2012年03月24日

三寒四温

春先は、寒い日と暖かい日が交互にやってきます。「三寒四温」ってやつです。

低気圧が通過し寒気が流れ込んで寒くなった後、今度は高気圧に覆われて暖かくなるというように、周期的な気温の変化を繰り返すことが多くなり、徐々に暖かくなってきます。「三寒四温」とは、もともと中国で冬場に使われていた言葉のようですが、日本では、冬より春先にこの現象が感じられることが多いため、使われるようになったとか。


この時期、花苗にとっては結構厳しいのです。園芸ショップでは、ハウス内や屋根がある売り場が多いです。生産者の手元でも、ほとんどハウス栽培でしょう。いわゆる温室育ちの子が地植えされ、いきなりこんな天気のところで過ごさなければいけませんので、環境になじめず弱ってしまう場合があるのです。

気温の変化だけでなく、春は風も強い。特に滋賀県は琵琶湖の周りを山々が囲っているためか、吹き下ろしの風が強い。よって、今の時期求めた苗は、徐々に外気に慣らしていくのがベスト。もう植えてしまった場合は、カバーをかけてあげると安心です。



CIMG0948-bright.jpg


DearGardenのお客様の花壇。数日前に植栽工事を終えたばかりなのに、寒気が到来。明日はなんと雪マークまで(>_<)住宅展示場なので枯らすわけにはいきません。念には念を入れて養生しています。


もし、寒さに当たって苗が弱ってしまっても、枯れてしまったわけではありません。暖かくなるとまた復活してきますので、それこそ暖かい目で見守ってあげましょう。


カバーの下はこんな感じ。黄色と水色の爽やかコーデ。暖かくなって苗が広がるのが楽しみです。


CIMG0925.JPG


CIMG0924.JPG


officialsite-logo-banner.jpg



web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:58 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガテン系ガーデンツール

ガーデニングに必要なツールはいろいろありますが、今日取り上げるのは剪定鋏。

私の場合、仕事柄消耗が激しく、いろいろな現場に持ち歩くので、つい置いてきてしまう
こともたまーにあって、いつでも買える国産のものを求めるようにしています。


CIMG0896.JPG
職人ご用達ブランド「岡恒」の剪定鋏(下)と芽切鋏(上)。
芽切の方は花苗の形を整えるのに使ってます。


いわゆるガテン系ブランドなので、おしゃれというニュアンスは見当たりませんが(←失礼やね)
切れ味バツグンで丈夫です。ツールに関しては機能性重視の私。
使い終わるときれいに洗って、刃の部分にオイルコーティングします。

鋏などのツール関係は馴染みの問屋さんで買うのですが、
ちょっとしたものなら職人さんたちが行くような通なホームセンターが狙い目。
種類も豊富でお手頃価格な商品がたくさん並んでいます。
いろいろな棚を見ているとあっという間に時間が経ってる!


ツールはガテン系でもガーデンファッションは、女性らしく気分が浮き立つようなスタイルが
好みです。いくら泥と汗にまみれ汚れようとも、キレイでおしゃれな格好がしたい〜〜〜。

ガーデンでは緑や茶色といったアースカラーの背景が多いので、黄緑やオレンジ、ピンク、赤
パープルというように、打ち合わせや現場監理の仕事の時には着ないような華やかな色を
ポイントにして着ることが多いです。

グレーや茶色、黒、モスグリーンといった渋い色は、風景に溶け込みすぎて。
しかも汚れるとますます地味に見えるので、いかにも現場作業員って感じになってしまう。
(実際、そうなんですが・・・。^_^; )
渋色を着るときはよほどスタイリッシュに決めないと。


また、ガーデニングスタイルもご紹介したいです。


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 00:28 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

ヘルスツーリズムin沖島レポート(ヘルスツーリズム実践編)

健康でそこそこ自立してて、一人になりたいときは一人になれて、
でも人恋しい時には、心を許せる人が近くにいて、贅沢しなくても
好きなものを少し食べて、好きなものに囲まれて暮らす。
それで欲を言えば、なんでもいいから誰かの役にたっていたい。


なんて都合良すぎですよね〜。

でも、突き詰めていくと長生きしても病気がちで辛かったり、
人の手を煩わせてばかりいるのは、ちょっと辛い。
健康なら長生きでもやっていけるかも・・・って思います。

みんなだいだいそんな感じですよね?違う?


それで、好きなことで、気持ち良くできて、体にいいことないかな〜?って
始めたのが森林浴です。私、長生きすると一人になる可能性が高いので
こう見えて(どう見えて?)真剣です。
今は、ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会のメンバーと沖島に通っています。


CIMG0879.JPG
沖島頂上より湖東方面を望む。沖島の魅力の一つとして眺望の素晴らしさがあります。
琵琶湖の中にあるので、東西南北琵琶湖を取り巻く景色が堪能できます。


病気になったらどこの病院に行って、どんな薬を飲んでというより
まず病気にならないことが肝心。病気は大抵何らかのストレスが
原因だから、ストレスをいかに溜めずに解消するかが病気にならないコツ
だろうと思うわけです。


森林浴は森林療法のうちのひとつです。
森林療法は脳の働きや自律神経、内分泌系、免疫系など、生体の様々な機能の
バランスをとる効果があると医学的にも証明されています。もっというと
身体より心の改善の方に効果があるということです。


体と心は繋がっています。
自分の体は自分の意思でかわるという体験をヘルスツーリズム実践講座を
通して学びました。

例えば、森の中で行う呼吸法。
呼吸をゆっくり深く行うことでリラックスしてきます。森の空気は清々しいですよ。
方法は、鼻から4秒吸って1秒溜め、8秒くらいかけてゆっくり口から吐く。最後の1秒で
全ての空気を吐き出すようにします。
普段の生活では肺の全てを使っていないので初めはしんどく感じます。
特に、ストレスを感じているときは、呼吸がかなり浅くなっています。
何回か続けていると楽にできるようになります。体か変わったということです。


森の中で斬進弛緩法体験も行います。
自分の好きな木にもたれて、力を入れたらすっと抜くということを身体の末端から
パーツごとに行います。全身がだらんと弛んでリラックスしたら、体を預けている木が
しっかり受け止めてくれます。なんとも心地いい安心感に包まれます。

自分の意思で体が変わるということ。これは何にでも応用できる考え方で、
山に登る前に体に「今から山に登るよ。」と声をかけます。
何か重いものを持つとき、「今から重いものを持ちあげるよ。」と声をかける。
すると、体が準備して思いのほか楽にこなせるというのです。


自分の成し遂げたいことがあるとき、
「こんな風にしたいんだ。」「こんな風になりたいんだ。」と言葉にすると
体はその意思を受け取って、そうなるように動いてくれる。


やってみる価値はありますよね。



長々と書きましたが・・・、

琵琶湖沖島の会では、毎回様々な森林療法を実践しながら学んできます。
ボランティアで基地となる森をきれいにもします。
参加希望者、会員、会に賛同いただけ援助下さる方、大大大募集中です!

ご連絡はこのブログにメッセージをお送り下さるか、
DearGardenのウェブサイトにあるお問い合わせフォームをご利用ください。
折り返し日程など決まり次第お知らせいたします。


officialsite-logo-banner.jpg


web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 16:40 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

ヘルスツーリズムin沖島レポート(ボランティア活動編)

数日前にご案内しましたヘルスツーリズムin沖島。
晴天に恵まれ、予定通り行われました。
参加下さった皆様ありがとうございました。

森林ボランティア活動、ヘルスツーリズムの実践 と2回に分けて報告したいと思います。
(少々長くなりそうなので・・・)
まずは森林ボランティア活動編から。


CIMG0872.JPG
ケンケン山の山頂から湖西の山並みを望む。目を凝らすと白髭神社の鳥居や
R161を走る車まで見えます。
天気が良かったおかげで琵琶湖は青く輝いていました。雪を頂く山の美しさに感動!


今回の森林ボランティア活動は、山頂広場の草刈りと間伐材を利用したベンチの設置を
メインに、荒れた山道の整備も少し行いました。
当日はプロの方々もチェーンソーで間伐作業をされていましたが、私たちはそんな
大がかりなことはできません。自分たちのできる範囲で行うというのがモットーです。

CIMG0874.JPG
山頂広場の片隅が荒れ放題に。低木やツタ類が絡み合って密生しており、踏み込むのも
困難な状態。せっかくのオープンスペースが生かされていません。


CIMG0876.JPG
地際まで草を刈り、既存のベンチの上に積もった落ち葉や朽ちた部分を取り除きました。
新しいベンチも設置し、憩いの場所が拡大しました。
奥の岩も露出させたことで、見通しが良くなりぐっと明るい印象に変化。
これなら子供でも安心して過ごせるのではないでしょうか?
巨石を見ると、わたくし庭師のはしくれとしての血が騒ぐ?!


CIMG0880.JPG
沖島小学校の木造校舎。幾何学的なデザインと和瓦がマッチして美しい。
明治8年開設。全校生徒10数名(併設されている幼稚園児は除く)。


毎回少しずつではありますが、ケンケン山がきれいになっている実感があります。
島の住民の方にも受け入れられている気がします。
活動拠点である沖島にどんどん愛着が湧いてきました(^−^)


この集まりを主催する「ヘルスツーリズム琵琶湖沖島の会」では
本年度4月、5月、11月、12月にヘルスツーリズムの実践(森林浴体験)と
森林ボランティア活動を行っていく予定です。

参加希望者、会員、会に賛同いただけ援助下さる方、大大大募集中です!

ご連絡はこのブログにメッセージをお送り下さるか、
DearGardenのウェブサイトにあるお問い合わせフォームをご利用ください。
折り返し日程など決まり次第お知らせいたします。


次回はひき続き、ヘルスツーリズムの実践編のレポートをお届けします。


officialsite-logo-banner.jpg web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 23:05 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | 森林療法・ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

「いかなご」と県民性

兵庫県出身の私が春になるとついつい買ってしまうもの。

「いかなご」です。こまかく言うと、いかなごの幼魚ですが。


スーパーで、いかなごを大量に買っている人を見かけたら、ほぼ間違いなく兵庫県民でしょう。兵庫県の播磨・明石、神戸・垂水、淡路島北部の地方では、各家庭でイカナゴのくぎ煮を作ります。

瀬戸内海のイカナゴの漁期は2月下旬から3月下旬までほんの短い間。この時期に捕れたイカナゴをクギ煮(佃煮)にして保存食にするのです。保存食といっても、おいしいのですぐなくなってしまうのですか・・・。


今住んでる滋賀県では、さほどくぎ煮づくりが盛んでなく、スーパーに並ぶ期間も短く、運が良ければ買えるという感じ。そのタイミングを見逃さず、ゲットするのが大変なんです。春の風物詩なのに、テンション低すぎひん?!と突っ込みを入れたくなります。
くぎ煮は買うものでなく作るものなんよーーーー、と兵庫県民としては声を大にして言いたい。


・・・ということで、今年も無事に我が家のくぎ煮が完成しました。


CIMG0869.JPG
今年は、クルミを加えてみました。食感に変化も出てイケます!


わたしのくぎ煮はレモン風味です。母親直伝といいたいところですが、これは前に住んでいた家のお隣さん直伝です。そう、兵庫県民は大量に煮たら、親類やご近所に配るのです。(はじめから配ること前提で大量に仕入れるという。)


このレモン風味のくぎ煮を初めていただいたときの感動は忘れません。普通はショウガ風味なのに、レモン風味というところが目新しい。甘辛味の後に、すっきりとした酸味が口の中にふんわり広がり、後味爽やか〜。引っ越しする時お願いしてレシピをいただき、
それからこれが我が家の味になりました。


レモン風味のくぎ煮なんて売っていません。この素晴らしいレシピを独り占めするのはもったいないので公開しちゃいます!まだ、間に合うと思うので是非作ってみてください。いじらないことがコツなので、料理が苦手な私でも作れます。

「いかなごのくぎ煮 レモン風味」

材料:
いかなご1Kg、
(煮汁)濃口しょうゆ200cc、ざらめ(砂糖)230g、酒100cc、みりん100cc、
レモン1個

作り方:
1.いかなごはざっと洗い、ざるにあけしっかり水を切る。(4〜5分置く)。
 レモンは皮を薄くむき(白い綿の部分を避ける)、千切りにしておく。
 果汁を絞り、種を取り除いておく。

2.鍋より一回り小さいアルミホイルに指で多めの穴をあけた落とし蓋を
 作っておく。

3.煮汁の材料を全部あわせる。そこにレモンの皮も入れ、しっかり煮立たせる。

4.煮立ったところにいかなごを大胆に全部入れる。
 いかなごの間に出汁が均等に回るよう素早く手でかき混ぜ、
 隙間(穴)を空けておく。

5.事前に用意したアルミの落とし蓋をかぶせ、強火で一気に煮立たせる。
 煮立ったら、吹きこぼれない程度の火加減で煮ていく。
 この時、箸などで絶対にかき回さない。(いかなごがつぶれてしまうため)

6.泡が静まり、いかなごの間に小さな泡がブクブク出るくらい煮汁が減ったら
 中火にして落とし蓋をとり、煮詰めていく。
 少し煮汁が残っている状態でレモン汁を入れ、火を止めたら、鍋をゆすって
 1〜2回返す。

7.煮上がったら、ざるにあけて汁を切り素早く冷やす。



家で煮るくぎ煮は、柔らかくてフワフワしてます。
ご飯のお伴にぴったり。
卵焼きに入れたり(くぎ煮を芯にして巻いていく)してもおいしいです。

おすすめです〜。


officialsite-logo-banner.jpg

web拍手 by FC2
posted by マブリツ at 16:03 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | マイライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。