2013年01月31日

堂々たる裏

個人邸の庭づくりをお手伝いさせていただく仕事柄、どうしても建物と関わることに
なります。建物と庭は隣り合わせにあるのだし、中と外の繋がりや生活動線の
繋がりもあります。

庭に関するのと同じくらい建物に関する興味も尽きず、書物も読みあさっています。
難しくないやつね。

「建築」「都市住宅」「GA HOUSE」などの雑誌を編集をされていた植田実氏 著
「住まいの手帖」の中の一文

 豪邸なら、塀や生垣よりガレージが威風あたりを払っているのがいまのふつうで
あるが、表というよりは堂々たる裏である。かつてのお屋敷は敷地の奥や
控えめな場所にガレージを隠し、あくまでも表門そのものを大きく見せていた。
だから、その家の象徴となっていた。いまではそんな余裕はなくなったし、
一般の家は道とのあいだぎりぎりにクルマを剥き出しに置くのがあたりまえに
なっている。
 裏が連なる景観になった。住宅地がごく自然に統一された美しさを生みだしていた
のは、だれもクルマを持っていなかった時代までである。
 

著者はこうなったら裏返しに徹底して計画したら面白いかもと続けておられたの
ですが、これはもう開き直りのヤケクソのように聞こえます。
というのも、最後に、
凝った意匠の玄関扉の隣に便所の小窓。そういう時代になった。・・・と、これまた
皮肉たっぷりで締めくくってあるから。

私が生まれたころはもうクルマがあったし、ない生活は考えられない。
いいクルマを持ってることはステータスだし、人によっては愛玩の対象になってる。
メーカーは、将来のクルマに情報端末としての機能を持たせると言っていました。
安全性や利便性を考えてのことですが、クルマ離れした若者層の取り戻しを狙って
いるのです。

住宅も時代の機能UPに合わせて変わっていく。
情緒的なことはさておき、暮らしの道具箱的なものに。
通路のようなアプローチに面した出入り口ドア、車は剥き出し、南面には洗濯物や
布団が満艦飾の光景。どちらが表とも裏とも呼べない、あるいはどちらとも裏で
しかない様相。そんな住宅が日本中にエンドレスに繋がっている。
だって敷地が狭いんだからしかたないじゃない。うちだってそうだもの。ゆっくり
安全に眠れる場所があるだけで十分幸せじゃないの。

でも、どこか釈然としないです。
家の外観にこだわって建てたはずです。アルミのカーポートや物置で見えなく
なってもいいとは思えなくて。

だからガレージはガレージにあらず、スペースが限られているからこそ、クルマが
ないときも場に機能を持たせ、美をつけたせないかと、私は考えるんです。
門が作れなくても、玄関の風格をあげるには。
ただの通路ではない、ちゃんと家人やお客様を迎えるアプローチにするには。
生活の生々しさを見せない工夫とは。
あの素敵な家のある通りと言っていただける家の装いとは。

堂々たる裏、作ってやろうじゃないですか!


officialsite-logo-banner.jpg





web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 09:53 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

壁の彩り

季節によって変えてる室礼。
といっても、もともと小さな家ですのでガラリと変えるというよりは、
「何か雰囲気が違うかな」程度なんですよ。

小さな変化で家人も気づいていないくらいなのが、季節によって入れ替えている
リビングのアートワーク。
このところのお気に入りは、京唐紙「唐長」さんでもとめたポストカード。
ポストカードとはいえ、クオリティーは襖紙と同じ。手刷りの風合いや雲母の控えめな
輝き、伝統的な文様など楽しめます。

CIMG2790.JPG
あえて明るすぎないようにこだわったリビングです。落ち着いた光がアートワークを照らしてくれます。


冬は黒地に銀の文様が刷られたデザインにしてみました。
冬はモントーン、というのが私のイメージです。
静かで、落ち着いていて、薄氷がきらめいているような、でも張りつめた緊張感もある。


CIMG2786.JPG
3枚のうち一枚はこんな感じです。唐草の文様に雪の文様が上刷りされてるちょっと凝ったバージョンです。
光の具合で見え方が変わるところがいいんです。後の2枚は、違う種類の雪の文様と梅の文様です。


CIMG1930.JPG
秋は稲穂やもみじの文様でベージュ系


CIMG1452.JPG
夏は波紋や雲(入道雲にかけて)の文様でブルー系


壁を飾るのは難しいですが、目線の先に何かあると部屋に面白みが出てくるように
思います。


CIMG2793.JPG
ディアガーデンのオフィスには、マブチが描いた庭のイメージパース画を飾っています。
初めて来られたお客様にご説明するのにも都合がよいので。これもときどき入れ替えています。
フレームはIKEA、マットは近所の画材店でオーダーするというパターンが多いです。


そのうち庭のアートワークもつくろうかなと思っています。
庭に向いている家の外壁や、フェンス、塀などに掛けて外の部屋のように
演出するのっていいと思いませんか?


officialsite-logo-banner.jpg





web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 10:10 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

街路樹の不思議

街路樹見てますか?税金で植えられた私達の木です。

場所によっていろいろな品種の木が見られます。
個人の庭では大きくなりすぎて、植えられないような品種で丈夫な木。例えば
クスノキやケヤキがなど一般的です。その町の木が植えられてることもありますね。
滋賀県の永源寺にはモミジが植えられてる通りがあってとってもきれいです。

並木道という言葉がありますが、街路樹は歩いている人に優しい木陰を作ってくれ
ます。町中においては、潤いある景色をもたらし小動物の貴重な住処となります。
特に美しい並木道は、観光スポットになっていますよね。

でも、作った方には申し訳ないのですが、美しい並木道ってあんまりない気が
するんです・・・。

大抵が無理やり植えられているかのように見えてしまう。
四方八方に枝を伸ばすのが自然な木の姿なのですが、走ってる車に当らないよう
その方向に伸びた枝だけがバッサリに切り落とされ、また伸びるからまた切られの
繰り返しで、ゴツゴツの変わり果てた姿になっています。

お役所も造園業者も、そうなることはわかってても、そうせざるを得ない変なきまりに
なってるんですね?誰も木に対して何も思わないのかが不思議です。


CIMG2390.JPG

近所の街路樹その1。こんな狭い歩道に植えなくてもよかったんじゃない?歩きにくいわ!
植えられてるクスノキも本来の姿とは全く違う樹形にされちゃって。なのに一生懸命生きてるところが
涙ものです。



CIMG2388.JPG

近所の街路樹その2。後から建てられたのはたぶん街灯の方。もう少し離せませんでしたかね?
毎年の剪定でバッサリ片身をそがれるクスノキ。ああ、痛々しい(T_T)
こんなまでして建てたのに結局点いてないという。なんでやねん!と突っ込みたくなるマブチです。


普段何気なく歩いていると、見えているようで見えていない街路樹。
あなたの近所の街路樹はどうでしょうか?

街路樹は貴重な緑ですが、何も杓子定規に植えなくても、機能と景色づくりの
面でもっと場に合わせられる融通性は持てないのでしょうか?
しかも、へんてこな格好の木を毎年税金を使ってメンテナンスしてるんですよ。
もったいないと思うのは私だけでしょうか・・・。
まぁ、それで潤っているのは、木のことを一番わかってる造園業者なんですから
なんともねぇ〜。

ちなみに、下の画像の舗道には立派な御影石が貼られています。
総延長1kmくらいあるかなぁ。場所的にそんなにメジャーな舗道ではなくて、
歩いてる人もまばら。・・・なのに立派な御影石貼り(詳しくは乱貼り)なんです。
これ、相当お金かかってますぜ〜、だんな。(←誰に言ってんの)

なぜ?


今日は久しぶりにブラックマブチ?

officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 20:14 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

快眠生活はじめます。

CIMG2747bk.JPG

皆様 寒さ厳しい折いかがお過ごしでしょうか?
どうかお体を大切になさってくださいますようにとお祈り申し上げます。


さて、お正月にようやくスマホになったマブチですが、その機種には、睡眠ログなるアプリがついているんです。

寝ている間、枕元にスマホを置いておくと、温度や湿度を測ったり、寝返りやいびきの様子を記録してくれ、どれだけぐっすり寝ているかグラフ化してくれるんです。いびきサイクルのアドバイスからなんなら録音までできるという!すごくないですか?!

新しもの好きなので、早速試してみました。そうすると、眠れていない日が結構多いことが判明。ほんとかなぁ?ってまだ半信半疑なんですけどね。だって、冬は湯たんぽを入れているから寝つきがいいし、朝まで目も覚めないもんだから、ぐっすり眠れていると思っていたんです。でもよく考えれば、睡眠時間5時間ぐらい。
いつももっと早く寝なきゃ寝なきゃと思つつ夜更かしもしてるなぁ。

寝不足は美肌の敵って言うし、昼間集中力も落ちます。質のいい睡眠は生活態度を改めることからということで、寝るまでの
理想の過ごし方を考えてみました。


まず、夕食は寝る前の3時間前にとる。24時までに寝るとすると21時までね。

最近よく聞く話なんですけど、「携帯やパソコンの発するブルーライトが快眠ホルモンのメラトニンを抑制するので寝つきが悪くなる」という。忙しいと、このブログなんて夜中に打ってるときあったけど、ほどほどにしないとね。テレビはドラマをめっきり見なくなりました。設定が若すぎるし重すぎたりして、到底1時間も見ていられない。バラエティは幼稚すぎて論外だし。なんとなくつけてるだけだったので、これからはダラ見をやめよう。(では、何みてるかというとNHKかニュース、情報番組。たまにWOWWOWか専門ch)

寝る前のちょっとした運動には、入浴後のヨガで身体ほぐしが理想。私の場合、お風呂タイムが長すぎるので(2時間弱)、ちょい早めにでて、ヨガタイムをつくろうと思います。キャンドルでムードづくりができれば、更にリラックスできそう。(何ごとも気分、気分〜。)リラックスするためのいい香りのボディバターやピローミストなどは、ずっと前から必需品で、今お気に入りはピーチの香りです。快眠にピーチはどうなのかわかりませんが、フレッシュでいい香りです ( ´艸`)


CIMG2784.JPG
寝る前のリラックスセットまとめてみました。ヨガは、ずっーとShihoさんの「おうちヨガ」を見ながらなやってます。Shihoさんのカラダが好きなので。寝る前にするといいポーズいくつかあるんですよ。骨盤開くポーズとか。


あとベッドサイドには、小難しい本を一冊とナノスチーマ。

こんな感じで、快眠生活やってみます。枕や
ベッド周りの雰囲気、シーツとかも変えたり、おいおい楽しんでみようと思います質のいい睡眠で健康的なキレイ目指します。




officialsite-logo-banner.jpg
タグ:お気に入り
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 19:58 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

ソラニワ

寒い!
寒いけど、晴れたら空がキレイ。

CIMG2777.JPG
ディアガーデンのイロハモミジ越しに見た今日のお昼頃の空。冴えた青に優しい枝ぶりがマッチしてます。
都会の空ではこうはいかないかなぁ。広い空はもはや田舎の特権なのかもしれません。



同じ場所から見上げる空は、一年中同じ空の場所のはずなんですけど、
季節によって、青さが違う。 質感が違う。 高さが違う。 雲の形が違う。
星の見え方も違う。もっといえば、聞こえてくる鳥の声も違うし、匂いも違うので、更に
違って見えたりします。


庭のモミジの枝が、冴えた空気のなかモザイク模様を作っています。
そう、庭は地面だけにあらず。
空を背景にした自然のモザイクアートガーデンだと思えば、
なんとなく、そんな風に見えてきませんか?
落葉樹を植えた庭のオマケの庭が「ソラニワ」です。
(マブチが勝手に名前つけてみました。)


CIMG2780.JPG
近所のケヤキ。この木は2年ほど前にこっぴどく剪定されてしまいました。根のエネルギーを放射するはずの
枝がなくなると、木はバランスを取ろうとしてすごい勢いで再び枝を伸ばすのです。今は冬なので小休止状態
ですが、春になればまたBAN!そんなストーリーを想像しながら見てください。
なんとも力強いアートじゃないですか?


この時期、地面はぬかるんで黒っぽく、ほとんどの植物が眠っています。
春や夏のように見るべきところがないかもしれません。
では視線をぐっと上げてみましょう。

そこには、ソラニワがあります。


束の間の青空であっても見る価値はあります。
人は見る物を選べます。その美しい庭を心に留めておきましょうね。


冬はなんとなく憂鬱になるものです。でも窓の外のソラニワを見てください。
こんなに寒いのに、枝先がなんとなく膨らんでいるのが見えるでしょう?
今度の春がきたら、そこからきれいなつやつやした芽を出すつもりなんですよ。
小休止状態って、すごい可能性を秘めているんだなって思います。


officialsite-logo-banner.jpg
web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:44 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。