2014年02月28日

現場飯


前回現場工事の話を書いたので、その流れで今日は「現場飯」について。寝かしておいてたネタを出そうと思います。


言葉の使い方が合ってるかどうかわからないのですが、今から書こうと思う「現場飯」とは、工事現場や出張先など出先でいただくランチのことです。言葉の響きからして如何にも男子っぽいですね。


普段、夫のために早起きしてせっせとお弁当を作っているワタクシ。(←一応主婦もしてますアピール)しかし、自分が現場に出る日であっても、自分の分は全く作る気がないの。

お昼になれば、職人さんたちは皆さん愛妻弁当をトラックの中で食べておられますが、私は一人現場近くのお店を探して食べています。現場って寒かったり暑かったりするでしょ?お昼休みくらい快適なところでゆっくりしたいのです。どうせトイレにも行かないといけないし。


といっても、工事途中をぬけてくる訳ですから、服も作業服に近いし、埃っぽかったり、長靴履いてたりするので、お洒落なお店には入れません。王将とかすぐ食べもんを出してくれる系のお店があれば、必ず行ってるかも。カウンターでオジサマたちに囲まれて天津飯や焼き飯などを食べてます。ラーメン屋さんにもよく行きます。



現場飯.jpg
最近現場近くでいただいたランチ。中華はなんかパワーつきそうな気がして。入ってビックリしたのですが、実は奥様のランチご用達って感じのお店で、私はなんとなく浮いてたかも。ちょっとづついろいろ味わえるセットでした。


どうしても近所にお店がなさそうな現場では、コンビニ弁当。天気がよければ青空の下でいただきます。それはそれで美味しいんですよね。郷にいれば郷に従えで、職人さんと同じように食べたあとにお昼寝したりしています。


出張先では、なんといっても駅弁&ご当地グルメ(ややB級の方)です。


現場飯5.jpg
駅弁に迷ったときには「焼き鯖ずし」。これどこで買ってもハズレがない。肉厚で美味しいです。炙ってあるせいか、普通の鯖ずしにある酸味がまろやかーになってます。めっちゃ好き!



愛知県と長野県にお邪魔したときの現場飯。


現場飯3.jpg
味噌煮込みうどん。辛そうに見えますが全然辛くないです。やっぱ本場は美味しいです。周りの人はフタに取り分けて食べていました。そういうもんなんですね。私は猫舌じゃないから直で。アツアツがいいの。


現場飯4.jpg
初体験!あんかけスパ。名古屋めしといえばコレ!ですよね?軽く炒めた太目の麺に、肉や野菜の旨みが溶け込むコショウの辛味が効いたトマトベースの餡がかかっています。(タバスコが入っているのかと思ってました)量多いです。個人的には1回でもういいかなー。



信州ソバ.jpg
信州ソバ。いろんなきのこが入った餡かけスープがついてきて、それに和えるようにしていただきます。お店のオススメメニューでした。



こうして見ると、麺類ばっかりですね(笑)あまりゆっくりしていられないので、こうなってしまうのかな?それにしても、現場飯って楽しいです。お店を出るときには、昼からも気合入れてくぞーって感じになってます。



officialsite-logo-banner.jpg



タグ:庭の施工
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 12:36 | 滋賀 🌁 | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

移植工事

昨年末頃に計画したお客様のガーデンリフォーム工事が始まりました。先ずは、新しいデザインに沿って木の配置替えや、樹勢回復処理を行います。



CIMG4592.JPG


木の移植には適する時期があります。落葉樹なら、落葉期で極寒を避けた時期。常緑樹なら暖かくなり始める3月〜萌芽前までにするか、梅雨時期にというセオリーがあります。今回のお宅は落葉も常緑もアリなので、どちらもいけそうで工事の人工確保ができた2月末に行うこととなりました。


この日は天気に恵まれとても暖かく、外仕事には丁度いい気温でした。しかも移植翌日に暖かい雨がしっかりと降ることもあって、木のためにも良かったと思います。植栽工事の日にドンピシャでこういう天気になると、ラッキー!って思います。毎日毎日作業されている職人さんは何とも思わないかもですが、私はそうではないので、天気に恵まれるだけでありがたいなーと思ってしまう。


しかし、PM2.5の飛散が外出制限一歩手前くらいひどかったので、(気休めですが)一日中マスクをつけての作業。身体を動かすのに呼吸しにくいのは辛い・・・。因みに、私は現場監督なんですが、手元といって補佐的な作業をしたり、掃除をしたりもしています。現場大好き人間なので、工事の時はできる限り出ています。


CIMG4598.JPG


移植の際は、上の画像のように、しっかり「根巻き」をし、根を守ります。こうやって根鉢を崩さない方がいい場合が多いです。常緑樹には、寒さ・霜よけ等のため、日焼け防止・水分の蒸散防止などの理由で幹巻きをしています。巻きつけてあるのは麻の繊維で作られているもの。自然に腐るので通常は巻っぱなしでOKです。


掘り取り、土壌改良、植え込み、水遣り、場合によって剪定&支柱と、各工程がプロの技でよどみなくで進められていきます。4mを超えるような木の移植は人力では無理なので、重機で吊りながらの作業となります。


ここで私の仕事は、元請けとして、計画通り適切な方法が取られているかのチェックと指示。設計者として、木の位置決め、立ち姿の確認です。なぜここに植えるのか、なぜこの向きなのかは、設計者でないとわからない部分が多く、職人さんの知識経験云々ではないので、しっかり伝えないと、折角の淀みない作業が途切れてしまいます。先々を考えながら職人さんの手を止めないようにすることを心がけています。


それともうひとつ大事な仕事。お客様への対応です。私は、できる限りこのような工程を見ていただくようにしています。


掘り起こした根を見てもらうことで、今まで元気のなかった原因を知ることが出来ます。土壌改良材を手にとってもらい、どういう役割をするものなのかを説明したり、木の位置を見ていただくことで、納得度も違うと思うのです。図面通りだけど、何をしているのかわからないままさっさと植えて帰るというのでは、私が部屋で見ているお客様の立場なら、「なんだかなー」と思ってしまう。仕事でご不在のお客様には写真をとっておいての事後報告となります。(なので記録者的な仕事もありますね)


どんな工事でもいえますが、見えない部分が一番大事。隠れてしまうところが、いかにちゃんと作られているかで、見えている部分に差が出ると思っています。隠れてしまう部分は、手を抜いても気づかれにくいので、あまりに安い見積もりを持ってくる業者は特にチェックが必要です。見えない部分にお金をかけるのは、正直しんどいかもしれませんが、本当に大事なことが多いのです。どうかご理解をいただきたいです。植栽工事の場合も、土をかぶせてしまえば、わかりません。その前に、お金をかけてくださったお客様に、是非見ていただきたいのです。


少し間が空いて、構造物工事がはじまり、また最後に仕上げの植栽工事となります。私の頭の中には既にもう出来上がったものがありますが、実際に出来上がるのはまだ先。楽しみです。


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 07:54 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | 施工現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

青春の思い出インテリアショップ


先日、所用で京都へ出掛けたときのこと。



近又1.jpg
享和元年創業の老舗懐石料理旅館「近又」さん。この日は通りかかっただけです。如何にも京都らしい佇まいだなぁと思って。間口は狭いですが、奥には近又ワールドが広がっています。昼膳もお料理教室もやられています。


近又2.jpg
竿や基礎がなく上半分だけドン!と。こういう燈籠のあしらい方、小さい場所でも迫力でますよね。古美た燈籠だからこそでしょうか。近又さん由来の何かがあってこの形になったのかなぁ。




用事を済ませ、少し時間があったので、四条烏丸あたりでお茶でもと歩いていたら、馴染みのインテリアショップのある一角にでました。ガーデンデサインが本分で好きなんですが、インテリアデザインも雑貨も大好き。大抵の女性ならインテリアショップには、用がなくてもつい入ってしまいますよね。


ACTUS.jpg
ACTUS

FOB.jpg
F.O.B COOP


ACTUSもF.O.B COOPも、20代の頃からよく通っていたショップです。当時行っていたのは神戸のショップでした。(今はどうかわかりませんが)旧居留地や海岸付近にあるレンガ倉庫街にあったように記憶しています。そういう場所そのものもオシャレで、若かりし頃のワタシはいるだけで大満足でした。その頃から買い物は一人で行くことが多かったので、時間も気にせず、それこそずっーとウロウロしてたな。あれから時が流れに流れ・・・見ていると20代の頃の気持ちが蘇ってきます。


当時は実家(ザ・田舎の日本家屋)住まいだったので、オシャレな雑貨を飾るコーナーもなく、うまく馴染ませるテクもなく。でも、そういう一見実用性のないものがなぜかやたらに欲しかった。なんでも「カワイイ〜。」って言っていた時代。今振り返るとちょっと気恥ずかしいな。


actus2.jpg
そういえば、いま事務所で使っているこの椅子、20代の頃ACTUSで買ったものです。表地を2回ほど張り替え、白木だったのにすっかり飴色になってます。年季入って味がでまくりですね(汗)こんなに長く使うとは思ってもなかったです。



結局その日は何も買いませんでした。並んでいるものはどれも手頃な価格で素敵でしたが、それほど心惹かれるのものには巡り会えませんでした。でもこうやって青春の思い出に浸りながら、束の間時間を過ごせていい気分転換になりました。


officialsite-logo-banner.jpg

タグ:小物
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 09:21 | 滋賀 | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

ソチ五輪〜実力を発揮する〜こだわりの本当の意味

(タイトル変ですが、全部読んでもらうとわかります)

スポーツの世界では、短い時間で勝負が決まります。ソチ五輪では、実力があっても、それを出し切ることの難しさをつくづく感じさせられます。実力を出し切れなかった選手の、悔しさと(凄まじい責任感からくる)申し訳なさでいっぱいの泣き顔、出し切れた選手の晴れ晴れとしたいいお顔。どちらも見ていて、本当に心が震えてしまいます。


一方、私たち一般人でも(メダル級ではないけれど)勝負のしどころが日々あって。一瞬で決まることこそ滅多にありませんが、実力を出せるかは、アスリートと同様日々の精進にかかっています。常に準備をしていて努力できていれば、やりきることを諦めなければ、実力は発揮できると思います。「こんなもんでいっか」と妥協さえしなければ、苦しいけれど、自分の力は出せるんじゃないかと思ってます。


これまでの自分のデザインを振り返ってみれば、本当に一生懸命身を削ってやったものばかりです。少しはスキルアップした今の目で振り返ると、「ああもできたのに。」と思うものもあるけれど、その時はそれがベストだった。そう思います。自分としては、後悔はありません。


ただ、反省することは多々あります。あまりに一生懸命考えすぎて、自分の思いが強すぎる。押しつけがましい提案を今だにしてしまいます。最初の頃は、自分はこれがベストだと思っているので、受け入れられないと結構引きずってました。


それで言い聞かせてはいるんです。「自分の庭ではない。その方のベストを作らなければ。」自己ベストを修正するのは、納得いかない時もありますが、それで現場をきっちりおさめると、結果的に自己ベストを更新できてることもあるんです。そんな経験をさせてもらって、自分の「変なこだわり」にこだわらないように、序々にですが、なってはきたかなぁ。引きずることもなく、切り替えができるようになってきてます。


そういえばふと気になったのですが、「拘る(こだわる)」の意味って?広辞苑で紐解いてみると、


koujien.jpg
今時こんなん持ってる人は少ないのでは?(笑) 随分古い広辞苑ですが、事務所の書棚にデーンといます。(居るという感じね)ある単語を調べていると、隣の単語も気になって、気がついたらしばらく読んでいることも。三浦しをん氏の小説「船を編む」を読んでから辞書への思いも変わりましたね。こういう辞書は、読み物です。



「拘る(こだわる)」とは、
1.さわる。差し障る。妨げとなる。
2.気にしなくてもいい些細なことにとらわれる。拘泥する。
3.故障を言い立てる。難癖をつける。


知ってました?なんとプラスのイメージとなる言葉はゼロでした。こだわりのなんちゃらって自慢げに言ったりしますが、本当の意味を知ってる人には「気にしなくてもいいような些細なことにとらわれて選んだなんちゃら」と聞こえていたんですね。そう、「私の変なこだわり」とは本当に変なことでした。自分のこだわりを捨て、水のように、どんなものにも形をあわせ変化できるけれど、決して本質は変わらない。それもデザイナーとしての有り様かもしれません。



ちょっと話が流れに流れて、海に出てしまった感じです・・・。(というわけで、タイトルも流れてます)


officialsite-logo-banner.jpg


タグ:設計
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 17:56 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

楽しくも悩ましい作業の結果

確定申告の受付が始まりました。毎年のことながら面倒だ〜。(と、大層に言うほど稼いでないんだけど)でもしっかりやらないとね。

因みに所得税の確定申告は3月17日迄ですって。もうサッサと今週中にやっちゃうよー。


私はほとんどPCで処理しますが、検算とかちょこっと計算したりは、やっぱり電卓も使います。お気に入りの電卓が壊れて以来、スマホのアプリで間に合わせておりました。あると便利なアプリですが、やっぱり所詮はアプリです。すぐ画面が閉じちゃうし、打ちにくいし、数字も見にくいときがあります。


前回のブログで、お気に入りを探す「楽しくも悩ましい作業」について書きましたが(→コチラ)、ようやく良さげな電卓を見つけましたー!電卓なんて、計算できれば何でもいいという方がほとんどでしょうが、ひと度そのデザインワールドを知ってしまったら、こだわらずにはいられない!魅力的なものです。



latora2.jpg
CASIO LATORA デザイン電卓 12桁 RT-7000WE-N パッケージもおしゃれです。紙の質感がいい。


電卓といえば、CASIO派かSHARP派かに好みが分かれるとか。私は事務屋ではありませんので、そんなに頻繁に叩くわけでもないし、複雑な計算もしません。どちらのメーカーも私にとっては機能的には十分なので、要はデザインがマブチ好みかどうかです。


(以下、興味ない方はスルーしてください)
amadanaや±0、LEXON、MILANなどインテリアショップに置いてそうなデザイン系も見ましたが、いいと思うものは販売中止か値段が高すぎ、もしくは全く好みでなかったり。手帳を愛用中のHIGH TIDE製のも手頃な価格でよかったけれど、それが仇でペラッとしていて物足りない。MUJIはみんな持ってそう。
CANON「X MARK I KRF」はなかなかいい感じでしたが。で、結局はCASIOのLATORAを選びました。無骨なイメージの電機メーカーものに、自分好みのものがあるとは!



このLATORA、キータッチはPCの様です。ちょい浅め。カシャカシャという、いかにも電卓って感じの音がします。液晶の部分は好きな角度に変えられます。その立ち上がった姿がスマートに見えるところもいいです。わりとズッシリしているので、多少ハードに叩いても安定感があります。


latora1.jpg
液晶をフラットにした姿もカッコイイですよ。アルミの台が少ーし浮いているので、持ち上げやすいです。


見た目では、アルミの縁がカッコイイなーと思って。ハードな感じと品の良さがいい具合にまとまったデザインです。画像では全体が同じように真っ白に見えているかもしれませんが、実物はキーの部分がベージュっぽい白なので、白系のツートンになってます。ここんとこ、どのサイトや画像を見てもわかりにくいから要注意です。全部真っ白と思って買うと、あれ?って思うくらい違いますよ。質感が違うというか。黒バージョンもありまーす。私は白電卓を探していたので、迷わず白バージョンにしたけどね。黒の方が、汚れは目立たないかもしれません。


いらんやんって思う機能。電源OFFキーを押すと、液晶に「CASIO」と1秒くらい表示されてから消えるんです。「いやいや、そこはCASIOさんの遊び心やないのー」って思うべき?これが裏技的な機能なら、私もやったかもしれません。でも、毎回はいらないような。


latora3.jpg
どう思います?他の人にこの電卓をお貸しするときに話のネタにはなりそうです。これを消す裏技があったりして。



お気に入りの電卓が手に入ったから、これでようやく確定申告に集中できるわー。(←どんだけ形から入るヤツやねん!)


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:05 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。