいかもしれません。迷ったときの、ひとつの基準になりますよ。



officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 19:02 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

コガネムシと折り合いをつける

昨日は春分の日でしたが、ここ近江八幡市ではみぞれの様な雪が降ったり止んだり。「まだ降るかー!」と恨めしく思いつつ、心は春の花に想いを寄せています。


私は3種類のバラを育てています。ディスプレイガーデンは、日当たりが悪いので、南向きのベランダで鉢植えにして育てています。バラは咲かせないと、育てる意味がないと思っているので、特に贔屓して育てています。


IMG_20130514_083146903.jpg
これはディスタント・ドラムスというバラ。中心がほんのりオレンジで、アンティークな雰囲気。昨年春に咲いた様子です。


鉢でバラを育てるメリットは結構あります。見頃の時期、花がない時期、日当たり具合などなど、その時々でいい場所に移動させることができ、レイアウト変更が容易なこと。コンパクトに仕立てられ、病気も少ないように思います。

一方デメリットは、土が少ないので、すぐ根がまわってしまい、毎年植替えが必要なこと。でも、根の状態をチェックできるので、考えようによっては、そう悪いことでもありません。バラにはコガネムシがつきものですから、駆除の意味もあって、毎年冬に植替えしています。


そのコガネムシ、花がきれいに咲いたと思ったら、どこからともなく現れて、ムシャムシャ。あっという間に花を食べてしまいます。「なんてことするのー!」と、取ってもまた別のが飛んできて。それで知らぬ間に土に潜って、まんまと産卵。卵から帰った幼虫は根っこを食べながら、すくすくと成長していきます。あぁ・・・もう。


3種ありますが、どの鉢にコガネムシの幼虫がいそうなのかは、根を見なくとも大体わかります。葉の色がわるく、ひょろっとした枝の鉢がそう。水をやっても、全然吸い上げてない鉢。なんか調子悪そうだなと思って鉢を開けると、案の定います。しかも何十匹も。昨年の場合は、何故かひと鉢だけが被害にあってしまって。


バラの根の幼虫.jpg
プクプクに肥えたコガネムシの幼虫。ナンド20匹ほどもいました。細い根がほとんど食べられてしまっています。あぁ(泣)


これから暖かくなると、虫たちは一気に動き出します。彼らも一生懸命生きているのですから、かわいそうなのですが、私のエゴで、ウチの植物はご遠慮くださいとばかりに、対策を講じます。


オーガニックで育てているので、このように見つかるとテデトール(取って殺す)です。コガネムシの幼虫ともなると、流石に踏みつけたり潰したりはコワイので、袋に入れて自然死の方向で。木の場合でも、芽が出る前に予防として、自然農薬を散布したりしています。


今年のコガネムシ対策としては、テデトールの他に、
1.成虫を土に潜り込ませないように、不織布を土の上に引く。(それをマルチで隠します)
2.彼らが嫌いな球根植物を一緒に植える、です。


バラと水仙.jpg
冬に土を入れ替える時に、小型の水仙を一緒に植えてみました。春に花が咲いて可愛らしいのですが、さて、効果はいかに?


球根植物を植えるという方法は、実は賛否両論あるようです。球根は食べないけれど、やっぱり根は食べてるとか、球根に土の栄養が取られるとか、結構効くとか、色々。でもやはりここは自分でやってみて検証するしかありません。やらないで、お客様にアドバイスする場合、どうしても「〜らしいですよ。」と推論になってしまいますので。


さて、結果はどうなりますか。また冬に土の入れ替えをするので、水仙の状態も合わせて、ブログ上でご報告いたします。


虫たちと、植物を取り合っているので、勝てる訳はないのですが、なんとか折り合いをつけれたらと思います。天然のバリア機能をサポートする形で、見守っていけたらなー。


なにせ、私の可愛い娘たちの名前が付いているバラですから。
傷つけたら許さんぜよ。(←極妻口調)


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:09 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

コミュニケーションガーデニング講座のご案内


4月から月イチで、新しい講座の講師を務めさせていただくことになりました。どなたでもご参加いただけますので、今日はお知らせかたがた、ご案内をさせていただこうと思います。


ガーデニングとは、皆様ご存知の通り、園芸のことです。一般的には植物を育て楽しむことを言い、農業や造園と違って、誰もが自分のペースで楽しめる感じがします。この講座は、園芸とコミュニケーションをミックスして、何かできないだろうか?という発想を元に生まれました。


CIMG2896.JPG


身近なコミュニケーションの対象といえば、やはり家族。家族の誰かを思って作ったひと鉢は、まるでその人そのものの様に愛おしく感じられるのでは?昨日と今日の違いを観察したり、弱っていたら手をかけてみたり。小さな植物たちが、家のあちこちに増えていき、次第にひとつの森のようになって、家族を包んでくれます。そんなふうに、家族をテーマに、とっておきのひと鉢を作る講座です。


CIMG1287.JPG


また、テーマに沿った植物を植えていただくのですが、その植物にまつわるとっておきのお話、もっと植物のことを好きになるお話を、たくさんさせていただこうと思います。ただ綺麗な寄せ植えを作るのではなく、メンタル的要素も取り入れた作品づくりを目指します。植物とコミュニケーションをとることで、植物の癒しの力を感じてみませんか?もちろん、植え付け方や、その後の管理、飾り方なども、詳しくお伝えいたします。私の専門であるガーデンデザイン関連の話も出そうな気がしています。


毎回、ディアガーデンならではの、お洒落心や遊び心ある提案をお楽しみください。



「コミュニケーションガーデニング講座」

開催日:毎月第2木曜日 13時30分〜15時30分 

会場:滋賀県米原市米原公民館

対象:米原市民以外でもどなたでもOK  定員:18名

参加費:200円  材料費:3,000円(月により変わる場合があります)


第1回目:4月10日(木)13時30分〜15時30分 

申し込み締め切り 3月27日(木)



※申し込み、お問い合わせ先
米原公民館(月曜日休館)
電話:0749-52-2240
e-mail:
city.maibara-k@mountin.ocn.ne.jp


officialsite-logo-banner.jpg

タグ:セミナー
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:00 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。