2013年06月30日

お客様のお庭探訪(S様邸)

先月22日にお引渡したお庭をお尋ねしました。ブログでもこれまでちょいちょいご紹介しているお宅です。

家を新築したときに、ハウスメーカーさんで外構や植栽工事をされましたが、庭のスペースはただ真砂土を敷き均したのみでした。「何を植えたらいいのかわからない」「土が固くて育たない」というのが最初のお悩みでしたが、よくよく聞いてみると「道路と庭を隔てるものがないので落ち着かない」「テラスも利用できない」という問題も出てきました。街づくり協定がある地域に建っているため、様々な決まり事もありました。


Before↓
CIMG2930.JPG
道路と敷地間にほとんど何もない状態なのでちょっと不安かも。しかし協定で境界には1、2m以上の塀は設けられないことになってました。敷地内にはなぜか大量のオタフク南天が・・・。


そこで、自然石で土留めをし盛土した花壇に1.2m位の常緑樹や色々な草花を植える提案をしました。バシーッと遮るのはお客様の好みではなかったので、視線が気になりそうな場所に常緑の銀マサキを数本まとめて植えることに。庭がふんわり植物で包まれているイメージです。


After↓
CIMG3284.JPG
盛土をすることで、水はけと日あたりのいい花壇になります。


植えてからまだひと月ぐらいしか経ってないのに、「えーーーっ!」とびっくりするくらい成長していました。


お引渡しのときの状態↓
CIMG3196.JPG


お引渡し1ヶ月後↓
CIMG3280.JPG
ス、スゴッ!モリモリ!小道の両脇は切花用花壇とハーブ用花壇になってます。

土がいいのか?日当たりがいいのか?マルチングが完璧だから?いえいえ、お客様のお手入れがいいからに違いありません。雨の日以外は毎日お庭に出ておられるとのこと。(^-^)


これからウェブサイトで最新の施工例としてご紹介するのですが、まずはこちらでダダーッとご紹介。

Before↓
CIMG2934.JPG

After↓
image.jpg
道路側の花壇。冬までずっと咲いてくれるジニアをいっぱい植えて。街並みを華やかに彩り、訪れる人を暖かく迎えます。冬はパンジーかビオラにチェンジ。1年に2回植え替えるだけで一年中充実した花壇になります。そのうち石壁の上の部分からもアメリカンブルーやコンボルブルスがこぼれ落ちてきます。


CIMG3295.JPG
土留めの自然石、見方によってはロックガーデン風。日常のメンテナンス時の足場にもなります。


CIMG3290.JPG
サビミカゲ色は植物との相性バツグンでしょ。覆いかぶさるように広がるキャットミントやグランドカバープランツがいっぱい。


CIMG3283.JPG
庭にいろいろなコーナーを作ることで、目線を変えると庭の見え方が変わります。コレ、ディアガーデンのデザインの特徴です。


CIMG3281.JPG
和室前はこのお庭に合う軽めの沓脱石を据えました。浮いているみたいに据えたのは遊び心から。ここんとこよーく見ないとわからないけど、気づくとおおっ?!となる仕込みでーす。


今のお庭やエクステリアでお悩みはありませんか?リフォーム承ります。
ウェブサイトに施工例多数掲載しています。
お問い合わせもコチラから↓
officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:17 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

梅仕事2013


前回のブログ(→初夏の手仕事)で、今年の梅仕事は何にしようか迷っていましたが、青梅で仕込む「梅シロップ」と完熟梅で仕込む「梅ジャム」にしました。


梅シロップは水や炭酸で割って飲むもの。飲み物系では梅酒も考えましたが、梅シロップの方が気軽に飲めるので。使った梅1.5kg、砂糖1.3kg(内黒砂糖0.3kg)くらい。コクがでるかなと期待して黒砂糖をブレンドしてみました。


IMG_20130628_122515.jpg
仕込み直後の様子。数日後には砂糖が溶け、梅のエキスがたっぷり出た果汁になります。それを更にアクを取りながら弱火で煮詰めて完成です。



梅ジャムは昨年も仕込んだので、レシピ通り味見もせずに作ったら甘くなっちゃったー。杏ジャムのちょっと酸っぱい版のような味。材料の梅が思いのほか熟れてたみたいで、言わなければ梅のジャムとはわからないかも。もっと酸っぱいのが好みなんだけどなー。また来年リベンジしよ。


IMG_20130629_114429.jpg
きれいな完熟色です。



しかし、この程度のものを梅仕事と大層に言っていいものなのか?ちょっと疑問ですが、まぁ気分、気分。仕事と呼ぶに相応しい梅干しや梅肉エキスづくりに比べたら、1〜2時間くらいでできちゃうシロップやジャムなのです。それでも仕込んでいる時は、梅の香りに満たされ幸せな気分になれます。


そんな時いつも思い出すのが義母(夫の母)の存在。この時期は梅干しや梅酒、紫蘇でつくったゆかり。他の時期でもいちごジャムやカリン酒、お漬物、切り干し大根、などなど庭や畑でとれたもので保存食をこまめに作る方でした。今でこそ、こういう手仕事に感心がある私ですが、義母が元気だったころはさっぱりで、単にいただくばかりでした。あのとき義母に詳しく教わっていれば・・・。食だけでなく、服や着物づくり、書にも達者な方で、今の私なら教わりたいことが山ほどあります。本当に後悔しています。

手仕事の達人だった義母に少しでも近づきたくて、いろいろ仕込んでは夫に味見させ「お母さんの味みたい?」と聞いています。いつかまた酸っぱくて塩っ辛い義母のあの梅干しに挑戦します。


仕込みついでに紫蘇ジュースも作りました。調子にのって4Lも。早速試飲しましたら、うまくできてました(嬉)



IMG_20130628_122148.jpg
紫蘇ジュース、うち2Lはプレゼント用に小分けして。



今年は甘いもの系ばっかりになっちゃたな。使った砂糖の量がハンパない・・・。いっぱいあるからって取りすぎには注意ですね。


officialsite-logo-banner.jpg
タグ:手仕事
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 14:33 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

初夏の手仕事

初夏の手仕事といえば梅仕事。
これまで、梅酒→梅干し・梅肉エキス→梅ジャムと、毎年違うものに挑戦してきました。今年は何にするかな?


CIMG3297.JPG
ご近所の奥様がたくさん分けてもらったからと、私に2kgお福分けしてくださいました。一体どこのお宅の庭になっていた梅なのか、さっぱりわかりませんがありがたく頂戴します。


青梅で仕込むか、それとも追熟させてから仕込むか(うまく追熟させられるかわからないけど)、そもそもそこから迷ってます。


話はかわりますが、今日いつもお世話になっているお客様から、紫蘇ジュースをいただきました。(もぉー、ほんとにもらってばっかり)

紫蘇ジュースの存在は知っていましたが飲んだことはありません。ワクワクで帰って、早速いつもの炭酸水で割って飲んでみました。


これ、イケルーーーー! O(≧▽≦)O

大人のジュースって感じです。色も綺麗だし紫蘇の風味がふんわり広がってなんとも爽やか。ひとくち飲んで、「あ、私もコレ作りたい。」って思いました。

紫蘇ジュースって、アントシアニンが豊富だから疲れ目や視力回復に効果がある以外に、アレルギーの緩和、美容効果、整腸、疲労回復、食欲増進、などいろいろな効果があるみたい。知らなかったー。


CIMG3299.JPG
すごい綺麗なジュースです。梅酒もいただいてしまいました。


梅や紫蘇の力を借りて、これから迎える暑い夏をなんとか乗り越えようと思います。そのうち梅仕事の報告もしますね。



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:54 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

伝えること学ぶ


しばらくぶりの更新です。先週はパソコンの調子が悪かったのですが、ようやくブログが書けるまでに落ち着きました。やれやれ。


最近、あるお導きとご縁を頂戴し、セミナーの企画と講師を務めるお仕事をさせていただきました。エクステリアや庭づくり事業に新規参入される会社様向けの設計施工の実務セミナーです。初回は必死で喋ってました。最初は標準語で話していたつもりですが、気がつけば案の定ちょいちょい関西弁に・・・。聞いてくださる皆さまの相槌に励まされる思いで、4時間ちかく喋り続けました。


image.jpg
皆様とても熱心な方ばかり。最後の質問タイムは45分を超えそうなくらい!ひとつでも多く学びたいという意識の高さに私も思わず引き込まれてしまいます。


企画の段階で、当然知っておくべき知識や用語の説明はもちろんなんですが、できるだけデザインや現場の実情をお話ししようと決めていました。私自身、どこかの造園会社なり設計事務所で手取り足取り教わったわけではなく、いちいち現場やお客様の前で失敗して身につけた知識や経験しかないのですから、リアルにお話できると思うのです。特にデザインのお話では、普段心がけていることを具体的に伝えるつもりで、ガーデンデザイナーとしてはやっぱり力が入るところです。

初めこの企画を受けるに当たり、ただモノを建てたり並べたりするだけではない、植物のことも含め「雰囲気を作る」という美意識をどこまで理解していただけるのだろうかと、生意気にも心配でした。そんな抽象的な話しをして良いものかと。でも、具体的な例をどんどん見ていただくことで、その部分もかなり感じていただけたように思います。

それに、私自身得るものもありました。セミナーをまとめるに当たり、今まで自分が何気なくしてきたことを振り返って再度学び直せました。10年走ってきて、これまでの自分を確認できるとてもいい機会をいただいたと思います。ひとつのお話をするにもかなりの裏付けが必要ですので、3倍くらいの情報を集めないといけない。その積み重ねが新しい自分へのきっかけになるかもしれない、そんなワクワク感も。誰かのために一生懸命になることは、結局自分のためにもなるんですね。

セミナーは秋まで続きますので、更に充実させたいと思っています。



officialsite-logo-banner.jpg
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:08 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | イベント・セミナー・ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

デザインするのはガーデンのみならず


新しい出会いが増えると減るもの、なーんだ?










答え 名刺

他の答えもあるでしょうね。きっと。(名回答あったら教えてください。ボケもありです。笑)


私の場合、自分の名刺のデザインに関してはなぜか?すぐ飽きちゃう。私の名刺を貰っていただく方にとっては初めてそのデザインを見るわけですが、渡す本人にとってはいーつっも同じデザインなので見飽きてくるというか。そんなことないですか?私だけ?だから、名刺がなくなる度にデザインを変えています。印刷屋さんには版下を保存してもらっているけど、いつも無駄にさせちゃって。


名刺交換の場って、緊張感があって好きです。どんな方なんだろう?これからこの方とお話しできるんだと思うと、ワクワクドキドキです。そして、いただいたお名刺のデザインが素敵だったら、もっとテンションあがりませんか?その名刺の雰囲気によっては、話のきっかけができたりもします。

私は、いちおうガーデン「デザイナー」という職業柄、敢えて一般的なデザインにはしていません。デザインする人は、名刺もデザインしなきゃと思ってます。その人の感性が名刺にすら現れる、小さいスペースですが個性や好みが結構出ます。ですので、気合い入れてあれこれ考えます。異業種のデザイナーさんの名刺を参考に見ていると、紙質に凝ったり、文字が浮き出ていたり、穴があいていたり、折り紙のように折りたためばイスになったり(本当です!)、世の中にはすごい名刺があるものです。いろいろ見ても結局はいつもシンプル路線になるんですけど。



CIMG3255.JPG

今の名刺はコレ!初の縦向き。


今の名刺、パキッとしたブルーとブラックの組合せが気に入ってます。女性っぽくないし、(GARDENという単語がこの小さな紙に5個もあるけど)ガーデンっぽくもない風にしてみました。これからはガーデンデザインを軸にした新たな展開もしていきたいので。何かいい提案をしてくれそうと思っていただけたら嬉しいな。パキッなブルーは、私の真面目な部分というか、真剣さを託した色なんです。これまで10年この仕事を続けて、やっぱり好きで、やればやるぼど難しいから、いつも真剣です。


CIMG3257.JPG
先代(水色の。初めて両面印刷にして柔らかいイメージに)、先々代(ピンクの。女性デザイナーということをアピールしていたころ)の名刺たち。この2種類とも持ってるよーという方はおられないでしょうね。


また、きっと、そのうち違うデザインになるよー。


officialsite-logo-banner.jpg


タグ:お気に入り
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 09:11 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。