2012年08月31日

DearGardenのウェブサイト「9月のガーデンカレンダー」UPしました。

本日、9月のやるべき庭仕事をカレンダーにまとめた「9月のガーデンカレンダー」を
UPしました。

今月の庭仕事の中でフューチャーしたのは「台風対策」。

天変地異は突然やってくるものですが、台風については、規模や進路など、事前に
天気予報でかなり把握できます。
また、大抵秋に通過するものですので、もう、今から備えておくべきです。

家の周りをくるりと見回って、1時間から長くて半日くらいで、できることを
ピックアップしてみましたので、よろしければチェックしてみてください→
コチラ


あと、お月見の室礼についてもちょこっと触れています。

tukimi-osonae.jpg 
昨年のお月見の室礼(まだ、ちゃんと飾る前ですが)


9月の澄んだ夜空に輝く月は美しい。
本能的に惹かれるものがあります。
ガーデンカレンダーにも、新月、上弦、下弦、満月と満ち欠けを記しているくらい
月には注目しています。

詳しくは10月のガーデンカレンダーで特集しますが、
月の満ち欠けによって、精神状態も変わるそうなんです。
その時々で、過ごし方を変えることで、体と心がよりよくなるのです。

また、十五夜の日(30日)には、今年の室礼も書きたいと思います。


officialsite-logo-banner.jpg





web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:50 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

新しい読書法

空き時間は、本を読むようにしています。
知りたがり症なので、興味が少しでもわけば、読まずにはいられません。

自宅の書架が限られているので、専ら、図書館利用派です。
買うのは、図書館になくて、どうしても読みたい場合のみにしています。

今はウェブで検索&予約ができるので、片っ端から予約してます。
図書館の雰囲気も好きなんですが、あれだけの本を手にとって選んでいる時間も
ないので、予約システムはありがたい。
一度に十数冊抱えて入り、そして同じくらい抱えて帰ります。
近江八幡図書館の職員の方にはホントお世話になっています。

全て読んでるわけではなく、期待はずれのものは結構読み飛ばす。
中には、大当たりなものもあって、そういう本はアマゾンで注文。
手元に置いて、たまにチビチビ読んでます。

CIMG1758.JPG
チビチビ読むお気に入りエッセイ。こういうものはハードカバーじゃないと。


最近、フォトリーディングという読書法を知りました。
一字一句読んでいく従来の方法ではなく、脳全体を使って読む方法というか
ページを脳に直接取り込んでから、目的をもって拾い読みしていく方法で、
ものすごく早く内容を理解できる読み方らしい。

詳しくは、このブログ右の書棚の中の本まで。
(ちょっと、胡散臭い箇所もあります。)

著者いわく、トレーニングというより、実践あるのみ!だそうで、
素直な私は、とりあえず、母から薦められた仏教系の300ページ以上ある本3冊で
実践してみました。

フォトリーディングで2冊、普通の読み方で1冊。
すると、フォトリーディングした方が、明らかに早く深く読めた!

うーん、これは、ひょっとして、アリかも?!
まだ、テクニックを会得しているわけではないので、
もうちょっと、実践つづけてみます。

効果があれば、またお知らせします。


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 17:58 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

香りのお話。フレグラントガーデン

私、結構、鼻がきく方だと思います。
香り(匂い)に敏感で、わずかでも結構反応します。
鼻をひくひくさせていると、「犬か?!」と突っ込まれることも・・・。

別に匂いフェチではないのですが、普通にいい香りに包まれるのが好き。

やっぱり一番は、新鮮な植物の香りかな。
今、このブログは、バラ「シャンテ・ロゼ・ミサト」の香りを感じながら書いてます。
(今朝摘み取ってPCの隣に飾ってる。うちのバラの中ではダントツいい香り)


CIMG1287.JPG
左が「シャンテ・ロゼ・ミサト」。右は「あおい」。
どちらも思い入れあるバラで、とっても大事にしています。

香りでふと思い出すこと。

春の夜、歩いていると、どこからか沈丁花の香りが漂ってきます。
まだ少し寒かったけど、すっきりと上品な香りがなんとも心地よく体を包んでくれる。
香りに導かれて歩いて行くと、そこには、満開の沈丁花が。葉張り1.5mほどもあり、
闇に白く浮かぶその姿、幻想的でキレイだった。

また、犬ネタなんですが、
犬の肉球って、ポップコーンのような香ばしい匂いがして、好きなんです。
犬種によって違うものなのかなぁ?うちのはそうです。ときどき嗅がせてもらって、
「うん、そうそう、いつもの香ばしい匂い。」と、納得しています。それだけです。
 ソレダケカイ!・・・ (;´д`)ノ

あと、若い男子って、甘い虫の匂いがしませんか?
虫の匂いっていうところ、なんて説明していいかわからないんですが、私の中では
そうなんです。誰か共感してくれる人いるかなぁ?
強烈に漂ってくることがあって、クラクラします。私だけ?

香りって、記憶や本能に直結しているから、一瞬行動が止まっちゃう。
いい香りやいい思い出にまつわる香りを嗅ぐと、リラックスできるし、気分転換に
なります。

ルームフレグランスも、お香やらアロマやらと、凝りだして。
お気に入りは、インテリアにもなるリードディフューザー。
アロマオイルの入ったボトルにスティックを立てて、ほのかに空間を香らせるアレ。
火や電気を使わないし、長持ちするし、香り方もくどくないところがいい。


そのリードディフューザー、自分で作れるってご存知でした?
今まで買っていたのですが、ボトルが空になって、何気なくググッてみたら、レシピが
沢山出ていました。結構簡単です。


CIMG0133.JPG
材料はこんなところ。
無水エタノールとグリセリンはドラッグストアで。スティックは専用のもあるけど、
100均で売ってる竹串か巻きすがお手軽です。ボトルは口の小さいタイプの方が、
蒸発しにくく長持ちするのではと思っています。
アロマオイルはお好みで。香水でもよいそう。

レシピはすぐ見つかると思いますが、私のも簡単に説明しますね。
分量はボトルにあわせて計算してください。私は1瓶50ccにしました。
香料(20%)、無水エタノール(80%)、あればグリセチン(5%)を保留材として入れる。
(グリセリンを入れると揮発性が弱まり、ゆっくりと芳香するそうです)
材料を混ぜてできあがり。できれば蓋をして、10日程ねかせておくと、更によい。
香りの濃度は好き好きなので、調整してください。
使っていて香りが弱くなったら、スティック上下の向きを変えるといいですよ。


・・・話を戻します。
最初に「一番いいのは、新鮮な植物の香り」と書きましたが、
フレグラントガーデンという庭づくりがあります。
芳香植物(香る植物)をテーマにしたお庭のこと。
植物の香りは、アロマセラピーに利用されているように、人間に様々な効果を
もたらしてくれます。
どんな香りを選ぶのか、組合せ方、面積、効果的に香らせる施設づくり、時期に
よってどう変化をつけていくのか、鼻を頼りにプランニングします。




CIMG1334.JPG
ローズガーデンもフレグラントガーデンですね。


目に見えない香り。
窓から入ってくる新鮮な植物の香りに、季節の移ろいを知るのは、この上ない贅沢。
豊かな気持ちになれるフレグラントガーデン、いかがですか?


officialsite-logo-banner.jpg



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:20 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデンデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

庭掃除。引き算の美学

残暑厳しい日々が続いておりますが、皆様体調いかがでしょうか?

お庭も結構茂ってきて、見るからに暑苦しくなってきたような。
ガーデニングするには酷なこの時期は、部屋でゆっくり冷たいものでも飲みながら
庭は目で楽しむというのが理想かな。

眺める庭となれば、そこそこ手入れもして、フォーカルポイント(庭の焦点になるもの)
には花を美しく咲かせてと、いろいろ求めてしまいそうですが、8月に無理に作業する
必要はないです。


庭を美しくするのに、一番効果的で、手軽にできることは、掃除です。
当り前すぎて、何を今更と言われそうですが。

目につくところのみでいいです。

空いた鉢、枯れた植物、道具類、中途半端に残った用土、自転車、ホース、
これらを片付ける。
美しくないなぁと感じるものは、庭の目につくところから、徹底排除です。
植木鉢類を、やたらと並べるのも暑苦しい。
盛りの鉢だけにして、見頃ではないものはバックヤードで養生するくらいな
気持ちで、片づけてはどうでしょう?
引き算の美学というものは、庭にもあると思っています。
そして、掃き清め、水やりをする。

新たに何を造るでも植えるでもない、今の現状を昇華させる方法は、掃除です。
私達がお客様の庭を工事するときも、掃除をとても大事な仕事の一つとしています。
明日、同じ作業の続きをする場合でも、一日の終わりは、片づけ、掃き掃除、
水洗いをしっかりします。もちろん、仕上げの際には徹底的にきれいにします。
当たり前のことですよね。
やはり、見栄えが違うし、気持ちもすっきり晴れ晴れします。


CIMG1756.JPG
道路に面する前庭や玄関周りなら、尚更きれいに。
打ち水をすれば、道行く方にも、涼しさを感じていただけます。

お掃除だけなら、朝の涼しい時間帯にささっと済ませられます。
水を打った庭を眺めてください。


なんと、すっきり涼しげなこと!気持ちいいーーー!


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 11:11 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

お庭を他人目線で見てみよう。

花は咲いているのに、咲いていないと言われてしまう、なんだか寂しい感じと
思われてしまう。・・・そんな経験はありませんか?

それは、植えられている植物が、原種系だったり、山野草だったり、
花径が小さいものだったり、花色の組み合せが地味だったり、・・・という場合が多いです。

こういう植物は地味ながら、素朴で野趣あふれる風情。清楚だし、とっても魅力的です。
私も結構好きです。

ガーデナーは、どうしても自分の好きな植物ばかり植えてしまう傾向があります。
渋い好みのガーデナーさんの場合、丹精込めた育てたお庭を前にして、花が咲いてない
なんて言われてしまうこともあるのでは?やっぱりがっかりしますよね。
「ちゃんと見てよ!こんなに咲いてるのに。」って。

自分の好みを曲げる必要はないのですが、他人目線(ちょっと引いた目線)で
もう一度、お庭を見てみませんか?

ポイントは、メリハリをつけること。
渋い濃い色の花が好きなら、明るい背景の前に植えるとか。
プライベートガーデンには、自分好みのものを植え、人目につくフロントガーデンは、
ある程度の華やぎを心がけて植える、というのもありです。

昨日、花あそびリフォームをされたお客様は、このあたりのことを十分理解されていました。

道路に面し、アプローチの脇を彩る花壇。お花のリクエストをお伺いすると、
「元気がでて、ぱっと華やかな、黄色いお花を植えてほしい。」そして、
「黄色を引き立てるブルー系のものを合わせてほしい。」・・・と、はっきりしたお答が。
こんな風に答えていただくと、とってもデザインしやすいです。

kadan3.jpg
7年ほど前にディアガーデンがデザインしたお庭です。花あそびリフォーム完了!
シンボルツリーのソヨゴの足元が、黄色い花でパッと華やかになりました。
この花壇を見たら、きっと誰もが明るく元気な気持ちになってくださるのではと思います。
作業終了後は、奥様、二人のお子様、それぞれのマイカメラで撮影会!
本当に楽しくて、私自身も嬉しくなる一日でした。

このお宅でも採用した、ジニアやルドベキアは、初夏から晩秋までずっと楽しめる
優れもの。他に、エキナセアや小花ヒマワリなんかもオススメです。

CIMG1750.JPG
ジニア「プロフュージョン」は、花姿が乱れずこんもり整うことと、花がら摘みをすれば、
どんどん咲いてくれるところがいい。パッと目につく色合いも夏らしい。

CIMG1755.JPG
レモンイエローっぽいのもあります。中心が黒くなってきたら花はそろそろ終わりですが、
花弁はまだイケそう。ちょっとくらい花摘みが遅くなっても許される?!

CIMG1753.JPG
ジニア「オールドファッション」は、草丈30cmくらいでコロンとした花。
日当たり具合いで、色の出方が違ってきます。大人好みじゃないかなぁ。

黄色やオレンジの花には、ブルー系を合わせる他に、
今夏のディアガーデンのように、ライムグリーンや斑入り葉を合わせ、爽やか系にする
もよし、銅葉を合わせて、シックな大人系にするもよし。
シルバーグリーンと合わせて、ふんわりとした明るさを強調してもいい。
(白花を持ってくるより洗練されてると思います。)


自分好みの植物にこだわり、自己満足な庭に納得するのもいいけれど、
他人目線も取り入れてデザインしてみるのも、思いがけずいい感じになるかもしれません。
目にとめてもらって、「うわーっ、すっごくきれいですね〜。」って、褒め言葉を頂戴したら
やっぱり気分あがりますよねー!


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 15:19 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。