2012年06月27日

風鈴出しました。

そろそろ夏の室礼にする時期です。

夏の室礼とは、冬座敷から夏座敷に変えることをいいます。具体的には、建具や敷物、調度品などを冬用から夏用に取り替えます。しかし、座敷がない、変えの建具を保管する蔵もない、ないないずくしの我が家。まぁ、そこをなんとか工夫して、夏の室礼っぽくしています。

例えば、壁に掛けている絵を夏用に変えるとか、クッションカバーを変えるとか、そんな些細な変化ですが、なんとなく涼しくなったような。


CIMG1452.JPG
京都の老舗唐紙「唐長」のポストカードを集めて季節によって入れ替えてます。夏は「風」「入道雲」「雫紋」の文様をチョイスしてみました。ブルーの濃淡が涼しげでしょ?秋は「稲」や「「紅葉」の文様でベージュ系の色目で統一、冬は「雪」。年が明けたら、「梅」などの文様でモノトーンで統一・・・など、楽しんでいます。


思い起こせば、このブログ最初の投稿がちょうど1年前。タイトルは「夏の室礼」でした。ディアガーデンの事務所の夏の室礼を紹介しています。今年も同じように照明を変え、夏のフラワーアレンジにし、風鈴をかけました。


CIMG1421.JPG
めちゃくちゃお気に入りの風鈴。「明珍火箸風鈴」です。この木箱を開けるとき、夏がやってくるんだと感じるようになりました。


この明珍火箸風鈴、私の故郷兵庫県のものなんですよ。とても澄んだ複数の音が、和音のように響き合って、うっとり聞き惚れてしまう〜。本当に美しい音色。私はいつもお浄土を連想してしまいます。


今年は特に節電が叫ばれていますし、五感で涼を感じる生活というものにシフトしていくべきなのでしょうね。そうすれば感性も磨かれる!・・・かもしれません。


officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 17:56 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

my dear ralf

いつも大体私の傍にいる彼、コーギー犬のラルフ。

事務所にいるとき電話をいただいいた方や、突然ふらっとお見えなった方にはおなじみだと思います。吠えたりしてご迷惑おかけしてすみません(汗)普段私といるときは、静かなんですけどね。


CIMG1409.JPG
こんな感じで見上げられたら、もう・・・。

CIMG1416.JPG
噛むおもちゃを愛用中。歯石もとれてベンリ。

CIMG1418.JPG
何回かおもちゃを投げたりしてると、最終的には抱え込んでしまい・・・
噛んでるうちに、そのまま寝てしまうというのがパターンです。

CIMG1419.JPG
コーギーの魅力は後ろ姿にもあると思ってます。まあるいお尻がso cute!!!
ただいま夏毛にチェンジ中で毛が半端なく抜けてます。


ラルフという名前ですが、呼び方はその時のマイブームがあって、初めはちゃんと「ラルフ」、数年経つと「ラル」に短縮されて、
だるだるの関係になってくると「らるちん」、そして今は「ラル子」です。

子とつけてもラルフはオス。昔住んでいた家の隣の奥さまが、なぜかそう呼んでいて、その時は「うちの子男の子なのに〜。」って不思議に思っていたのですが、なんなんでしょう?かわいさMaxになってくると「子」がついちゃうんですよ。それが最近わかりました。

なので、今は「ラル子ぉーーーーーっ」って、外でも叫んでいます。

あーはずかし。

ディアガーデンを訪ねてくださると、もれなくラルフに会えます。犬がお好きな方は、是非やつと遊んでやってください。

普段お客様をお迎えするとき、ラルフは別の場所に移動させて、抜け毛もキレイに掃除して、できるだけ彼の匂いも消すように努めています。特に犬が苦手な方はアポイント入れてくださると大丈夫ですので、よろしくお願い致します。(こう見えて、私も昔は犬が恐くて苦手だったので、お気持ちはわかります。)


officialsite-logo-banner.jpg



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 18:41 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

「ガーデンリフォーム‘花あそび’」のご提案

ディアガーデンは、お庭・エクステリアの設計・施工監理を行う事務所としてスタートし
お陰様で今年10年目を迎えました。

ここまで続けてこられたのは私にお仕事をさせてくださったお客様、一緒になって作って
くださった造園会社様、材料を売ってくださった業者様、様々なアドバイスやご支援、
サポートくださった方々、家族のお陰だと心から感謝しております。
本当にありがたく思っております。

しかしながら、私はまだまだ祝ったりする気持ちではなく、ただの通過点だと感じています。
これまでいろいろな経験をさせていただき、これからディアガーデンがなすべきことは何か、
ディアガーデンならではの強み、自分がワクワクドキドキする仕事とは?ということを
立ち止って考えてみました。

その答えのひとつが、植栽デザインを極めるということです。

なんとなくある花壇でも、その場所やお客様のライフスタイルにあったものの中から
最上級の植物の組み合わせをご提案し、お作りすることができたら。
見慣れた場所がぱっと輝き始めるはずです。

そんな考えを元に、この度「ガーデンリフォーム'花あそび'」と名付けて
植物による庭のリフォームをどんどん世の中におすすめしていくことにしました。

flower-wall のコピータイトル入.jpg

庭の枠組みはそのままに植物を植えかえるだけなので、低予算で雰囲気を変えることが
できます。ガーデンデザイナーがありきたりでない植物の組合せや見せ方を
御提案します!詳しくはウェブサイトをご覧ください。コチラ
お問い合わせお待ちしております。

ウェブサイトのページと合わせてチラシも作っちゃいました!
限定1000枚なので、私がここぞと思うお客様か関連先様にしかお届けできないのですが
手に取られた方はどうか!すぐに捨てずに見てやってください。
'花あそび’のこと以外にも、ディアガーデンの紹介やきれいな庭の写真等
いろいろ盛り込みました。

officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 15:25 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

ディアガーデンのアジサイたちと雨の日の過ごし方

アジサイが見ごろを迎えています。

低木の中でもアジサイは好きなもののひとつです。
ボリュームのある姿、優しい花の雰囲気、日本に自生する植物なので
とにかく育てやすく丈夫・・・。香りがないのは残念だけれど
それを補ってあまりある魅力があります。

ディスプレイガーデンには3種類のアジサイを植えています。
西洋アジサイ「アナベル」と山アジサイ「クレナイ」、名前のわからないピンクのアジサイ。
今日は見ごろを迎えた2種類をご紹介します。

CIMG1398.JPG
「アナベル」は本当に大好き。
純白からライムグリーンに変化してから、夏を乗り越え11月までずっと変わらずいてくれる。
優美な佇まいの中に強さを秘めるアジサイ。

ヤマアジサイ「クレナイ」3.JPG
「クレナイ」はアジサイにしては珍しい赤花種。
咲き始めは白で、だんだん赤くなっていく。葉は艶がなく細い。
姿が繊細でいかにも山アジサイっぽい。

梅雨のまっただ中。
大地は潤い、植物は青々として、あらゆるものの細胞の隅々までが瑞々しい。
アジサイは特に輝いています。

この時期、湿度が増すことで香りが立ったり、雨音で雑音がかき消されたり、
どこか時間がゆっくり過ぎていくような、ちょっとけだるいような空気感がいいですよね。

部屋の中で雨に打たれうなだれる植物を眺めながらゆっくりお茶を楽しんだり、
ソファーに身をゆだね読書に耽ったり、
録画したものを見ていてうたた寝してしまって結局見てなかったり、
私は、なんとも自堕落で有意義な時間を過ごしています。
何もしないでいることで、時に支配されずに、束縛から心を解放される。
本当の時間の流れを感じる過ごし方かもしれません。

こんな時間があるから、また集中して物事に取り組める気がします。

あぁ、とにかく梅雨とアジサイ。
いいものです。

じめじめしてうっとおしい。洗濯物は乾かないし、などとイライラせずに
雨を堪能しましょう。


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 00:53 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

DearGarden流庭仕事スタイル(長靴編)

関西もとうとう梅雨入り。
植物にとっては恵みの雨。濡れた姿は情緒がありますね。
そして、雨といえば長靴。ついでに庭仕事には必需品ともいえます。

ちょっとした移植や水やりくらいなら長靴は履きませんが、
一日中現場で、土を掘り返したり、雨の中うろうろしたり(一応現場監督という立場で)
するときには、長靴を履きます。

長靴にはショートタイプとロングタイプがあります。
ショートタイプはしゃがんで作業しやすいし、ロングタイプは防寒や虫よけに良い、と
それぞれ違うので、その日の作業や気候によって履き分けています。

ただ、やっぱり服にあった長靴がいいじゃないですか?
どうせなら機能性プラスおしゃれ心を満たしてくれるような長靴を履いて
仕事するのがDearGarden流。

今、愛用している長靴がコレ↓
CIMG0044.JPG
ILSE JACOBSEN(イルセ・ヤコブセン)のレースアップラバーブーツ

北欧デザインの本場デンマークブランド。
レースアップというデザインが長靴っぽくなくておしゃれ。ラインがキレイ。
カラーバリも充実していて、黒かチョコ茶で迷ったけど、ショートブーツが黒なので
チョコ茶を選択。仕事前に靴紐をきゅっと編みあげるとテンションがあがります。
天然ゴムなのでわりと柔らかくて履きやすいですし、裏地にボアがついていて
足あたりがよく、夏は吸湿性、冬は保温性に優れています。

CIMG0045.JPG
裏地はこんな感じ。

この長靴なら、普段のカジュアルなスタイルにも合いそう。
まだ普段にはいたことないけど、冬に犬とお散歩する時なんかにいいかも。

使用後は、泥をきれいに洗って陰干し後、お菓子の乾燥袋を布でくるんだもの(靴下とか)を
入れておくとよいようです。長く履きたいのでお手入れはちゃんとします。

自分のお気に入りを身につけるだけで、なんだか一日いい気分で過ごせますよね。
いい気分で仕事をすると、効率も上がるし、デキもいいことが多い気がします。
周りを明るくしますし、またその気分が伝染していきます。
たとえそれがただの長靴だったとしても、それでスイッチ入って気分が上がるということが
大事だと思うんです。
大体、私っていう人間は何事も格好から入るタイプでして。

仕事スタイル、これからもっともっと楽しみますよー!

officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:05 | 滋賀 ☀ | Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。