2012年05月26日

切り花用花壇をつくりましょう(その2)

前回、「Cutting Garden(カッティング・ガーデン)」切り花用花壇の魅力を
お伝えしましたが、今回はつくるコツをお伝えします。

cutting_garden2.jpg
雑誌の切り抜き。盛夏のころのCutting Garden

基本的には、菜園とほぼ同じように列ごとに花を並べて植えます。
それはデザインの美しさや完璧な手入れよりは実用を重視したいためで、
(もちろんパーフェクトを目指してもいいのですが)
まとめて花を摘み取ったり、株自体を処分して新しい苗を植えるといった
作業がしやすい利点もあります。

次に、どんな花を植えるかという点ですが、どんどん花を咲かせてもらいたいので
一年草を中心にセレクトするといいでしょう。
コスモス(ピンク以外にもオレンジやレモンイエローにも注目です)、百日草、サルビア、
金魚草、キンセンカ、ヒマワリ(最近赤系など種類が増えてます。小花がおすすめ)など。
時期が過ぎましたが、早春なら水仙、チューリップも5,6色あるといいし、スイートピーも
部屋に飾るといい香りがして素敵なのでおすすめです。

ベースは一年草で固めるとして、お店でなかなか大量には買えない花も植えたいですね。
デルフィニューム、バラ、ユリ、カラー、グラジオラスなどは豪華なアレンジメントが
できるでしょう。あとは、アレンジの隙間を埋めてくれるようなグリーンや小花系も。
切り花用でない庭の方にあれば省略していいと思いますが、斑入りのナルコユリや
放任で育つサンジャクバーベナなどを隅に植えておくと重宝すると思います。

菜園である時期ぽっかり空くスペースを利用するのも賢い方法。
夏野菜を植える前にチューリップの球根を植え楽しむ、ホウレンソウなどの葉野菜が終わった
晩春にユリの球根を植える、マリーゴールドは虫よけになるので空きスペースがあれば
どこにでも。といった具合に工夫すれば途切れることなく畑を利用できるでしょう。

また、切り花の色を選ぶ場合、無難なパステル系を選びがちです。
でも折角自分で作るのですから、店頭に並ばない色目やダークな花色を選んでみては?
濃い紫に赤なんて組み合わせもシックです。はじめから組み合わせを考えて植えるのでは
なく、花壇で咲いた花を自由に組み合わせてください。
自分でも思いもよらないアレンジになるはず。

cutting_garden3.jpg
雑誌より。白いサルビア、オレンジと白のコスモス、メランポディウムなどをアレンジ。

あと、切り花用花壇の最良のお手入れは、花を摘み取ることです。
特に一年草は放っておくと種ができてしまい花をつけるのをやめてしまいます。
家に飾るアレンジを作る必要がないのなら、誰かにプレゼントしてもいいと思います。
積極的に摘むことがきれいを保つコツです。

苗売り場には、一年草の苗がたくさん並んでいます。いまからでも十分間に合いますよ!

officialsite-logo-banner.jpg


このところ拍手くださる方、ありがとうございます。
実は拍手ボタンをやめようかなと思っていたんです。とっても嬉しかったです。
ホント、励みになります!


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 11:21 | 滋賀 🌁 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

切り花用花壇をつくりましょう(その1)

野菜を作るように花を作ったら・・・。
その庭は「Cutting Garden(カッティング・ガーデン)」←横文字にするとなんかカッコイイ!
要するに切り花用花壇です。

ガーデナーなら誰でも、庭がちょうど見頃を迎えた頃に花を切るの、戸惑いますよね?
「切りたくない。切ったら庭が寂しくなっちゃう・・・。」
「庭の彩りとして、このまま庭で咲いているところを見ていたい。」
切り花用花壇の場合は、花をどんどん摘むことが大事で、それを室内に活け
楽しむことで完結するのですから、ストレスゼロなのです。

いまや、切り花は街の花屋さん、スーパーや駅などどこでも気軽に売っていますが、
やはり価格や好み、新鮮さを考えると自宅で作る方がだんぜんお得です。
花屋さんで3000円のアレンジを頼むなんて普段そうそうできませんものね。
3000円あったら、たくさん花をつける一年草の苗を買った方がいいです。
アレンジならもって1週間か10日ほどなのに比べて、苗なら2カ月以上は楽しめます。
また、田舎ではよく、畑の隅にお墓やお仏壇に供える花を作りますが、
仏用ではなく、普段用としてもっと自分好みで植えてみてはどうでしょう?

cutting_garden.jpg
ある雑誌に載っていた切り花用花壇。こんな庭で童心にもどって思い切り花が摘めたら!

お花屋さんの花と自分で作る花の違いは、価格や新鮮さの他に「姿かたち」にあると思います。
生産者が出荷の際の決まりごとに縛られて育てる花ではなく、うちでのびのびと
適当に(いい意味で!)育てた花は、花の大きさや色がまちまちで茎も曲がってたりします。
そんな花は活けるのも少々苦労しますが、ばちっとハマった時、なんとも自然な姿の
アレンジになります。まるで庭の一部を切り取ったかの様な。

CIMG1291.JPG
DearGardenの庭で咲いた花をアレンジ

切り花用花壇があれば、家じゅうに摘みたてのお花を飾ったり、来客時のディナーには
テーブルにどん!と飾れます。また、お友達のお宅に遊びに行く時には、小さなブーケは
気をつかわないプレゼントにぴったりだし、小さな女の子がいらっしゃるうちは、花を
摘んで髪飾りや首飾りなんか一緒に作れますね。

庭や畑に少し余裕がある方、切り花用花壇をつくってみませんか?
次のブログでつくるコツをお伝えしたいと思います。

officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 09:19 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

太陽と月と地球のコラボレーションアート

今日は朝から金環日食で盛り上がりましたね!
皆さん、専用メガネをかけて空ばかり見てましたか?
お庭で観察した方は、太陽と月と地球のコラボレーションアートにお気づきですね?

私も東向きのテラスで観察していて、その不思議さに感動してしまいました。

木漏れ日が落とす陰。
いつもならこんな感じ。

CIMG1275.JPG

日食がはじまった時。三日月型の陰で・・・
CIMG1260.JPG

ほぼ円の形・・・
CIMG1267.JPG

金環日食の瞬間!
CIMG1270.JPG

鱗のような不思議な模様。これをアートと呼ばずしてなんと呼ぶ?!
CIMG1271.JPG

暦によると、今日は新月の小満と書いてあります。

新月とは、月が一番かけたとき。夜は闇に包まれる。
物事を始めるのに最適で、新月に始めたことは大きく育つといわれています。
また、小満とは二十四節気のひとつで、
万物しだいに長じて天地に満ち始める、という意味らしい。
また、今日5月21日は、旧暦では4月1日にあたります。

西暦でいうと、なんでもない普通の日っぽいけれど、
暦や旧暦でいうと、今日は何かを始めるにはよい区切りの日っぽくないですか?
金環日食という特別な日でもあるし!

5月病でなんとなくダルダルな気分のあなた!(私も!)
ここらで、もう一回気持ちを仕切り直してみませんか?

officialsite-logo-banner.jpg




web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 12:11 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

庭をもつとは。

庭をもって気付いたこと。


ちょっとここのところ手入れをさぼっているから、ここらでスッキリさせるかと思い立ち
ある場所にかがんでおもむろに草をひき始める。

しばらくすると、ずっと植えっぱなしのアオキが想定外にデカくなっているのに気付く。
これは剪定時期を逃したなと後悔しながら、今切らないと更に想定外になるので
剪定することにする。こんなもんかなと全体を眺めていると、隣のサントリナも気になりはじめ
ちょっと刈り込む。

切った枝を見ていると、挿し木にできるじゃないか、いいことに気がついたとばかりに
枝を小瓶に挿しに家の中へ。ついでにお茶を飲んで休憩することにする。

再び外に出ると、枝や葉のくずが結構たまっていたので堆肥のところに持ってくと
堆肥からは正体不明の新芽が出ている。すぐにかぼちゃの種が発芽しているのだと確信し、
これをこのまま植えたら、この秋にはカボチャがいっぱいできてウハウハかもなぁ、なんて
想像していると、お隣の奥さんに呼び止められる。
この前いただいたお土産のお礼を言って、ひとしきり世間話をしていたら、もう夕方。

こうして、結局草引きは中途半端な感じで一日が終わり、今日はいったい何をしたのだろうと
戸惑うことになるのです。

でも本来、庭をもち、庭を手入れし、庭と暮らすとは、
全く目的を達成しなくていい活動なんだと気が付いたのです。
この中途半端で漠然としていて、想いがあっちこっちに飛んでいく活動。
これがガーデニングの真髄と言ってもいいと思っています。

抜いても抜いても出てくる雑草とは戦わない。
草引きは禅の修行なのだから。これもガーデニングの真髄。

ある朝ふと見ると咲いていた、お気に入りのバラ。
ここしばらく味わったことのないワクワク感でもって、右から左から、上から下からと
花を眺めてシャッターを切る。これもガーデニングの真髄。

CIMG1259.JPG
今年初めて咲いたバラ「ディスタントドラムス」中心が黄味がかった渋い色合いの花。

中途半端が許される、過程を愉しむ素晴らしさ。
庭をもつとは、そういう愉しみを得られるということなのです。

officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:29 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

ヘルスツーリズムin沖島レポート(5月18日)

今年に入り第3回目のヘルスツーリズムin沖島。

CIMG1258.JPG
この時期、沖島の山では山ツツジが満開。登山道の脇には山菜や珍しい植物も
生えています。沖島の植生の豊かさを感じる春登山。


この催しを主催する「ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会」は、
滋賀県近江八幡市の沖島にある安全で登りやすい低山をメインフィールドとして
活動しています。
森林療法のひとつである森林浴を体験してもらいながら、フィールドの整備を
ボランティアで行っています。
私はガーデンデザイナーとして自然環境に興味があり、自分の体にあっていて
気持ちいいので参加しています。

今日の整備場所は、頂上広場のひとつで島の東側に位置する通称「見晴らし広場」です。
この広場からは大中の湖干拓や国民休暇村、安土方面が広く見渡せます。

CIMG0879.JPG
見晴らし広場からの眺め。撮影は今年の3月。

CIMG1248.JPG
木々が成長しはじめた現在の見晴らし広場。作業前の様子です。
ベンチ代りの丸太は腐り、そこに根付いた植物で鬱蒼としている。
もはや広場とは呼べない状態。

CIMG1251.JPG
腐った丸太を片付け除草。放置されていた切り株も足を引っ掛ける恐れがあるため、
可能な限り掘り取りました。見晴らしを損ねる木々を伐採しスッキリとした視界も
得られました。これで名前の通りの「見晴らし広場」になりました。

CIMG1255.JPG
作業の後はきれいになった広場で森林浴体験。
コーディネーターの方のハーモニカに耳を傾けながら、森の音や空気を全身で感じます。
各自呼吸法により自律神経を整えていきます。
こんな時は普段の生活のゴタゴタは全く忘れています。
一時だけでもストレスの原因から解放されれば心は楽になります。
ひいてはそれが健康につながっていくではないでしょうか?

沖島の山は200mほどの低山ですが、半日歩くと運動量もけっこうなもので
次の日はさぞかし筋肉痛で大変だろうなと思われるでしょう。
しかーし!
実際は筋肉痛ゼロなんです。
これは筋肉に疲労を蓄積させないワザがあるんです。

自分の体の状態に「気付き」「向き合って」「対処する」こと。
自分の体はもとより心(思いぐせ)までも、自分自身で変えられるとしたら・・・。
胡散臭い話ではありません。科学的かつ理論的な話なんです。

日常生活でも使えるいろいろな方法やお話を随所にまぶしながら楽しく森歩き。
参加希望者、会員、会に賛同いただけ援助下さる方、大大大募集中です!

ご連絡はこのブログにメッセージをお送り下さるか、
DearGardenのウェブサイトにあるお問い合わせフォームをご利用ください。
折り返し日程など決まり次第お知らせいたします。

officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 16:04 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。